質問
2020/04/05 20:10 作成

やっぱり資格を持っていると安心する気がします。

でもたくさんあるので…

今取るべき資格って何があるでしょうか? 

匿名
閲覧数:47
回答 4 件
2020/04/06 07:57 作成
masakazu システムエンジニア
masakazu

システムエンジニア

福岡県で細々とシステムエンジニアをしております。男性です。もうすぐ社会人3年目突入です。会社は今の会社を含めて3社...

【回答】
貴殿が目指したい姿に合う資格を取得されることをお勧めします。

【回答の理由】
「資格を持っていると安心する」というお気持ちは大変よく分かります。この新型コロナウイルスの経済影響に伴い、内定が切られたり、急に解雇されるケースも多く報道されています。何も資格がないと、もし職を失ったら新しい職を得るのが、直感的に難しいのではないかと不安に感じるからです。不安ならば、今タグ付けされている「医療」、「法律・会計・コンサル」系の資格取得をお勧めします。医療系なら、専門職として働ける介護士やケアマネジャー、医療事務などの資格が比較的取り組みやすく、需要も高いかと思います。法律・会計・コンサル系なら、簿記や行政書士、司法書士をお勧めします。

一方で、この騒動の有り無しに関わらず、当資格たちが、ご自身が社会人として身に付けたいスキル・目指したい姿に一致していることも大切かと思います。専門性や食っていける資格に目が行きがちですが、勉強してみて面白みが無いものを続けるよりは、モチベーション維持の目的も兼ねて、少しでも学んでみて楽しいと思えるものがあると良いですね。一度ご自身の中で紙に書き出すなどして、目的を整理した上で資格取得への計画を立ててみてほしいと思います。

貴殿の資格取得、ならびにキャリアの実現を心より祈念いたします。

2020/04/06 13:29 作成
相談可 木戸忍 プロフェッショナルコーチ
相談可 木戸忍

プロフェッショナルコーチ

スポーツビジネス:運動指導をはじめ、各種運動・スポーツ系の企画の立案、および実施、付帯するマネジメント業務
メ...

資格には大きく2つの性質があると思います。
①ないと仕事にならないもの
②あると箔が付き、信頼を得るもの

①の場合は、資格がなければ話にならないですから、ある仕事をするには必須です。
②の場合は、生き方や働き方に合致するなら、資格を取得し、そこで得た知識を発揮できます。

将来へ向け、人生設計(ビジョン)を描けていますか?
それ次第じゃないかと思います。

資格を持っていても活用せず(できず)にいる人がたくさんいます。
それは目先に惑わされているからじゃないかと感じています。

2020/04/06 18:28 作成
Miy WEBデザイナー兼WEBディレクター、元ネイリスト
Miy

WEBデザイナー兼WEBディレクター、元ネイリスト

現役WEBデザイナー兼WEBディレクターです。元ネイリストで美容学校に行っていたので、ネイルだけでなくメイク、エス...

資格の必要性って、業界によってだいぶ変わってくると思いますし、時代の移り変わりが早いので、その時々でも変わってくると思います。

ただ、今貴方が興味があると思ったことは一生懸命に取り組んだ方がいいと思います。
今すぐに効果が現れなくても、後々に貴方の役に立つことだってあります。

例えば、ネイリストの資格を取り、数年働いたとしても、
長い人生でやっぱり自分の道と違うと思うことだってあります。
そして方向転換をするときに、今までネイリストとして磨いてきたセンスや対人スキルが
次の仕事に生かされ、評価されることだってあるんです。

また、余談かもしれませんが貴方を助けるものは資格だけじゃなくて、ポートフォリオなどの自分の作品を作ることでも行えます。ブログを書くことだって貴方がどれだけの知識を持っているかの証明にもなります。
それらが実績となって、就職の面接や独立するときの役に立つことだってあると思います。

いろんな道があると思いますので、貴方らしい道を見つけてください。

2020/04/09 15:32 作成
中村英泰 #キャリア的視点 株式会社中部キャリアコンサルティング普及協会
中村英泰 #キャリア的視点

株式会社中部キャリアコンサルティング普及協会

企業領域キャリコンのパイオニアとして、事業場内キャリア・プログラムの設計や運用を30社以上に適用。キャリア面談は、...

匿名さん

結論、どんな資格でも“取ること”をオススメします。

ただ、
誤解して欲しくないのでお伝えします。既に多くの方がコメントされている様に【取得して食える資格】はありません。

オススメする理由は、
業務独占の一定資格を除き、取得が目的ではなく“プロセスが目的”だからです。

そこを間違えなければ、資格取得では
✔︎学習時間の確保と調整、継続
✔︎情報の収集と整理
✔︎外的基準への批准
が必要となります。

これは、これからの働き方において必須能力で、どこに属していても“学び続ける=生涯学習”の観点からも重要な能力です。

あらためて、
資格取得はプロセスを通じて、働く能力を身につけるためにも“おススメ”なんです。

最終的には、誰かが定めた資格ではなく自分学を極めることになると思います。

そうした中でも一点、
オススメしない資格があります。
上記の様に人が本来持つ「成長したい欲求」を逆手に取った… 資格ビジネスです。入会、登録、資材購入、講習、研修、発表会etc 何かと費用請求される割に、いつまでも自立できないものです。

匿名さんの 学びたい、成長したい思いを大切に
まずは、基礎学/FPは難易度、実用度からもオススメです。


この質問の回答者
masakazu
回答数 6
システムエンジニア
masakazu

システムエンジニア

福岡県で細々とシステムエンジニアをしております。男性です。もうすぐ社会人3年目突入です。会社は今の会社を含めて3社を渡り歩いてきました。上司のパワハラで適応障害を患った経験あります...

福岡県 福岡市 

福岡県で細々とシステムエンジニアをしております。男性です。もうすぐ社会人3年目突入です。会社は今の会社を含めて3社を渡り歩いてきました。上司のパワハラで適応障害を患った経験あります。お仕事のことでお困りの方はどうぞご連絡ください。

相談可 木戸忍
回答数 44
プロフェッショナルコーチ
相談可 木戸忍

プロフェッショナルコーチ

スポーツビジネス:運動指導をはじめ、各種運動・スポーツ系の企画の立案、および実施、付帯するマネジメント業務
メンタルサポート:コーチングやカウンセリングの分野。個人から団体まで...

千葉県 柏市   https://blog.goo.ne.jp/fitnessacademy

スポーツビジネス:運動指導をはじめ、各種運動・スポーツ系の企画の立案、および実施、付帯するマネジメント業務 メンタルサポート:コーチングやカウンセリングの分野。個人から団体まで幅広く対応。 ※上級心理カウンセラー、メンタル心理カウンセラーの資格保有 ダイエットサポート:自らの減量体験と運動指導での経験と知見を踏まえた指導(アドバイス、サポート)業務 セミナー・研修講師:過去の経験+心理カウンセラーとしての知見を加味した研修 以上のことを通じて、望んでいる方向へ導くことをしております。

メールで相談する
Miy
回答数 5
WEBデザイナー兼WEBディレクター、元ネイリスト
Miy

WEBデザイナー兼WEBディレクター、元ネイリスト

現役WEBデザイナー兼WEBディレクターです。元ネイリストで美容学校に行っていたので、ネイルだけでなくメイク、エステ等美容系の知識もあります。 また文章は自信はないですが書くことは...

東京都  

現役WEBデザイナー兼WEBディレクターです。元ネイリストで美容学校に行っていたので、ネイルだけでなくメイク、エステ等美容系の知識もあります。 また文章は自信はないですが書くことは好きです。

中村英泰 #キャリア的視点
回答数 2
株式会社中部キャリアコンサルティング普及協会
中村英泰 #キャリア的視点

株式会社中部キャリアコンサルティング普及協会

企業領域キャリコンのパイオニアとして、事業場内キャリア・プログラムの設計や運用を30社以上に適用。キャリア面談は、前職から累計1万人以上へ行い、中部地区随一の実力を誇る。また、”キ...

愛知県    https://mobile.twitter.com/shokuba_fuudo  http://chubu-career.co.jp

企業領域キャリコンのパイオニアとして、事業場内キャリア・プログラムの設計や運用を30社以上に適用。キャリア面談は、前職から累計1万人以上へ行い、中部地区随一の実力を誇る。また、”キャリコンを職業に‼“を目標に後進育成にも力を注いでいます。 #キャリア的視点 #レディネス勉強会 #キャリコン・サミット

関連する質問
関連する質問