質問
2020/04/06 11:47 作成

会社で毎日ストレスがある上に、今のこの事態…

それもあって会社を辞めたいのですが、決断ができません。

どんな時に会社を辞めたのか経験者の方、教えてほしいです…

匿名
回答 3 件
2020/04/06 13:49 作成
木戸忍 プロフェッショナルコーチ
木戸忍

プロフェッショナルコーチ

スポーツビジネス:運動指導をはじめ、各種運動・スポーツ系の企画の立案、および実施、付帯するマネジメント業務
メ...

私の場合、この会社で仕事を続けていくことで、より一層の成長が見込めるか?
そこが常に判断する基準になりましたね。

今まで数社に在籍し、今は自営ですが、積み上げてきたキャリアを適宜生かしながら、どうにかやっています。
その点での後悔はなく、現在に至っています。

あとは会社の経営状態がどうなのか? 
過去に、給与の遅配が著しくなり、好きな仕事ではありましたが、やむを得ず退社(こちらの希望により解雇扱い)した会社もありました。
間もなく、経営母体が変わり、人心の一新が計られ、かつての同僚たちもその会社を去っていきました(去らざるを得なくなりました)。

なので、ケースバイケースですが、迷いがあるなら残る。
次へ向け、歩みを進める決心ができたら、段階を踏まえて(後腐れなく)退社し、転職か開業するのが良いのではないでしょうか?

2020/04/07 19:01 作成
mk 事務
mk

事務

就職して最初の仕事と、次の仕事は接客業でした。その後に事務機器会社の経理事務として10年勤務。退職後にITオペレー...

会社でのストレスは原因が自分にない場合、解消しづらいものですよね。
さらにいまの状態であれば、退職したいと思うのも無理はないかもしれません。

これまで複数回転職をしてきました。
退職理由としては、
・会社都合(人員削減、会社閉鎖)
・継続するハラスメントがあり強いストレスだった
・正社員登用がない会社だった
などがあります。
2つめの「ハラスメントがあり強いストレスだった」というものは近いかもしれません。
退職を決意してから退職までが半年ほどです。
リーダーからのセクハラと、その上の上司からのモラハラに耐えかね、コンプライアンス窓口などを通じて相談するもストレスの解消に至らず次を探して辞めました。

ストレスを放置して悪化して心身に影響が出る可能性であればやめる選択肢も良いと感じます。
また、退職してからも数年余裕で暮らせるゆとりがあるのであれば退職してからゆっくり探すのも良いでしょう。
そこまでせっぱつまった状態でないのなら、次の仕事を探してから辞めたほうが安心かもしれません。
現在、求人数は少し減っていると聞いております。
そして自己都合退職の場合、失業保険の給付には3か月の待機期間が生じます。
・3か月収入なしで生活できるのか
ということも考えなくてはなりません。
そのあいだも、国民健康保険料や国民年金の支払いは発生します。
失業保険の給付期間は年齢や勤続年数にもよりますが、給付期間中に仕事が見つからない場合生活に不安が出ないか、も考えてみる必要がありますよね。

それらも踏まえて考えたうえで決断されるとよろしいかと存じます。

2020/04/07 22:03 作成
かずや トヨタ系 生産管理
かずや

トヨタ系 生産管理

自分の経験に基づいた回答を心がけております。

【自己紹介】
大学卒業後は東証1部上場企業のコールセンターに...

私は複数回転職しました。

退職理由ですが、
①過重労働(休日出社・残業が毎日5時間程度もちろんサービス)が2件
②人間関係(パワハラ)が2件
③部門閉鎖が1件

今は給料は安くなりましたが、ほぼ定時で帰れて人間関係の良い職場にいます。
今の会社に入社して良かったと思いますし、前の会社を辞めたことに後悔もしていません。

質問者様にオススメしたいのは、転職エージェントに登録するのはどうでしょうか?
登録すると面談してくれますので、そこで自分の気持ちをお話ししてくれれば、的確なアドバイスをもらえるかと思います。
また、自分のやりたい仕事や、自分のキャリアにあった会社も紹介してくれます。

他にも心療内科にてカウンセリングを受けることも良いと思います。
専門の方が客観的な目線で、助言をしてくれますし、不安を和らげる薬も処方してくれます。

以上になります。
ご自身で決断できないのであれば、第三者の意見を聞きましょう。


この質問の回答者
木戸忍
回答数 44
プロフェッショナルコーチ

千葉県 柏市   https://blog.goo.ne.jp/fitnessacademy

スポーツビジネス:運動指導をはじめ、各種運動・スポーツ系の企画の立案、および実施、付帯するマネジメント業務 メンタルサポート:コーチングやカウンセリングの分野。個人から団体まで幅広く対応。 ※上級心理カウンセラー、メンタル心理カウンセラーの資格保有 ダイエットサポート:自らの減量体験と運動指導での経験と知見を踏まえた指導(アドバイス、サポート)業務 セミナー・研修講師:過去の経験+心理カウンセラーとしての知見を加味した研修 以上のことを通じて、望んでいる方向へ導くことをしております。

mk
回答数 15
事務

青森県  

就職して最初の仕事と、次の仕事は接客業でした。その後に事務機器会社の経理事務として10年勤務。退職後にITオペレーターの仕事を経て、設計会社の事務として勤務しましたが現在会社閉鎖により退職したところです。現在はライターをしています。

かずや
回答数 27
トヨタ系 生産管理

愛知県  

自分の経験に基づいた回答を心がけております。 【自己紹介】 大学卒業後は東証1部上場企業のコールセンターにおいて、個人向けインターネット回線のアウトバウンド、インバウンド、カスタマーサポート業務に従事。 その後、グループ会社へ転籍となり法人向けに広告営業(観光雑誌)を行う。 そして、以前から興味があった会社が求人募集しており、転職を決意。 転職先では自分のインターネット回線の知識を活かし、法人向けにインターネット設備の導入提案を行っておりました。 しかしながら、会社が某大手商社に買収され、部門閉鎖となり転職。 現在は自動車関係企業(トヨタ系)にて生産管理に従事しております。

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援について

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
ジョブクエリでは直接キャリアアドバイザーとマッチングすることで、
相性が合わない・業種領域が合わないなどのミスマッチを抑え、質の良いキャリア支援を受けることができます。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。
キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。

さあ、始めよう!

心強い伴走者と共に就職・転職活動をし、成功率を上げよう。

キャリアアドバイザーを探す
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら