質問
2020/02/12 18:01 作成

将来、医療事務の職に就こうか一般事務に就こうか迷っています。一生やっていく仕事として考えるとき、どちらがおすすめですか?それぞれの良い点、悪い点(仕事環境、休日、給料など)を教えていただき、参考にしたいです。お願いします。

匿名
閲覧数:99
回答 3 件
2020/03/04 22:44 作成
シライマサアキ HRMコンサルタント
シライマサアキ

HRMコンサルタント

経営学修士(専門職)
専門分野 : キャリア教育・人材開発・組織開発

初めまして。人事関係のコンサルをしている者です。

細かい条件(相談者様の現在の職業や資格の有無、社会経験等)
が不明なので、一般論しかお伝えできません。
あと、「おすすめ」とは何を基準に薦めたらよいのか、それも
わからないので、ご容赦ください。

なので一旦、勝手に相談者様の現在置かれている状況を次のように
仮定してみます。
・女性である
・現在学生かまたは社会人経験が2~3年くらいのかた。
・未婚

こうした条件ですと、医療事務のほうがあとあと都合が良いかと
思います。理由と述べます。
1.資格があれば、引越し等でどこへ行っても就職できる
2.その際、一般事務と比べて競争相手が少ない

ただ、再就職の場合、勤務実績を問われるケースが多いです。
あと、クリニックの場合、一般事務と比べて従業員が少ない
ので、オーナー先生や婦長さんなど、職場の人との人間関係
次第で仕事のしやすさが大きく変わります。

いずれにしても、他の職業も視野に入れておかれたほうが
賢明だと思います。
あと10年もすれば、一般事務も医療事務も今の半分くらい
の人数ですむくらいコンピュータ技術やAI技術が進歩して
いると思います。
まして20年後なら、、仕事じたいほとんど無くなっている
かも知れません。

以上、ご参考になればと思います。

2020/03/08 10:43 作成
タカハシヒトミ 人工透析クリニック医療事務8年
タカハシヒトミ

人工透析クリニック医療事務8年

医療事務として勤務をして10年以上のキャリアがあります。

医療事務の仕事を長年続けております。一般の企業での事務経験もあります。
ご相談者様の年齢や性別がわからないので、将来どちらが良いか?とのご質問をふまえ、20代の方で、まだ社会人歴が短い方と推測し回答させていただきます。
仕事のために学ぶことはお好きですか?
医療事務でも一般事務でも入社したばかりは覚えることは沢山あるかと思いますが医療事務の場合は、2年に一回の診療報酬改定ごあるので、常に自分の知識をアップデートする必要があります。また、大きな病院であれば複数のドクターの算定の癖を覚えたりもしなければなりません。
給料は高くはありませんが正社員の医療事務は緩やかに昇給することが多いので、一生働こうと考えている女性ならばおすすめです。
男性はクレーム対応をしたり総務と兼務して事務長コースを進む方もいらっしゃいます。
休日に関しては就職先次第ですが、一ヶ月を通して残業続きと言うのはあまり聞きません。月末から10日までは診療報酬の支払いを受けるための業務の為、残業があると思います。
以上、参考になれば幸いです。

2020/03/09 22:13 作成
相談可 mai 薬局事務
相談可 mai

薬局事務

医療事務、薬局事務の経験があります。個人病院は歯科、総合病院では泌尿器・脳外科で一年、救急外来と入院受付を三年担当...

初めまして。
個人・総合病院での医療事務経験あり、現在は薬局事務をしています。

医療事務のメリット
・資格なし、未経験でも募集しているところも多い
・有資格者は優遇される
・働きながら資格をとったり、会社が資格取得をサポートしてくれる所もある
・現場は女性が多めなので、男性が苦手な人も安心して仕事ができる
・看護師や薬剤師から医療の情報を教えてもらうことができる
・有給など、休みは比較的とりやすい
・妊娠、出産などをしても長期に勤務できる
・小さい子供がいる場合は短時間勤務を選ぶこともできる

医療事務のデメリット
・地方の給料はかなり低い
・レセ課やカルテ課などに配属されるとかなりの残業がある
・総合病院や個人病院、私立などで仕事内容はかなり差がある
・医者や看護師にはきつい人もいるので、精神的忍耐が必要なこともあり
・全国的に一定数募集があるが、上記の理由で定着せず人の出入りが激しい
・個人病院は昼休憩が長く、勤務時間としてみると長時間拘束される

単に医療事務といっても個人か大手の病院かでもかなり変わります。
大手なら受付、外来、病棟クラーク、カルテ、レセなど。担当の部署によっても求められるものは違いますし、外来でも一般外来と救急外来、入院外来ではやることが全く違います。個人では部署ごとの区別がないかわりに、受付から患者さんの案内、医師の助手、会計まですべてやらなければならないことも多いです。また、個人病院は昼休憩が長いため必然的に帰宅時間が遅くなることもあります。

医療事務はたしかに専門性がありますが、未経験でも始められる仕事です。そのため、国家資格の必要な医師や看護師とは雲泥の差で、言ってしまえば代わりはいくらでもいます。一般事務と医療事務という括りだけで一生の仕事を考えるのは、少し早計ではないでしょうか。質問者さまがどのような選択をされるのかは存じあげませんが、少しでもお役にたてたら幸いです。失礼いたしました。


この質問の回答者
シライマサアキ
回答数 13
HRMコンサルタント
シライマサアキ

HRMコンサルタント

経営学修士(専門職)
専門分野 : キャリア教育・人材開発・組織開発

兵庫県  

経営学修士(専門職) 専門分野 : キャリア教育・人材開発・組織開発

タカハシヒトミ
回答数 1
人工透析クリニック医療事務8年
タカハシヒトミ

人工透析クリニック医療事務8年

医療事務として勤務をして10年以上のキャリアがあります。

神奈川県  

医療事務として勤務をして10年以上のキャリアがあります。

相談可 mai
回答数 2
薬局事務
相談可 mai

薬局事務

医療事務、薬局事務の経験があります。個人病院は歯科、総合病院では泌尿器・脳外科で一年、救急外来と入院受付を三年担当していました。現在は介護のため、在宅ワークと併用しつつ勤務しています。

愛知県  

医療事務、薬局事務の経験があります。個人病院は歯科、総合病院では泌尿器・脳外科で一年、救急外来と入院受付を三年担当していました。現在は介護のため、在宅ワークと併用しつつ勤務しています。

関連する質問
関連する質問
新着求人