質問
2020/06/09 21:08

外資系コンサルファームへの転職についての質問です。

将来、外資系の大手総合コンサルファーム若しくは、戦略ファームへ転職を考えています。現在、社会人2年目(インターン期間合わせると3年目)でベンチャーのコンサルファームで、クライアントの営業戦略の立案や、M&Aの案件に携わっています。今後転職するために必要な能力や経験などあれば教えていただきたいです。

保有資格は
・日商簿記2級
・ビジネス会計検定2級
・TOEICスコア740

転職先では営業戦略などを中心に携われればと考えています。期間としては2年以内の転職を想定しています。

匿名
回答 2 件
2020/06/10 11:30
小林 純子
キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児を...

はじめまして。
監査法人系のコンサルティングファームと、戦略コンサルティングファームに勤務した経験があります。

ご相談者様は現在社会人2年目ということで、ちょうど仕事が面白くなってきた頃ではないでしょうか。

将来の転職に向けてのご相談ですが、まずは今アサインされている業務をしっかりこなすことです。
具体的には、
・コンサルタントとして求められている成果を達成する
・顧客企業や業界を深く理解する
・業務を通じて出会った方と信頼関係を築く

転職にあたり評価されるのは、これまでの実績です。現在担当されている営業戦略立案やM&A案件のスキルや経験は、将来の転職活動のアピールポイントになります。今やっていることが2年後の転職に繋がっていると信じ、深く深く顧客満足を追求してください。

簿記やTOEICなど勉強されているようですが、ビジネス英語が出来ればさらに活躍の場が広がると思います。
応援しています!

2020/06/10 23:47
kayaww
国家資格キャリアコンサルタント・産業カウンセラー
kayaww

国家資格キャリアコンサルタント・産業カウンセラー

20代でメンタルの調子を崩したことをきっかけにお仕事と心の健康の密接な関連について体感し、カウンセリングの勉強を開...

コンサルタントは「その人そのもの」が商品なので、今までの業務での実績や、その人特有の考え方をファームにアピールでき、有益であろうと思われることにより採用に至ることが多いようです。

したがって、クライアントと一緒に問題を発見し解決を提案していくということを目的として、
今の業務で何をその判断材料として提供できるかが最重要です。

また、若手であればひたすら論理の積み上げを続ける体力というように
若手なのか中堅なのか、役員クラスなのかによっても求められる能力は変わってくるようです。

転職面接では、経営課題の解決のために必須の論理的思考力、臨機応変な対応能力、クライアントの問題解決のためリーダーシップを取り、信頼関係を築く対人関係能力、コミュニケーション能力を特に重視されるようです。

これらの条件が満たされたうえで、資格については、
戦略系ファームでは、クライアントにMBAを持つ大企業の幹部を持つことも多いので、MBA(経営学修士)があると有利なようです。
総合系のコンサルティングファームの場合は、監査法人系では公認会計士や、米国公認会計士(USCPA)の資格を持つ人も多いようです。
総合系でも業務コンサルティングを行う場合は日商簿記、TOEICの他、ファイナンシャル・プランナーや中小企業診断士などの資格が一般的ではありますが、必須ではなく、今の業務で実績を作ることが最も大事かと思われます。


この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
コンサル
外資系
インターン
大手
資格
転職
営業

キャリアサービス一覧