質問
2020/06/16 17:14

面接は建物に入ったらもう始まっていると言われますが、どんなところに気を付けなければいけませんか?

匿名
回答 2 件
2020/06/16 18:09
キャリアアドバイザー 松川昌 キャリアコンサルタント(国家資格)。日本キャリア開発協会CDA会員。
キャリアアドバイザー 松川昌

キャリアコンサルタント(国家資格)。日本キャリア開発協会CDA会員。

企業等への福利厚生・両立支援・健康支援の制度・施策提案に約16年携わってきました。
個人の立場に立った支援を考え...

はじめまして。

面接は建物に入ったときから始まっている。
まさにその通りです。

面接は、お互いに企業と応募者が理解を深める機会。
また、面接は採用担当者ひとりで行うことではなく、すれ違ったひとは皆、採用に関与している可能性があります。
といって、特に構える必要はありません。
ビジネスマナーさえ心得ておけば大丈夫。
むしろ、建物は、その企業のことを知るための情報にあふれています。
受付対応だけでなく、フロアの照明、設置されているソファや案内物、企業理念の額など、その会社の文化を表しています。そして、その企業ならではの雰囲気があります。
何が置かれているか、それは何のために置かれているのか。一つひとつに意味と由来があります。
よくよく注意して観察しましょう。
面接でのトークのネタにもなります。


回答ありがとうございました!

匿名
2020/06/16 22:04
2020/06/19 12:51
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
キャリアアドバイザー 小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児を...

はじめまして。
確かに、面接は部屋に入る前から始まってるかもしれません。だからと言ってずっと緊張するのではなく、通常通り過ごしていたら大丈夫です。

航空会社に勤務していた頃、通勤の公共交通機関から立ち振舞に気をつけるように言われていました。もしかしたら乗務する便のお客様がいるかもしれません、社会人として常識ある行動をするよう厳しく言われていました。CAになる前、訓練を受けていた時のことです。同期が電車の中で少しだらけた姿勢をしていたら、たまたま一緒の車両に教官がいてかなり注意されたエピソードを思い出しました。

面接に向かう電車の中、エレベーターの中、お手洗い、もしかしたら面接官と一緒になっているかもしれません。その事だけ頭の片隅にとどめておけば良いのではないでしょうか。応援しています!


この質問の回答者
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児をしながらキャリアコンサルタントの資格を取得しました。 航空会社時代は国内外のお客様とお会いし、コンサルタント時代には多くのクライアント案件を担当しました。現在はフリーランスライターとして、さまざまな方のお話を伺うインタビュー記事を得意としています。 航空会社では働く女性のパイオニアである先輩とご一緒し、一生を通じた女性働き方を学びました。私自身、出産、育児を通じ、女性が働き続けることの難しさを経験しています。それらの経験が、今悩んでいる女性のためになればと思います。また男性の、本当に自分のやりたい仕事を見つけるお手伝いが出来ればとも思っています。 お話を伺い、志望動機の明確化やエントリーシートなどの添削もお受けしています。なんでもお気軽にご相談ください!


対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

面接

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら