質問
2020/01/19 10:56 作成

一級建築士と一級建築施工管理技士の資格を両方狙う場合、どちらを先に取りに行く方がオススメですか?また、勉強方法など助言がありましたらお願いします。

iida
閲覧数:36

回答 4 件

2020/01/20 17:25 更新
奈良 なおし 奈良なおし改修設計(代表者・一級建築士)
奈良 なおし

奈良なおし改修設計(代表者・一級建築士)

一級建築士
一級建築施工管理技士
一級土木施工管理技士
コンクリート技士

建築士試験及び、施工管理技士試験共に、学歴及び実務経験で受験資格が多岐に分かれます。
ご質問のケースでは施工管理技士試験を視野に入れているということですから、少なくとも「建築工事の指導監督に関する実務」があるという前提でのご回答になります。

一級建築士試験では、大学の建築学科(=受験資格の得られる学科)卒業後2年間以上の「建築工事の指導監督に関する実務」が、一級建築施工管理技士試験では大学建築学科卒業後3年間以上の「建築施工管理に関する実務経験年数、うち1年以上の指導監督的実務経験」が必要となります。

また、一級建築施工管理技士試験においては、願書提出時に一級建築士試験に合格していれば(要:合格証明書)学科試験が免除となり、その前提からすると、大卒後2年の実務をもって一級建築士試験を受験、合格後に一級建築施工管理技士試験を学科免除で受験するのが効率としては良いことになります。

ただし、一級建築士試験の学科試験と、設計製図試験を合わせた最終合格率は平成30年の数値で12.5%、一級建築施工管理技士試験の実地試験合格率は平成30年で37.1%でした。難易度としては一級建築士のほうが高い状況にありますので、お仕事などで二つの資格を取得しなければならない状況があれば、二つの資格を並行して学習されることをお勧めします。

具体的な学習方法は、過去問を軸に取り組まれることとなりますが、一級建築士試験の学科(施工)、一級建築施工管理技士試験共にいえることですが「最も不適当なものはどれか」という設問が多いです。「最も不適当」を選ぶ試験なので、少なくとも「不適当」なものが他にも存在いたします。
したがって、むやみに暗記に頼るのではなく、選択肢を一つづつ理解する学習が求められると思います。がんばってください!

2020/01/21 13:17 作成
skh
skh

設計事務所勤務の1級建築士です。
マイホーム設計を夢に大学で建築を学び、木造ハウスメーカーで新築住宅の現場監督を...

一級建築士、一級建築施工管理技士どちらも、相当の知識を求めらる試験になります。
どちらを優先するかは、今現在あなたの必要としている資格がどちらかという目線から考えてみてはいかがでしょうか。
若しくは、両方の資格を同時に受験されることをお勧めします。
両方の勉強を同時に進めることで、それぞれの試験に共通の知識を得ることができるので必ず役に立ちます。
また、どちらも1年に1回の資格試験になるので、1年に2つ取得すると後が楽になりますよね。

確かに、一級建築士の資格を取得すると、一級建築施工管理技士の学科試験は免除されるというメリットはありますが、それぞれで求められる知識は違ってきます。

一級建築士資格は学科試験の勉強は知識の構築であって、製図試験は知識の放出であると思います。
私自身、現在、資格学校の一級建築士設計製図の講師を行っており、年々、求められる難易度が上がってきていると感じています。
法改正があり、資格取得に対するチャンスの枠が増えてきているなかで、更に難易度の上がる試験になってくることが予想されますが、施工は施工として考えるのではなく、法規に関連した施工など、各科目をリンクづけて学習していくことが大切かと思います。
がんばってください!!

2020/01/21 13:55 作成

現在の質問者様の実務年数や職種が解りかねますが、どちらの資格とも受験資格を有し、かつ建設業に従事していることを前提に回答します。

一級建築士と一級建築施工管理技士をどちらも狙う場合、私はダブル受験が良いと思います。どちらかを先に受験するのであれば、施工管理技士の方が良いです。なぜなら難易度が高いのは建築士の為、合格まで時間を有する可能性があります。施工管理技士であればしっかり勉強すると合格できると思いますし、建築士の学科項目でもありますので一旦施工管理技士で有資格者となり、施工の知識を定着させてから建築士に挑むのが望ましいかと思います。

勉強方法ですが、建築士は資格学校に通ったほうが良いです。お金はかかりますが、学校のカリキュラムに沿って学習することが合格への近道だと思います。ダブル受験であれば学科の施工で施工管理技士の基本的な知識はつくので、1次試験の1か月ほど前からの学習で間に合うと思います。

単独で施工管理技士を受験するのであれば、過去問中心の独学でもしっかり学習すれば大丈夫だと思います。
頑張ってください!

2020/01/23 00:21 作成
ア-キデザイン 一級建築士(会社員)
ア-キデザイン

一級建築士(会社員)

お世話になります。東京・横浜・京都で住宅建築を設計している会社員建築士です。実務32年あります。建築に対する拘りや...

一級建築士、一級建築施工管理技士を狙うということは質問者様は既に現役で仕事をされているのですか。どちらを先にということであれば一級建築士がいいと思います。施工管理技士は一級建築士を取得していれば学科免除とありますが実務経歴、特に指経歴がないと実地試験申し込み時に受験資格が取れません。ただやはり一級建築士があれば施工管理もできるわけですから一級建築士を先に取得するほうがいいと思います。今年から実務経験がなくても受験できますので大学院生でも受験資格があります。製図試験も5年間で3回受験(学科試験合格年含む)できますからチャンスが広がりました。
勉強方法はひたすら日々継続勉強をこつこつ積み重ねることが決果早道です。どんなに仕事等で苦しくても毎日少しづつ計画的にやりきることがとても大事です。特に過去問(直近7年分)を3回(以上)やりきることです。過去問が基本ベ-スで新傾向問題は誰もが難しいわけですから過去問を完璧に回答できれば有利になります。学校に通えればいいかもしれませんが基本は自分の意思次第ですから地道に頑張ってください。


関連する質問

関連する求人情報

求人情報
【月給30万〜】ホワイトな現場で働きたい電気工事士募集【屋内作業、週休二日】
株式会社東京
電気工事士 東京都千代田区神田練塀町 400万円〜500万円

求人情報
土木・解体スタッフ大募集!未経験でもイチから丁寧に指導します◎
株式会社早川
土木・解体業 大阪府八尾市千塚