田村

自営業

市場調査会社勤務を経て、一生物の資格を・・・と税理士になろうと勉強を始めました。
3年で5科目合格しましたが、諸事情で税理士登録はしていません。

  東京都


回答 4 件
学生です。確定申告が初めてなので教えてください。アルバイトを2カ所掛け持ちしていて、年103万円は超えているので確定申告をします。ただ必要な書類や手順が分からないため、簡潔に教えてもらえないでしょうか?あと、もしも確定申告し忘れてしまった場合はどうなりますか?ご回答お願い致します。

2020/01/17 21:31 作成

ごめんなさい、補足です。 もし成人されていて国民年金を支払っていた場合は、その支払証明も必要です。


学生です。確定申告が初めてなので教えてください。アルバイトを2カ所掛け持ちしていて、年103万円は超えているので確定申告をします。ただ必要な書類や手順が分からないため、簡潔に教えてもらえないでしょうか?あと、もしも確定申告し忘れてしまった場合はどうなりますか?ご回答お願い致します。

2020/01/17 21:22 作成

初めまして♪ ちゃんと確定申告を考えられているとのこと、素晴らしいですね! バイトならいいや、ってしない方が多いんですよね。 確定申告は2/16~3/15(今年は3/15が日曜なので3/16)に行います。 学生さんですので最小限の申告と考えますと、必要な書類は原則 ・源泉徴収票(バイト先からもらう年間の支払額や源泉税等がかかれた紙)※2ヶ所とも ・生命保険加入の場合は「生命保険料控除証明書」 です。 もし源泉徴収票がない場合は、バイト先にいえば(多分)もらえます。 なお、源泉徴収(天引きとか呼ばれるあれです)されていたら、税金が戻ってくる可能性もありますよ。 手順としては、下記国税庁のHPを使って作成するのが簡単でよいと思います。 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/index.htm 今はスマホでもできるようですね(やったことはありませんが)。 もっと簡単なのは、2月くらいになると税務署や自治体では無料の税理士相談会が必ずあります。上記必要書類を持っていけば多分その場でできあがると思います。 もしくは住民票のある場所の税務署に行って相談すると教えてもらえます。 もし確定申告をしなかったらどうなるかですが、指摘されると「無申告加算税」という結構な額の税金をプラスで取られてしまいます。ただし1ヶ月は遅れても延滞税のみで済みます。 ただし、これまた源泉徴収されていた場合は、特にお咎めはないでしょう(逆に払いすぎているかもしれないです)。 この機会にゼヒ税金のしくみを確認してみてくださいねo(^-^)


住民税について教えてください。月の途中で他市へ住所変更した場合、住民税はどちらで支払うことになるのでしょうか?

2020/01/13 17:18 作成

はじめまして♪ りお猫さんのおっしゃる通り、住民税は1月1日に住民票がある自治体へ納付します。 なぜなら、住民税はある一年間の所得を元に翌年6月から納付するという、後払いの税金だからです(だから退職したりすると翌年大変なのです・・・)。 例えば2019/1/2~12/31にA市からB市に引っ越した場合、2019年6月から支払う住民税はA市から請求されます。B市へ支払うのは2020年6月からとなります。 ただし、住民票を移していれば前のお住まいの自治体から現住所へ納付書が届きます。 りお猫さんのおっしゃるようにお手元に納付書がある場合はあまり気にせずそのまま支払っていただいて大丈夫です。また、二重請求されることもありません。 納付書がない場合は、1/1時点にお住まいだった自治体へ連絡してみてください。 なお、納付書で支払う普通徴収と考えてコメントしています。サラリーマンなどで天引きされる場合(特別徴収)は会社がやってくれますので、引っ越した旨を伝えておけば気にしなくて大丈夫です。


働きながら税理士の資格取得のために勉強したいと考えています。どのような勉強方法が効率的に勉強できるでしょうか?ネットスクールが良いという情報がありますが、どうでしょうか?様々な視点でご意見を伺いたいです。 よろしくお願いします。

2019/06/13 17:04 作成

takuさん、初めまして♪ 他の方もおっしゃっていますが、まず独学はオススメしません。テキストは本屋に売ってはいますが、漫然と覚えるだけになりますし、試験対策(狙われやすいポイント等)を教えてもらえるスクールの方が絶対よいと思います。 スクールだと通学かネットになりますが、どちらも一長一短だと思います。 まず通学。働きながらですと通える時間帯が限られますし、そもそも行きやすい場所に学校があるかわかりません。しかし、決まった時間に行かざるを得ないため否が応でも勉強しますし、すぐに質問できることが魅力です。 ネットスクール。いつでも受講できますし、ちゃんとした講師が通学と同じ授業をしてくれますのでそがしい方には助かります。費用が通学よりも安いのも魅力です。反面、ちゃんと計画しないと「まあいいや」「後にしよう」となりがちです。 個人的には、自己管理できる方、計画を立てて実行できる方ならネット、追い詰められないとやらない方(ちなみに私はこちらです(^_^;)なら通学をオススメしています。併用している人もいますので、ご自分の生活スタイルに合わせて選ぶとよいのではないでしょうか。なお、通学でDVDを見るタイプがあるスクールもあります。 いずれにせよ、できれば受験対策がきっちりしている大手スクールの方がよいと思います。資料請求や体験入学、通っていた方の話などからtakuさんに合ったスクールを見つけてください(結構人によって好き嫌いがありますので)。 税理士試験は5科目を一発で合格しなければならない試験ではないので、働きながら1科目ずつ勉強して受験できる試験です。周囲もほぼ働きながらコツコツ勉強して税理士になっていますので、takuさんも初心忘るべからずであせらずがんばってくださいね!