質問
2020/05/07 23:51 作成

私は心理カウンセラーという仕事に就きたいと思うのですが、資格を得るには大学院にまでいかなければいけないという高いハードルがあり、私にはそれほどの頭もお金もありません。無資格ではどこも心理カウンセラーの実務を経験したり雇ってもらうことはできないのですか?大学院にいけないなら諦めるべきですか?教えてください。

匿名
閲覧数:30
回答 7 件
2020/05/08 08:30 作成
相談可 木戸忍 プロフェッショナルコーチ
相談可 木戸忍

プロフェッショナルコーチ

スポーツビジネス:運動指導をはじめ、各種運動・スポーツ系の企画の立案、および実施、付帯するマネジメント業務
メ...

心理カウンセラーの端くれとして少しだけお話します。
あなたの言う「資格」は臨床心理士ですね?
これが公的な資格として認められているものです。

臨床心理士になるには、日本臨床心理士資格認定協会の資格試験に合格することが必須となります。 ただし資格試験を受けるためには、あらかじめ臨床心理士養成に関する指定大学院または専門職大学院の修了を基本モデルとする「受験資格」の取得が必要です。
これはなかなか高いハードルです。

それ以外にも認定資格があります。
ネット検索すればたくさん出てきます。
私も心理学を(実学として)勉強するために、通信教育でコツコツと勉強しました。
せっかく勉強するのですから、目標があったほうが良いと思い、資格を2つ取得しました。

今はさほど多くはありませんが、カウンセリング等の業務にも携わっています。
仕事として関わってきて感じることとして、知識はもちろんですが、そのカウンセラーの考え方や人生観、そして今までの経験や教訓、何よりも相談者に寄り添う姿勢が大事だと感じています。
相談者の立場になり、自らのノウハウで何かきっかけをつかんでもらえれば嬉しいですし、やりがいを感じる場面です。

なので、極端なことを言えば、資格がなくてもカウンセラーは名乗れますし、評価を得られるのも可能だと思います。
あとは資格は活かしてこそ役立つものだと思いますね。

最後に、変に(知識ばかりで)頭でっかちなカウンセラーにはならないでほしいですね。
中には、知識があるばかりに専門用語ばかりで、一般の相談者にはチンプンカンプンってこともあるようですから。
自らへの戒めを含めて…。

参考になれば幸いです。

2020/05/08 12:01 作成
O心理士 臨床心理士・公認心理師
O心理士

臨床心理士・公認心理師

現在は外部EAPにて、メンタル不調の方の個別カウンセリング、休職や復職支援、上司や管理職へのコンサルティング、研修...

臨床心理士、公認心理師を所持しており、最前線でカウンセラーとして働いています。

大学院まで進学、というのは臨床心理士ですね。
確かにカウンセラーとして働きたい、ということであるならば、臨床心理士は必須です。
公認心理師という国家資格もできましたので、今後は、そちらだけ所持していれば働けるかもしれません。
公認心理師は大卒で取れます。
精神保健福祉士や社会福祉士と同じような形ですね。
ただ、現場の声としては、大卒者が本当にカウンセラーとして、現場で働くのか、任せられるのか、という不安な声はあります。
採用する側としては、臨床心理士を取得している人材を欲しがるかもしれませんし、今後どうなるのかは読めませんが、どちらも、取得しておくのが無難だと思います。

産業カウンセラーなどは学歴関係ないですので取得出来れば違うかもしれませんが、産業カウンセラーも資格取得にはかなりお金がかかります。
ただ、臨床心理士や公認心理師に比べると産業領域内でしか働けませんし、これだけで勝負するのはかなり弱いです。職探しはかなり臨床心理士や、公認心理師所持者よりも困難を極めるでしょう。

酷なことを申し上げると、実際、臨床心理士や公認心理師を取得している我々も、職探しというのはかなり大変です。そもそも募集がないのです。
なってから、職に就いてからも日々学会や専門書を読み、自己研鑽に励などして生涯勉強しないといけず、かつカウンセラーのお給料は一般的な社会人よりも、かなり安価なのが現実ですし、社会的な立ち位置も低いです。
本当に人のためになりたい、役に立ちたい、という思いが強くないと出来ないと思います。

お金は正直、本当になりたい気持ちがあれば、なんとかなります。
わたしは母子家庭だったので、奨学金をもらいながら、学校終わりにはすぐアルバイトに行って、アルバイトで学費を稼ぎました。
大学によっては独自の給付型の奨学金もありますので、大学や大学院選びから考えられると良いかと思います。
また、大学卒業しておき、社会人として働いてお金を貯めてから大学院へ進学するひとも珍しくありません。
わたしは同期の3分の1が社会人経験者でした。

なってから、もかなり茨の道です。
優しい嘘で飾り立てるよりも、真実をお伝えしておくべきだと思いますので、キツい感じに受け取られてしまったら申し訳ないですが、これが我々の仕事の真実です。
どんな仕事でもそうですが、事をなすのはそれだけ努力が必要です。
わたしはかなり大変でしたが、それだけ若いうちに色々な経験ができ、それが今のカウンセラーの仕事に生きているので、良かったと思っています。あれだけのことは若くないとできませんし。

本当になりたい気持ちが強いのか、そこまでの覚悟と情熱が自分にはあるのか、今一度考えて見られると良いと思います。

2020/05/08 12:11 作成
O心理士 臨床心理士・公認心理師
O心理士

臨床心理士・公認心理師

現在は外部EAPにて、メンタル不調の方の個別カウンセリング、休職や復職支援、上司や管理職へのコンサルティング、研修...

追記です。
ちなみに、通信で取れる、心理関係の資格については、持っていても良いかと思いますが、現場に臨床心理士や、公認心理師がいると、1発で落とされますし、見破られますのでご注意ください。
専門性が臨床心理士や公認心理師よりもかなり低いもので、誰でも取得できるからです。

カウンセラーとして勝負したいのであれば、臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士のいずれかを取得しておくのが最低条件でしょう。
全部、が望ましいですが。

2020/05/08 12:47 作成
satou@臨床心理士・公認心理師
satou@臨床心理士・公認心理師

2013年に臨床心理士資格を取得。
2019年に公認心理師資格を取得。

経歴は主に教育現場が多く、小中高校...

主に教育現場でスクールカウンセラーとして活動してきました。

既にO心理士さんが、お答えされている部分と重複する部分もあるかと思いますが
私自身の体験も踏まえてお話させていただけたらと思います。

現在、カウンセラーとして社会的に認知されている資格は
臨床心理士と公認心理師の2つです。
臨床心理士は民間資格、公認心理師は2年ほど前に出来た国家資格です。

臨床心理士は、大学4年+大学院2年を修了し、その年の10月頃に東京のみで試験が行われます。
(大学は、心理学部でなくて可)
公認心理師は、指定科目を履修が必須なので、心理学部を卒業しなければなりません。

ここ最近、現場で耳にするのは「大学が臨床心理士コースを廃止し、公認心理師コースの導入を進めている」ということです。
現場では、様々な憶測が飛び交っていますが私の知り合いでも臨床心理士の資格更新をせず(5年ごとの更新が必須)、国家資格で更新なしの公認心理師のみの資格で仕事をしている方もいます。

今後は、大卒で取得可能な公認心理師が多くなっていくことが見込まれます。

しかし、臨床心理士は大学院で2年間しっかりと実習やトレーニング、修士論文の提出が求められますので
公認心理師よりも多くの時間、訓練を受けています。

資格が取得できても、結局は現場で使い物になれなければ意味がありません。
臨床心理士の中にもごくわずかですが、社会常識がない方が少数存在しうまく職場に馴染めない方もいます。
また、1人職場も多く1人で仕事をこなさなければいけないことも多いです。

資格を取得した後も、学会に入ったり自己研鑽や人脈作りをしていかなければカウンセラーとしては活躍できないと思います。
収入は、一般の会社員よりも低いですし、非常勤の仕事が多く、掛け持ちは必須です。

私の同期にも社会人出身者が何名かおられました。
奨学金も受けることはできますが、大学院では実習や研究に時間がとられるので、私はあまりアルバイトをする時間がありませんでした。
現在も、奨学金を返済しています。

また、特殊な例かもしれませんが大学院の先輩で臨床心理士資格を取得したものの
臨床心理士としての仕事が合わず、教職を目指された方がいます。
その方には、教師として子供たちと関わる方が合っていたようです。

現在、書店にも多くの心理学の書籍が並んでいます。
実は、カウンセラーの資格がなくてもカウンセラー的な役割ができる職業は多くあるのではないかと思います。
看護師、保育士、教師、介護職など…。
カウンセラー以外の国家資格で比較的仕事の募集があるのが、精神保健福祉士ではないかと思います。
最近は、どうかわかりませんが精神科病院などで働くことができます。
知り合いにも何名かいます。
精神保健福祉士であれば、専門学校を卒業すればなることができます。

また、仕事として他の職業をやりながら趣味で心理学を勉強されるという道もあるのではないかと思います。
カウンセラーの資格とは違いますが、心理学検定などもあります。

カウンセラーは、一見華やかな職業に見えるかもしれませんが
実際は、1人職場で孤独と戦い、いかに職場にとけ込めるか、多職種とどう連携していくかコミュニケーション能力が求められ
安い給与で、自己研鑽をしていかなければいけないなど、多くの苦労もあります。

「どうしてカウンセラーになりたいのか?」しっかりと自分と向き合うことも大切です。
こうした実情を知った上でも、目指されるのであれば夢に向かってしっかりと勉学に励んでください。

ちなみに、私は学生時代に数学が全くできませんでしたが、何とか大学院まで修了することができました。
あと、大学院試験では英語の知識も必要です。

現実的なことを多く書いてしまいましたが、これがカウンセラーの実情です。
少しでも参考になりましたら、幸いです。

2020/05/08 13:43 作成
相談可 Okawa 臨床心理士・公認心理師 総合病院勤務
相談可 Okawa

臨床心理士・公認心理師 総合病院勤務

総合病院で働いている臨床心理士・公認心理師です。

可能か不可能か、という結論だけ言えば、「可能」ではあります。

要は仕事になるだけのニーズがあって(あるいは潜在的なニーズを掘り起こして)、それに応えられるのであれば仕事になるわけですから。
つまりはマーケティング能力ということになるかと思いますが、一番の問題は「あなたに仕事を頼みます」と言ってもらえる「信用」をどうやって築くか、ではないでしょうか。
有資格者は資格によって大きな信用を得られるわけですが、資格なしでもそれに勝る信用を得られるのであれば仕事をとってくるのは不可能ではないと思います。

実際、有名どころでは心屋仁之助氏、中村幸也氏(「少年革命家」ユーチューバーゆたぼんの父親、といったほうが有名でしょうか )、カウンセラーではありませんがメンタリストDaigo氏などは臨床心理士や公認心理師の資格を持っていません。

ただし、そういった資格を持たずに心理カウンセリング業務を行うことが「素人仕事」とみなされることも少なくありません。
(実際には無資格者でも実力者はいますし、有資格者でも残念ながら素人同然のカウンセラーはたくさんいます(苦笑)。人次第です)

雇用されるのであれば何かしらの資格、あるいは強力なコネが無いと無理だと思いますが、とりあえず経験を積むのであれば、まずはボランティア(傾聴ボランティアが比較的メジャーでしょうか)や、個人でスキルを用いて仕事を請け負えるウェブサイト「ココナラ」を使ってみる、という手段もあるかと思います。

最後に一つだけお伝えしたいことがあります。
人の悩みを扱うことは、さまざまな責任が生じます。細心の注意を払っていないと、あっという間に法的問題にまで発展します。
そういった問題を、十分に予測して行動できるでしょうか?一緒に考えられる人はいるでしょうか?
臨床心理士や公認心理師は、(普通なら)そのあたりの教育も受けているので、社会的信用も高いのです。

2020/05/09 16:24 作成
相談可 臨床心理士ttt
相談可 臨床心理士ttt

保有資格:臨床心理士・公認心理師
臨床歴:約6年
勤務先:心療内科
です♪

よろしくお願い致します!

