質問
2020/05/13 01:22 作成

土地家屋調査士や測量士の資格を取得しようと考えているのですが、今後の将来性はありますか?業界に詳しい方教えてもらえないでしょうか?

匿名
閲覧数:22
回答 1 件
2020/05/13 19:50 作成
相談可 山田淳平 会社員 富士商会
相談可 山田淳平

会社員 富士商会

大阪で会社員をしている山田淳平といいます。現在は事務職で働いているのですが、今後は営業や現場技術の仕事にも挑戦して...

測量会社で営業をしています。質問にある2つの資格ですが、これからも需要はあると思います。特に測量士に関しては我々、測量会社が本社や支社、営業所を設置する際、必ず一人は測量士を配置しなければなりません。よって、技術者ではなく営業マンにも資格の取得を推奨しています。また、各自治体は地籍調査というものをすすめており、官民、民民との話し合いなどで土地の境界を決める際に土地家屋調査士はとても重要な役割を果たします。また、近年、国は森林の整備をすすめていて、来年度から本格的に森林環境譲与税という税金が新たに登場します。それを使用して、森林の整備や図面の整理を行う自治体が多いようですが、それらの森林現地に赴き、原状を調査するのも測量士が中心になると思われます。
よってまだまだ、これらの資格は役にたつはずです。


わかりやすい例を挙げていただいてありがとうございます!国の政策としても活躍の場面は増えていくのですね!大変役立ちました!

匿名
2020/05/13 22:04 作成

この質問の回答者
相談可 山田淳平
回答数 5
会社員 富士商会
相談可 山田淳平

会社員 富士商会

大阪で会社員をしている山田淳平といいます。現在は事務職で働いているのですが、今後は営業や現場技術の仕事にも挑戦してみたいと思っております。様々な情報をたくさん取得したいために登録し...

大阪府  

大阪で会社員をしている山田淳平といいます。現在は事務職で働いているのですが、今後は営業や現場技術の仕事にも挑戦してみたいと思っております。様々な情報をたくさん取得したいために登録しました。よろしくお願い致します。

関連する質問
関連する質問
新着求人