山本ゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると思います。
ゲーム業界などのお話も得意です。
よろしくお願いします!

  東京都


キャリアサービス
回答 133 件
私はハードワークと上司からのパワハラがあり、その結果、心身に不調をきたし、適応障害と診断書されました。 会社は、休職をすることを提案してくれていて、実際に休職するかどうかは自身で決めて、報告してほしいと言われています。 私としてはこの際しっかりと療養したいのですが、何より休職をし傷病手当をもらうことになると支給額がお給料が2/3程度になると言うことで、生活が厳しくなってしまいます。(恥ずかしい事に一人暮らしがカツカツで貯金もほとんどありません) もし休職をしたら、その間、軽いアルバイトでもしないといけませんが、やはりダメでしょうか。 忙しくして悪化しては元も子もありませんが、どうすべきでしょうか。
2021/08/27 23:40

休職によって生活が苦しくなるのは避けたいですよね。 まず、今回記載いただいている内容から、適応障害の原因が業務やパワハラにあるということで、場合によっては「休業補償給付金」を貰える可能性があります。 休業補償給付金とは、業務上の理由による病気やケガによって就労困難になった場合に、休業中の所得を補償するための給付です。 いわゆる労働災害(労災)として認定されると給付されるものであり、最大で給付基礎日額(直近3カ月の給与をもとに算出)の80%が支給されます。 個人の状況により支給判断は異なりますが、申告制のため、まずは所轄労基署にご相談されることをお勧めします。 また、精神疾患の医療費を負担してくれる「自立支援医療制度」などもあります。 治療費の上限は所得により異なりますが、その上限を超えた部分については個人負担がなくなる仕組みです。 こちらは各市町村の窓口で申請することが出来ます。 これらの制度が利用できるかどうかは窓口でご相談される必要がありますが、可能であれば休職期間中は治療に専念することをお勧めします。 なぜなら、会社によって休職期間の上限が決められており、休職期間満了までに復職できない場合はそのまま自然退職もしくは解雇となるからです。 また、休職はあくまでも治療に専念するためのものですので、その期間にアルバイトをしていたことが会社に知られた場合は懲戒処分の対象となる可能性もあります。 冒頭にお伝えした給付金等は、いずれも申請が必要なもの(自分で申し出をしなければ支給されないもの)であるため、まずは各種専門の窓口にご相談されてみてください。 ひょっとするとあなたが支給対象となる他の給付金などの紹介をいただけるかもしれません。


職歴詐称についてです。悪い事は承知の上で質問させていただきます。 私はA社を退職後、2年間ニートをしてからB社に入社し、最近になって退職しました。 再度、転職活動を行うのですが、転職活動が長期化しては困るので、 2年のニート期間もA社に所属していたとして履歴書に書こうと思います。 B社に関しては詐称はしていません。 この場合、職歴詐称はバレてしまいますか?批判的なお答えはなしでお願いできたらと思います。 よろしくお願いします。
2021/08/25 23:42

転職の際はできるだけ見栄えの良い職務経歴として提出したいものですよね。 経歴詐称が応募先の企業に知られてしまうかどうか、というご質問ですが、何事もなければ知られることが無いまま時が過ぎるケースも多くあると思います。 よほどの重要なポジションや高額年収の採用ではない限り、応募先企業が経歴詐称が無いかどうかを積極的に細部まで調べる労力をかけることはあまりありませんし、原則的には本人からの申告に間違いがないことを前提としています。 (ちなみに、ハイクラス求人の場合は外部の業者を利用して身辺調査を行うケースが多いです。) よって、何事もなければ多少の在籍期間等であればバレないこともあると思います。 もし、バレてしまうケースがあるとすれば、ひとつは面接の質疑応答の際にうまく応答できない場合です。 その時の職歴のことを詳しく聞かれてバレてしまう可能性はあると思います。 最もリスクとなるのが、人伝に知られてしまうことです。 たまたま、前職とのつながりがある人がいる、というのは特に同業種内での転職の際には良くある話です。 誰と誰がつながっているかわかりませんので、偶然人から聞いたというケースでバレてしまうリスクは高いと思います。 仮に採用面接の際にバレなくとも、入社後にバレた場合は懲戒処分の対象となります。 懲戒処分で退職となった場合は、さらに次の会社への転職がしにくくなり、悪循環に陥ることになります。 お仕事をされなかった2年間についても書き方やアプローチの仕方によってはそこまで大きなマイナスの印象にならない場合もあります。 経歴詐称のリスクを負うよりも、2年間のブランクについて前向きに捉えられることをお勧めいたします。


上司に嫌われています。仕事のやり方が気に食わないようですが、相性の問題で改善のしようがありません。可能な限りおとなしくして関わらないようにしていますが、全く関わらないわけにもいかずで... いずれ退職しますが、それまでの間そんな上司とどう付き合えばいいか教えてください。
2021/08/23 22:01