初めまして。臨床心理士・公認心理師のtttです。
心理カウンセラーにご興味をお持ちなのですね。
カウンセラーとして仕事している私としては、志してくださる方がいらっしゃることを嬉しく思います。
華やかなイメージでしょうか、地味なイメージでしょうか・・・
私自身は、まだ臨床歴約6年の業界内では未熟な者ですが、ちょっと地味な職業だと思っています。
ですので、どのようなイメージで心理カウンセラーになりたいとお考えでらっしゃるかによって、
お勧めの進路が異なるように思います。

他の方の回答にもありますが、”〜カウンセラー”は無資格でも名乗ることができます。
民間の資格で数日間のお勉強会に出席して認定されるものもあれば、
自分の経験を踏まえて自分で名付けた”〜カウンセラー”を名乗る方も世の中にはたくさんおられます。
ちょっと高額ですが産業カウンセラーなど民間のものも良いですし、
オリジナルの”〜カウンセラー”であれば、特に学歴は問われません。
ある程度の華やかさもあるようなイメージが、個人的にはですが、ありますね。

一方、2018年に第一回目の試験があった”公認心理師”は、唯一の心理”師”という名称を用いることが
認められている資格です。(法律に詳しい一般人が”〜弁護士”と名乗るのがNGなのと同じです)
公認心理師の歴史はまだ日が浅く、今後の動向はあらゆる見解が示されています。
あくまでも私の感覚ですが、しばらくの間は「臨床心理士と公認心理師の両方を持っている」
ということが強みになるように思います。
ただ、質問者様がこれから大学や大学院に進学されるのであれば、
その進路先で取れる単位やカリキュラム、受験資格等は充分に確認されることをお勧めします。

ですので、どのようなカウンセラーになりたいか、どのような相談内容に対応してきたいか、
などでオススメの方向性が変わりますが、臨床心理士・公認心理師である私としては、
やはり大学院での学びの機会を持ってみて欲しいなあと思います。

2020/05/09 16:25 作成
相談可 臨床心理士ttt
相談可 臨床心理士ttt

保有資格:臨床心理士・公認心理師
臨床歴:約6年
勤務先:心療内科
です♪

よろしくお願い致します!

続きです。

大学院への進学については、奨学金もあるはずですし、アルバイトが可能な学校もあります。
社会人受験で夜間の学校もあるので、それもお調べになってみても良いかもしれません。
私は大学院時代から複数の臨床系のアルバイトを経験し、多く学ばせてもらいました。
就職後の知人の中には「大学院は忙しすぎてバイトどころではなかった」「バイト禁止だった」
という声もあったので、もし不安がおありでしたら、事前にバイト可否も確認しておくと良いですね。
少なくとも私の場合は、大学院生でも心理系のバイトできるところは複数あり、
お金ももらえて勉強にもなる、今後の自分のモデルとしたい先輩にも出会えるなど、
大学院生時代のアルバイトは有益なことが豊富だという感覚です。

また、大学院にいく”頭”のこともご不安なようですが、お気持ちはすごくわかります。
ただ、一般的な大学の入学試験と違い、心理系の大学院受験時に偏差値という概念をみたことがなく、
難易度に大きな差はないように思います。
もちろん、例えば東京大学の大学院を目指す受験生は、出身大学もハイレベルの学生が多そうですが、
受験資格さえクリアしていれば、いわゆる偏差値の低い大学の出身だとしても大丈夫なはずです。
実際に、大学院入学後、同期の出身大学の偏差値という点で言えばですが、かなりの開きはありました。
(失礼にあたる表現がありましたら、ご容赦ください。)

