質問
2020/01/16 01:58 作成

有給休暇の取得について疑問があるので教えて下さい。
私の会社では上司に有給休暇を取りたいと申し出たら、大抵は『忙しいからダメだ!』と言われ、ほとんど会社の指定日しか有給を取ることができません。本来なら社員が自己の都合で有給を取れるものだと思うのですが間違っていますか?
法律に詳しい方お願い致します。

ああああ
閲覧数:49
回答 3 件
2020/01/16 14:12 作成
pianosonata 一般病院勤務、医療専門職。
pianosonata

一般病院勤務、医療専門職。

医療専門職です。家庭教師、塾講師の経験もあります。医療全般、教育、塾、家庭教師などの問題に対して、アドバイスを提示...

お答え致します。
社員が年次有給休暇を申請した場合、原則論は、会社はその申請を拒否してはいけません。年次有給休暇は、社員に与えられた権利であるため、どのような取得理由であっても拒否は出来ないのです。例えば、誰かのコンサートに行きたい、旅行に行きたいなどの理由でもです。
しかし、例えば、同じ部門の社員が同じ日に複数、年次有給休暇を申請した場合は、会社の業務に支障が出る場合もあります。このような場合には、会社は社員に対して、別の日に年次有給休暇を変更させることが出来ます。時季変更権といいます。
従って、社員の都合が全て年次有給休暇として受理される訳ではないことを理解しておくことが必要です。

2020/01/16 22:15 更新
田中直樹 人事コンサルタント FPコンサルタント
田中直樹

人事コンサルタント FPコンサルタント

新卒で大手人材サービス会社に就職。法人向け営業、キャリコンサルティング等を経験した後、生命保険会社に転職。金融機関...

ご質問の件ですが、まず有給について、労働者の方は付与されている範囲内で取得する権利を有しています。また使用者(会社)はその理由にかかわらず有給を認めなければなりません。ただし使用者は時季変更権を行使できます。つまり休みたいと労働者から申し出があった日に、合理的理由により休ませることが難しい場合は、別の日を提案して休みをとらせることができるということです。結論としては原則使用者は労働者から有給の申し出があった場合は、認める義務があるものの、時季変更権を行使できる合理的理由がある場合については、代替の日を提案すれば、必ずしも労働者の希望する日に休みをとらせる義務まではないということになります。補足ですが、会社に就業規則等があり、有給の取得方法について例えば前日までに申請することなど、社会通念上許容される範囲でのルールが取り決められており、事前周知がされている場合はそのルールに沿った取得申請がされているかなどもポイントになる可能性があります。

2020/01/18 09:44 作成
田中 労務
田中

労務

企業の方に労務指導を行っています。

上のお二人が答えてあるので、ざっくり説明すると、年次有給休暇は労働者の権利だが、会社が不利益を被る時は、取得日を相談することができます。
このケースだと、上司がダメとはっきり言い切ってますので、これはアウトだと思います。
あくまでも相談した上で、双方納得した場合のみ、取得日を変更することになると思います。


この質問の回答者
pianosonata
回答数 8
一般病院勤務、医療専門職。
pianosonata

一般病院勤務、医療専門職。

医療専門職です。家庭教師、塾講師の経験もあります。医療全般、教育、塾、家庭教師などの問題に対して、アドバイスを提示出来ます。よろしくお願い申し上げます。

山形県  

医療専門職です。家庭教師、塾講師の経験もあります。医療全般、教育、塾、家庭教師などの問題に対して、アドバイスを提示出来ます。よろしくお願い申し上げます。

田中直樹
回答数 2
人事コンサルタント FPコンサルタント
田中直樹

人事コンサルタント FPコンサルタント

新卒で大手人材サービス会社に就職。法人向け営業、キャリコンサルティング等を経験した後、生命保険会社に転職。金融機関や個人・法人顧客向けのセミナー企画や講師等を経験。在職中に社会保険...

 

新卒で大手人材サービス会社に就職。法人向け営業、キャリコンサルティング等を経験した後、生命保険会社に転職。金融機関や個人・法人顧客向けのセミナー企画や講師等を経験。在職中に社会保険労務士資格を取得し人事業務(採用、評価制度立案、研修制度設計等)を経験。現在は人材コンサルティング業兼FPとして活動しております。

田中
回答数 1
労務
田中

労務

企業の方に労務指導を行っています。

福岡県  

企業の方に労務指導を行っています。

関連する質問
関連する質問