質問
2020/01/06 13:39 作成

土地家屋調査士の資格が取りたくて、それにはまずは受験資格として測量士補を取らなければいけないのですが数学が苦手です。
sin、cos、tanは学生の頃に勉強しましたが、すっかり今では記憶から抜けきっています。
そこで何か社会人でも分かりやすい数学の教材や勉強方法を教えてください。

みつ
閲覧数:24

回答 2 件

2020/01/07 13:12 作成

https://www.amazon.co.jp/dp/4808924420/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_1rafEbG6GCNGD
補助者に教えるために購入しましたが、中学生から数学が止まってる人にも教えやすかったです。

2020/01/08 20:41 作成
Takashi Saeki ISO審査員・コンサルタント・ポルトガル語通訳/翻訳
Takashi Saeki

ISO審査員・コンサルタント・ポルトガル語通訳/翻訳

【職歴】
・塾の講師(小中高生に数学・英語・理科などを教える)
・ポルトガル語(ブラジル)の通訳・翻訳・講演活...

国家試験は過去問が全てです。私はこれまで、測量士補、行政書士、第三種電気主任技術者などの国家資格を取ってきましたが、すべて過去問の勉強を中心に行ってきました。

まずは、10年分の過去問を本屋さんかインターネットで買って、その解答説明を見れば必要とされる数学の知識は分かります。(例えば「測量士補 過去問280 日建学院 (著)」など)
こうした過去問の解説書は解答の部分で丁寧に説明していますので、そこを見れば必要な数学的知識は分かると思います。

その解答の説明を見ていてどうしてもわからないところだけ、インターネットで部分的に調べて理解すればいいのではないでしょうか。測量に関係する数学は「ピタゴラスの定理」「三角関数」「正弦定理」「余弦定理」「角度の足し算・引き算」くらいですので、わざわざお金を払って数学の参考書を買って勉強するほどのものではないと思います。

最近のインターネットは詳しく、分かりやすく解説しているものも多く、参考になりますよ。


関連する質問