質問
2020/04/23 10:10 作成

お金に関わる仕事に就きたいです。気になるのは税理士と会計士です。この二つはどう違うのですか?なるためにする勉強も違うのですか?

匿名
閲覧数:44
回答 2 件
2020/04/23 13:02 作成
NOMURA 関西電子部品メーカー、人事、総務、営業経験あり
NOMURA

関西電子部品メーカー、人事、総務、営業経験あり

営業職として働くかたわら、ライターとして働いています。DIY系の記事や健康、スポーツ、芸能、時事ネタなどなど幅広く...

関西の企業で、総務、経理、人事を担当しているものです。
経理を経験している中で、会計士、税理士など勉強しました。
まず、税理士については企業側が税理士にアドバイスを求めるケースが多く、企業、並びに個人事業主が税金関係の処理、納税、あとは節税なんかのアドバイスを求める、つまり税理士はそういった税金関係のアドバイスを行うケースが多いです。
なので、仕事の内容は税務処理ならびに税務代理業務、書類の作成、あとは税務関係の相談などがメインです。
たいして公認会計士の業務は、企業の監査業務が多く、企業が作成している財務帳票の正確性を判断する業務が多いです。
なので、監査法人などに所属しているケースが多い印象です。
税理士と公認会計士の受験資格、資格試験の内容も大幅に違い、
公認会計士は資格に学歴や年齢に制限はありませんが、税理士の試験は細かい受験資格規定が定められています。
たとえば、大学、短大、専門高校などを卒業している、法律学、経済学を一定の単位数受講しているなど、他にも複数の資格が必要です。
こやってみると、会計士のほうがハードルが高いように思いますが、業務の内容、責任性なども大きく違うので、そのあたりも踏まえ自分がどちらの仕事をしたいのか判断いただければと思います。

2020/04/23 20:59 更新
飯田 会計事務所 約10年勤務
飯田

会計事務所 約10年勤務

会計事務所に約10年ほど勤務しています。
少しでもお役に立てるような情報を発信できればと考えています。
宜しく...

会計事務所へ約10年勤務している者です。
税理士は中小企業、個人事業主の会社の税務、会計処理がきちんとされてることをチェックして、一事業年度ごとの確定申告書を本人に代わり代理で税務署に申告することが主な業務です。中小企業が正しい税務処理をする手助け、節税対策等のアドバイスをする重要な役目です。
会計士は「企業が作った決算書の内容が正しいかどうか、チェックする仕事」を行っている人たちです。
企業は1年に1回以上は決算書を作成して投資家に対して報告しなくてはなりません。
主に大企業と言われるところは会計監査をうける必要があります。なぜ必要かといいますと投資家への報告は公平でなくてはなりません。きちんと決算処理がなされているかをチェックするのが会計士です。

上記をまとめると税理士は中小企業にとっての相談相手、会計士は投資家への正しい報告をする為の決算書であることをチェックする企業のためではなく、投資家への会社の信頼性を証明する役割です。

今後、どういう役目を果たしたいかで目指す方向性、わ検討されてはと思います。どちらも非常に難しい資格です。ですから一生をかける気持ちで取組む為、参考にしていただけたら幸いです。お互い頑張りましょう。


この質問の回答者
NOMURA
回答数 33
関西電子部品メーカー、人事、総務、営業経験あり
NOMURA

関西電子部品メーカー、人事、総務、営業経験あり

営業職として働くかたわら、ライターとして働いています。DIY系の記事や健康、スポーツ、芸能、時事ネタなどなど幅広く記事を作成しています。ほかにも投資の関係も詳しいです。趣味はカラオ...

兵庫県  

営業職として働くかたわら、ライターとして働いています。DIY系の記事や健康、スポーツ、芸能、時事ネタなどなど幅広く記事を作成しています。ほかにも投資の関係も詳しいです。趣味はカラオケ、映画鑑賞。簡単な料理であればなんでも作れます。

飯田
回答数 7
会計事務所 約10年勤務
飯田

会計事務所 約10年勤務

会計事務所に約10年ほど勤務しています。
少しでもお役に立てるような情報を発信できればと考えています。
宜しくお願い致します。

福岡県  

会計事務所に約10年ほど勤務しています。 少しでもお役に立てるような情報を発信できればと考えています。 宜しくお願い致します。

関連する質問
関連する質問