質問
2020/06/13 14:21

現在就活中です。10社ほど受けて、2週間前にA社から内定をいただき、内定の承諾期間が短いこともあり、すぐに承諾書を提出しました。そして先日、B社からも内定をいただきました。今現在としてA社とB社のどちらかとなると非常に迷ってしまいます。辞退するなら他の方へ席を空けるため、早い方がいいと言われますが、正直自分の将来に関わることなので簡単には決められません。ここは一旦、B社にも承諾書を出し、どちらもキープとさせていただき、就活を続けるのはありでしょうか?どうするべきか悩んでいます。ご意見をお待ちしております。

匿名
回答 2 件
2020/06/13 16:17
高橋 啓子 国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、組織開発支援、研修講師
高橋 啓子

国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、組織開発支援、研修講師

管理部門、経営企画部門での長年の経験があり、人事、労務問題や採用、教育、制度設計、法務、情報セキュリティ経験があり...

人事を長らくしておりました。
内定承諾書とは、入社を承諾したことを確認する書類のことです。
つまり、あなた様が「間違いなく御社に入社します」と意思表示を明確にした文書になります。内定承諾書を受け取った企業は、募集人数が定員に達すると採用活動の中止に入ります。
採用活動の中止をした後に内定辞退の連絡があると、企業は採用活動を再開することになり、それだけ余分に費用と担当者の時間を費やすことになってしまいます。
そういったことを考えると、「A社B社の両方に承諾書を出してキープする」という考えは止めた方が良いかと存じます。
人は沢山の方に支えて頂きながら、働いていくものです。
将来に関わる事で慎重になるお気持ちは分かります。
しかし、対応して頂いた1社1社に誠意を持って対応することが今後、あなた様自身の為になると私は思います。
ですので、なるべく早い段階で1社に決めて、他の会社に辞退の連絡をされるのが宜しいかと存じます。

2020/06/13 16:58
近藤 信治 国家資格キャリアコンサルタント
近藤 信治

国家資格キャリアコンサルタント

一般企業(百貨店、メーカー、広告IT情報サービス)にて、販売・営業・広告制作・Webコンテンツ開発などの職務をおよ...

入社の意思が固まっていないのに内定承諾書を出すべきではありません。厳密に言えば、入社する事を誓約する事になり、法定拘束力が生じます。もっとも民法の労働契約上ではすぐ解約できるので強い拘束力はありませんけどね(笑)
でも、それくらいの気構えでいて下さい。簡単に決められないというお気持ちは、たいへん良く分かります。ただ、ご縁があって内定を頂き、それを承諾されたのであれば、覚悟を決めましょう。大丈夫!きっとうまく行きます!自分を信じてあげて下さい。


この質問の回答者

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

内定

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら