藤田あかり

現在:フリーライター 過去の経歴:弁護士秘書、社内通訳、社長秘書

はじめまして!
弁護士秘書、社長秘書、社内通訳の経歴があります。
英検準1級、TOIEC880点、観光英検1級、通訳検定3級、秘書検定準1級を持っています。
現在はフリーライターとしてお仕事をさせていただいております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 東京都


回答 13 件
派遣で受付事務として働いているのですが、見栄えが悪いからと仕事中に飲み物を飲むことが許されておらず、席を外してバックヤードで水分補給するように指示されています。 バックヤードといっても往復で5分以上かかる距離にあり、その間受付をあけてしまうことになるので、そう頻繁に行けるものではありません。 この猛暑で水分補給なしというのはあまりに厳しいです。受付が飲み物を飲んでいる様子はそんなに見苦しいものでしょうか?やはりマナー違反になるでしょうか?
2020/08/27 16:36

業務中の水分補給を禁止されているとのこと、お辛い状況にあるのですね。 「この猛暑」とありますが、受付のある場所はエアコンがあまりきかない状況でしょうか。 でしたらさらに心配です。 最近はスーパーレジやバスの運転席のあたりにも「熱中症を防ぐために従業員が勤務中に水分補給をすることがあります。ご理解ください。」のような注意書きを見る機会が増えました。 「仕事中に飲み物を飲むなんてけしからん!」そんなクレームをつける方がいるのも事実のようです。 ただ、勤務中の水分補給を禁止する社内ルールがあるところの従業員が脱水症状により脳梗塞を起こして緊急搬送されたなんてケースもあるようですから、やはり水分補給は大事だと思います。 2008年3月施行の労働契約法第5条には、「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする」という条文があります。 企業は労働者に対して、勤務中の安全を配慮する義務があるということです。 最悪の場合、熱中症や脱水症状は命に関わるような重篤な症状を引き起こす可能性もあるので、企業側の対策や責任の有無が問われることも十分にありえます。 質問者様は派遣スタッフということで、責任問題となるとまた話が違うかもしれませんが。 業務中の水分補給を禁止しているのは派遣先の業務ご担当様でしょうか? 派遣会社の営業担当さんに相談をすることはできますか? 私だったら「このような状況で水分補給を禁じられるのはとても辛いですし、バックヤードにもそうそう行けないので・・・」と現状を説明して改善要望を出すことから始めると思います。 派遣先によっては、「ウチのルールに従えないのであれば」と契約延長がなくなる可能性もあるかもしれませんが、やはり健康第一ですので。 こちらの健康や要望に対する配慮をしてくれない企業では働くメリットがないと考えます。 質問者様の健康を気遣ってもらえるような温かい配慮をしてもらえるよう祈っていますね。


会社の先輩からバーベキューに誘っていただいたのですが、こういうときはどう振る舞えばいいのでしょうか。 非常にフランクで風通しのよい社風の会社ですが、別の課の人も来るので一番若手の自分としては何か気を利かせる必要はあるかなと感じています。 こういうことをしておくといいよ、といったアドバイスがあれば教えてください。
2020/07/27 15:58

とてもフランクで風通しのよい会社とのことですが、先輩や他の課の方も来られるとわかっているのであれば、やはり友達との気軽なBBQのようにはいかないですよね。 「一番若手だし、何か気を利かせられるところがあるんじゃないか」そんなふうに考えられる質問者様、素敵だと思います。 確かにBBQって、創意工夫や手際の良さの見せどころだと思います。 まずは、誘っていただいた先輩に何かお手伝いすることはないか、聞いてみてはどうでしょうか? 前日までの準備、買い出しや、みなさんが集まるまでのセットアップなど、手が多い方が助かるということはいくらでもあると思います。 BBQに慣れていない方でも、野菜を切ったり、お皿や飲み物を配ったり、コンロの近くにいて焼いている人のサポートをしたり、ごみをまとめていったり、できることはいくらでもあると思います。 BBQを楽しむという点ではもちろんですが、常に自分ができることがないか、気を配るといいと思います。 質問者様が積極的に動かれているところを見た方にはやはり好印象だと思いますし、今まで話したことのなかった方も「あの人はこの間のBBQで積極的に動いてくれていた人だ」という良いイメージにもつながると思います。 楽しいBBQになりますように!


クールビズについて質問です。新卒で今年からメーカーの営業部門に勤めています。 お客様からもクールビズでお越しください、と言っていただけるのですが、適切な服装が分からず困っています。 会社の先輩はスーツのズボンとワイシャツでいいと言っているのですが、格好良いとは言えず、だらしなく感じます。 どのような服装だとお客様に不快に思われることなく、スマートな着こなしができるでしょうか? アドバイスをいただけますと幸いに思います。よろしくお願いいたします。
2020/07/13 10:34

営業部門に勤めていらっしゃるということで、やはり営業マンの正装はスーツであるというところが気にかかっていらっしゃると思います。 お客様にも「クールビズでお越しください」とお声をかけていただいているようですが、お客様の会社ではどのようなクールビズを採用されているのでしょうか? 何社も担当していらっしゃる場合、その会社によってもクールビズの解釈が違うということはあるので、まずはそれぞれのお客様のクールビズ状況を把握してみるといいと思います。 いつも通りのスーツだとクールビズにはならないし、スーツのパンツとワイシャツのみだと様にならないなんて時には、ジャケットとパンツの組み合わせで工夫をしてみるのはどうでしょうか? 夏用の通気性が良いジャケット、グレーなど明るい色のパンツなどを組み合わせて、見た目から爽やかさを演出してみてはいかがでしょうか? 単色ダークカラーのスーツからは一転して涼やかな見た目と、きちんと感を出せると思います。 また、どうしてもネクタイをしたい場合はニットタイなどいかがでしょう? いつもとは違った見た目と、涼し気な感じがクールビズに合っていると思います。 移動中などは外してくるくる丸めていてもシワにならないので、持ち運びにも適しています。 上司の方と営業先に同行する場合は、あらかじめどのような服装で行かれるかを確認して、合わせておくことも大事だと思います。 上司の方がノージャケット・ノーネクタイなのに質問者様はびしっとフォーマルな感じですと、上司の方も気まずい思いをされるかもしれません。 入社1年目ということでいろいろ大変なこともあると思いますが、細やかな心配りをされていらっしゃって素晴らしいと思います。 質問者様のご活躍をお祈りいたしております。


取引先企業へ電話をする場合、昼休憩(12時〜13時)の時間や、営業時間外の17 時以降にかけることはマナーとして避けた方がいいですか?
2020/06/25 14:16

長く秘書経験がある私の立場からお話させていただきますと、ご質問にあります昼休憩(12時〜13時)の時間や、営業時間外の17 時以降の電話は避けた方がよいかと思います。 ただし、よっぽど緊急の場合は致し方ないかと思いますが。 まず、昼休憩の時間は、外出される方も多く、相手の方がご不在の可能性も高いです。 デスクでランチをされている場合でも、食事の時ぐらい電話応対せずにゆっくり食べたいと思うのが心情ではないでしょうか。 普段お忙しくされている方ならば、尚のことだと思います。 また、急ぎではない場合、営業時間外の電話は避けて、翌日に改めてお電話を差し上げてはいかがでしょうか? まずはメールをお送りして、「明日改めてご連絡させていただきます」などとメールに書くのもひとつのアイデアです。 こういう内容でお電話させていただきますと事前に知っていただくので、話がまとまりやすく、とてもスマートなやり方だと思います。 さらに追加で申し上げますと、終了間際の電話も避ける方がいいと思います。 その日の仕事の最終仕上げや報告書などを作成される方も多く、慌ただしい時間の電話は迷惑になってしまう可能性があるからです。 同じような理由で、始業開始から30分以内も避けるといいでしょう。 出社直後は、メールのチェックや朝礼、朝のミーティングなど、比較的やることが多い時間帯です。 相手の方がご不在でも、私達秘書や他のスタッフが電話対応をした際は、かかってきた時間もメモを残すようになっています。 全く気にされない方もいらっしゃいますが、電話をかける時間ひとつで質問者様の信頼感が薄れてしまうことのないように、お気遣いをされるのがベストかと思います。 「あの人はいつもタイミング悪くて」そんなイメージが定着しないように要注意です。 職種によっても違うかもしれませんが、一般的には始業時間から1時間ほどたってからお昼休憩まで、お昼休憩の後から終了時間1時間前までぐらいならば失礼にあたることはないと思います。 お取引先の営業時間を事前にしっかり把握した上で、気持ちの良いお電話ができるといいですね。