上司に嫌われていると仕事がしにくいですよね。 既に退職を検討されているということで、当面の付き合い方にお悩みのことと思います。 ありきたりですが、まずは「気にしない」ということがひとつの手です。 仕事場以外での自分の居場所を確保し、「嫌われてもかまわない」という開き直りも大事です。 会社に依存することなく、仕事以外の楽しみを見つけて「仕事は仕事」と割り切ってしまうことで精神の安定を図ることが出来ると思います。 また、嫌われていると過度に思い込むことも悪化の原因のひとつになり得ます。 一人で気に病むことで態度がぎこちなくなり、それを上司が不審に思って人間関係が悪くなることもあります。 上司も忙しかったり、様々なことで悩んで機嫌が悪く見えることもあるかもしれません。 よって、気になることがあれば積極的に上司とコミュニケーションをとるほうが良いこともあります。 急にコミュニケーションを取ることにハードルの高さを感じる場合は、一対一でのコミュニケーションよりは、お互いにとって親しい人物を間に挟むことをお勧めします。 万が一、上司との関係を良くしたいのであれば「上司に好かれたいのであれば、まずは上司を好きになる」ことを実践してみてください。 人間は自分のことを好きな人を好む傾向にあります。 あなたが壁を作っていると相手はわざわざその壁を乗り越えてやっては来ません。 ただし、人に好かれようとする努力は大変エネルギーの必要なことなので、退職を視野に入れることは十分に合理的な方法だと思います。 最後に、上司の命令によって業務が滞ってしまったり、あなたの職場環境が極端に害されているようであれば、場合によってはパワハラにあたる可能性があります。 その場合は、我慢せずに社内で相談できる人や外部機関に相談してみてくださいね。


高卒でベンチャー企業への就職を考えていて、志望動機についてご相談です。 自分はなぜベンチャー企業に入りたいのかと言いますと、自分も将来は独立したいと思っているので、学びたい経験を積みたいという動機があります。 しかし、その動機をそのまま採用面接で言ってしまっていいのかどうかで悩んでいます。 「自分も将来は独立したい」という情熱を伝えたい、創業者の方と気持ちを共有したいという思いがありますが、それが逆効果にならないかと心配があります。 例えば、「いずれ独立のために辞める気があるなら最初から採用しない」、「辞める時に技術を持っていかれないか、人を連れて出ていかれないか」(もちろんそんなことは決してしませんが)というように不利にならないかと心配です。 ということで、こういう場合は「自分も将来は独立したい」ということは隠しておくべきですか? 回答よろしくお願いいたします。
2021/08/21 19:58

志望動機を正直に伝えることで不利にならないか心配ですよね。 実際に不利になるかどうかは、志望先の会社がどのような会社かによります。 独立を支援するスタイルの会社もありますし、ご心配のように独立されることにマイナスなイメージを持っている会社もあるでしょう。 これは会社が出していホームページなどの情報や、あるいは直接聞いてみなければわかりません。 そもそも、独立することをマイナスイメージに捉える会社は、あなたの就職先としてマッチしていないと考えます。 もし、志望動機を隠して入社をしたとしても、将来的には独立する計画である以上、それを後押ししてくれる会社に入社することがあなたにとってベストな選択だからです。 よって、志望動機を隠して入社するよりも、自分の希望を叶えてくれそうな会社を探してみるようにしてはいかがでしょうか。 会社説明会や採用面接などで質問する機会があるときに、社員が独立することについてどう思うかを聞いてみたりしてください。 そこで、自分に合う会社なのかを判断する材料のひとつとしてみると良いと思います。 また、志望動機として独立希望を伝える際には、あなたの独立が会社にとってもメリットのあることであると伝えられると良いです。 その会社で仕事をすることができたから大成できたといえるように、何を学び、何を活かせるのかを伝えることができれば、あなたが会社にとって誇りになる人材になるイメージを持ってもらえると思います。 志望動機を考える際は、ぜひ会社にとってのメリットを伝えられるように考えてみてください!


自動車販売店の営業職に転職を考えています。志望動機について添削もしくはアドバイスがあればお願いします。 私が御社を志望した理由は以前から車が好きで、愛車の整備もできる事は自分でやります。 御社には沢山の魅力的な自動車があり、お客様にその自動車の良さを伝えて、お客様の立場に立って笑顔がいただける、信頼される営業マンになりたいと思っております。
2021/08/19 23:58

車が好きなことがよく伝わってくる志望動機だと思います。 もう少し工夫をするとすれば、①ほかの候補者と差別化すること、②あなたを採用すると会社にとってどのようなメリットがあるのかイメージしてもらえるようにすること、③なぜほかの会社ではなくその会社を志望しているのか、を意識してみてください。 具体的には、①としては、あなたならでは経験や考え方を伝えるようにしてみるよと思います。 例えば、車が好きになった理由(経験談など)や、簡単には真似できないあなたならではの特技に関することなどです。 ②は会社にメリットを感じてもらうために、例えば、車の整備ができるくらいマニアックな話ができるので、お客様の質問に的確にこたえることができる、などのアピールができると思います。 また、車に興味を持っていなかった人にも興味を持ってもらえるようになったエピソードなどの経験談を語ることで、売上に貢献できることがアピールできることになります。 ③は、なぜその会社でなければならないのかを伝えることで、その会社に入りたい熱意や本気度を会社に伝えます。 その会社ならではの特徴と、あなたの強みがリンクすればさらに採用可能性は高まると思います。 例えば、コアな車ファンをターゲットにしている販売店であれば、あなたの車に対する知識が活かせることをアピールできると思います。 志望動機は汎用的になりがちなので、独自性を追求することが成功のポイントとなります。 ぜひ、志望する会社が「この人なら活躍してくれそう」とイメージできる内容を考えてみてください!