質問
2020/04/29 22:34 作成

相見積もりは必ず相手業者に知らせるべきか?
これまで相見積もりと知った途端に嫌な顔をされたり、見積もりを断られたりすることがありました。おそらく自社の見積もりは他社と比べ安くはないと自信を持っていると思われるのですが、それなら必ずしも相見積もりをする時は相手に知らせることは必要なのでしょうか?相見積もりをする時にそれを相手に知らせないことは、後々こちらの信用問題に関係してくるのでしょうか?
まだ社会人経験が浅いため教えてもらえますでしょうか。

匿名
回答 2 件
2020/04/30 12:40 更新
放夢堂(ほうむどう) 某ハウスメーカー⇒某IT企業(会社員/法務・人事・総務・営業) 
放夢堂(ほうむどう)

某ハウスメーカー⇒某IT企業(会社員/法務・人事・総務・営業) 

営業、総務、人事、法務
と社会人生活 約30年

これまでの経験から
皆様の支えやヒントになる
ことを発...

基本的には、知らせる必要はありません。

ただ、私の営業経験から申し上げると、見積もり後にお断りを受け、その理由として他にも相談していた業者がいてあっちの業者が安かったからと言われたときは結論を出す前に知らせてもらえればこちらももっと会社に訴えかけるなどして減額などの提案もできたかもしれないのにと、とても悲しく悔しい思いをしたことが多々あります。

相手の担当者の気持ちを考えると、事前に相見積もりになりライバルがいることをお伝えしておいた方が、お互いに良い結果を生むように思います。

ライバルの存在を知ることで、先方も金額を提示するにあたり、努力するでしょうし、当然ご質問者の在籍する会社にとっても経済メリットを生み出すことになりますから。もし、あなたが相見積もりの事実をいいにくいときは、会社(調達)のルール上とか、上司の指示で申し訳ないのですが・・と会社のルールや上司の指示という名目で、あなた個人の意思によるものではなく、やむを得ず相見積もりをせざるを得ない、とすることで、相手に伝えやすくなりますし、あなたご自身も自分が悪者であるかのような気持ちにはならず精神衛生的にもよいのではないかと思われます。

特に、今後も取引の可能性があるような業者や代替先が少ないような相手であれば、その方が担当者間の人間関係も円滑に進むように思います。

勿論、何もいわず相見積もりを進めるということであっても何ら問題はなく、あくまでもビジネスである以上、何も気にせずドライにことを進めても問題はありませんので、あなたにマッチした方法で進められたら良いと思います。

2020/04/30 18:50 作成
かずや トヨタ系 生産管理
かずや

トヨタ系 生産管理

自分の経験に基づいた回答を心がけております。

【自己紹介】
大学卒業後は東証1部上場企業のコールセンターに...

こんばんは。

>相見積もりは必ず相手業者に知らせるべきか?
>これまで相見積もりと知った途端に嫌な顔をされたり、見積もりを断られたりすることがありました。

知らせる必要はありませんし、読んでいて失礼な業者と感じました。
私であれば、競合の見積もり書を確認させていただき、それよりも安い値段にて再提案をします。
その業者は嫌な顔をして質問者様へ悪い印象を与えていますし、見積もりを断った時点でチャンスを逃しています。

>必ずしも相見積もりをする時は相手に知らせることは必要なのでしょうか?

特に必要ないと思います。
今回は競合がいることを想定していない業者に落ち度があると思います。

>後々こちらの信用問題に関係してくるのでしょうか? 。
その業者と質問者様との会社でしがらみがあるなら別ですが、特に関係しませんので大丈夫です。

業者のことも考えている質問者のやさしさが感じらとれる文章でした。
また何かありましたら、遠慮なく質問してくださいね。


この質問の回答者
放夢堂(ほうむどう)
回答数 15
某ハウスメーカー⇒某IT企業(会社員/法務・人事・総務・営業) 

東京都  

営業、総務、人事、法務 と社会人生活 約30年 これまでの経験から 皆様の支えやヒントになる ことを発信できるといいな と思っています。

かずや
回答数 27
トヨタ系 生産管理

愛知県  

自分の経験に基づいた回答を心がけております。 【自己紹介】 大学卒業後は東証1部上場企業のコールセンターにおいて、個人向けインターネット回線のアウトバウンド、インバウンド、カスタマーサポート業務に従事。 その後、グループ会社へ転籍となり法人向けに広告営業(観光雑誌)を行う。 そして、以前から興味があった会社が求人募集しており、転職を決意。 転職先では自分のインターネット回線の知識を活かし、法人向けにインターネット設備の導入提案を行っておりました。 しかしながら、会社が某大手商社に買収され、部門閉鎖となり転職。 現在は自動車関係企業(トヨタ系)にて生産管理に従事しております。

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援について

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
ジョブクエリでは直接キャリアアドバイザーとマッチングすることで、
相性が合わない・業種領域が合わないなどのミスマッチを抑え、質の良いキャリア支援を受けることができます。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。
キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。

さあ、始めよう!

心強い伴走者と共に就職・転職活動をし、成功率を上げよう。

キャリアアドバイザーを探す
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら