質問
2020/03/16 19:15 作成

事業主が運転資金が足りないために、銀行から借り入れをしたけれども、計画通りに返済できなかったらどんな末路になると予測されますか?

匿名
閲覧数:23

回答 2 件

2020/03/20 19:28 更新
相談可 Naoking ファイナンス系現場40年。
相談可 Naoking

ファイナンス系現場40年。

銀行勤務時代は得意先係・当座預金窓口・融資窓口と一通り経験。ファイナンスリース会社(上場)に転籍し25年、営業部門...

現状、金融機関としてはリスケ(返済条件の変更)で対応せざるを得ません。円滑化法はとっくに終了していますが、十分な支払い余力を得るまでに業績が回復した中小企業は少なく、収益性が低下する一方の金融機関としても与信コスト(貸し倒れの引当金)を上積みできる状況に無いからです。
但し、今般のコロナウイルス感染拡大のことに関して、市況悪化の程度が金融恐慌に近いレベルになってしまえば、金融機関自体の存続にかかわる問題となってしまいますので、その時はあの忌まわしい「貸し剥がし」などの事態が再び起こる可能性が高くなります。貸した側・返す側のどちらが先に倒れるかのサバイバルですから。
金融庁としては企業の存続を優先させるようなスタンスですが、救済手段のメニューは結局借金を返すための借金を背負わせることですから、借りた側は一段と首を絞めることになりかねません。
返さないことのペナルティは、最悪銀行側からの破産申し立てですが、前述の通り貸し倒れコストの増加を望まない銀行側からも、返済条件見直しの協議があるはずですので、借金は増やさず、返済の先送りを認めてもらうことがベストです。


なるほど、すぐに破産となるわけではなく再協議が行われるのですね。「借金を返すための借金を背負わせる」はさらに怖いことになりそうですね。色々と大変勉強になりました。ありがとうございました。

匿名
2020/03/18 13:33 作成
2020/03/21 17:48 作成
sakula0625
sakula0625

初めて利用させていただきます。
主に人間関係がうまくいかずに転職回数が10回程になりました。
仕事でも私に合っ...

お金を借りるのは簡単ですが、返済になるとそう簡単にはうまくいきません。
なかなか返済が終わらず、最終的には自分の首を絞めてしまうことになります。
それに利息が高いからなかなか返済が終わりません。
私のいとこのおばちゃんの元旦那さんが2年位前だったと思いますが、市外でお仕事をしていて事業を始めるためにお金を借りたのですが、事業に失敗をしてしまい、結局は大きな金額の借金を作ってしまったのです。
いとこのおばちゃんはものすごく怒り、最終的には離婚をしてしまい、おばちゃんは生活保護を受けて生活をする羽目になりました。
夫婦で住んでいた家を手放したので完済できるかなと思っていたのですが、完済できなかったとおばちゃんは言っています。
計画通りに返済できなかったら催促状が来ますし、お金を貸してくれるところがなくなります。
質問者様にもおばちゃんの元旦那さんのようになってもらいたくないのです。
スムーズに返済できるのが一番いいのですが、返済が難しいのなら、消費生活センターに行って相談した方がいいと思います。


関連する質問