臨床心理士・公認心理師として仕事している中で思うことは、
一般的な会社員の経験もあればもっともっと広い視野を持てるかもしれないという反省点です。
ごく一例ですが、基本的に一人職場も多くカウンセリングすることが役割とみなされる場合は、
社会人としての名刺交換の方法さえも誰かに教わったり指導される機会がありません。
社会人としての基礎基本をいつどこから学ぶのかは、かなり個人に委ねられています。
それでも、クライアントは社会人で、社会人として失礼のない振る舞いを求められます。

つまり、もし学力や金銭的なご不安がある場合には、
一度社会人になってみて、ある程度のお金をためたり、ゆっくり時間をかけて学習を定着させたり、
そして何より、社会人として経験を豊富に身につけていくことが、
あなたの強みになるのではないかと思います。
大学院には、60歳を超えて、老後にもっと勉強したくて、という学生さんもいました。
何歳からでも始めることができますし、その始めたタイミングであなたの強みが見出せるはずです。

いつかどこかで、お仕事でご一緒できることがあれば、嬉しく思います。
応援してます!


関連する質問
相談できるユーザー
相談可 木戸忍
回答数 44
プロフェッショナルコーチ
相談可 木戸忍

プロフェッショナルコーチ

スポーツビジネス:運動指導をはじめ、各種運動・スポーツ系の企画の立案、および実施、付帯するマネジメント業務
メンタルサポート:コーチングやカウンセリングの分野。個人から団体まで...

相談可 小林 純子
回答数 29
キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
相談可 小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなりました。キャリアコンサルタントの資格も取得しています。

航空会社時代...

相談可 継続
回答数 26
社会保険労務士
相談可 継続

社会保険労務士

社会保険労務士の継続と申します
労働及び年金等のセミナー講師、
相談等幅広くお受け致します

得意分野は労使Win-Winの労務管理です

1人でも多くの方のお役に立て...

相談可 アーク・キャリアコンサルタント
回答数 17
社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級
相談可 アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級

主に管理部門で勤務しておりました。
労務系の案件が得意です。よろしくお願いいたします。

相談可 佐藤 豪
回答数 13
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グロ...

相談可 はなふさ英
回答数 11
定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業
相談可 はなふさ英

定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

全ての対外的現役から退役し4年が経過しています。

最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。

人生100年と言われていますが、果たしてそれが幸せな事...

相談可 高橋 啓子
回答数 10
国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、組織開発支援、研修講師
相談可 高橋 啓子

国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、組織開発支援、研修講師

管理部門、経営企画部門での長年の経験があり、人事、労務問題や採用、教育、制度設計、法務、情報セキュリティ経験があります。
現在は組織開発支援の他、研修講師、キャリアコンサルティン...

相談可 松川昌
回答数 10
キャリアコンサルタント(国家資格)。日本キャリア開発協会CDA会員。
相談可 松川昌

キャリアコンサルタント(国家資格)。日本キャリア開発協会CDA会員。

企業等への福利厚生・両立支援・健康支援の制度・施策提案に約16年携わってきました。
個人の立場に立った支援を考え、キャリアコンサルタント資格を資格。
得意分野は、企業内での働き...

相談可 近藤 信治
回答数 8
国家資格キャリアコンサルタント
相談可 近藤 信治

国家資格キャリアコンサルタント

できる事を強みに変えるモティベーターです。
国家資格キャリアコンサルタント。立命館大学を卒業後、百貨店(販売)→メーカー(営業)→情報誌の広告制作・企画・サイト運営(ぱど)→介護...

相談可 shoko yama
回答数 7
公共機関
相談可 shoko yama

公共機関

キャリアコンサルタントとして10年、公共機関で就職支援をしています。大昔はシステムエンジニアとして制御系システム開発に携わっておりましたので、特にIT系の支援を得意としております。

関連する質問
新着求人