質問
2019/12/12 11:55 作成

社内のプレゼンなど人前で話すのが苦手です。どうしたら克服できますか?
ストーリー立てて面白く話そうと準備をしても、人前に立つと異様に汗が出て、話そうと思っていたことも飛んでしまいます。
プレゼンやスピーチの上手い人とそうでない人の違いを教えていただけないでしょうか?

ゴロー
閲覧数:34
回答 2 件
2019/12/12 18:31 作成
Miyazaki Akiko
Miyazaki Akiko

イギリスの大学院でマネジメントを専攻し、多くの国の人たちと机を並べました。寮生活も楽しく、いろんな文化やみんなで作...

こんにちは。以前、アメリカでスピーチのサークルに入っていたことがあります。そこで学んだことは、「誰でも練習をして、場数を踏まなければスピーチは上達しない」ということです。自動車の運転だって、最初から上手な人はいないですよね。理論を学び、実習を重ねて、上達するのと同じです。

だから、異様に緊張するのも、場数を踏むしかないと思います。

友達や家族の前で、スピーチの練習をしてみてはいかがでしょうか。慣れることが出来るし、フィードバックももらえるし、一石二鳥です。または、スマホを固定して、自分の動画を撮影してみて、セルフフィードバックしてみるのもよいですね、自分のくせ(あー、とか、えーとか多用していないか、または身振り手振りのくせなどが見えます)を直したり、この話の時はもっとボディーランゲージを使おうとか、事前にイメージをつかむことが出来ます。

あとは、わかりやすく伝えようという気持ちですね。結論を最初に挙げて、その論拠や事例をその後に説明する。その都度、相手にうなずいてみせると、ミラー効果で先方も一緒にうなずいてくれます。ボディーランゲージも使うと伝えようという熱意が伝わって、情報伝導率があがります。

自分はアメリカでスピーチクラブに行った時、社会人の方が多く来ていて驚きました。中にはベトナム戦争で難民となってアメリカに渡った方が、営業職で、食べるために必死に相手の心をつかむトークを身につけようと、真剣に参加していました。それ見て、スピーチがうまくなるために、誰だって努力しているんだ、と思うと、自分もそれ以来、そのクラブでのスピーチ発表のために準備をしっかりするようになりました。事前の構成と練習、そして本番には相手に伝えようという熱意。これがあれば、少しずつ上達していくはずです。努力あるのみです!

ちなみに、上記のスピーチクラブ(トーストマスターズ)は日本にも支部があるので、お近くにあって、興味があれば見学してみるのも一つの方法です。

2019/12/12 20:41 作成
藤田あかり 現在:フリーライター 過去の経歴:弁護士秘書、社内通訳、社長秘書
藤田あかり

現在:フリーライター 過去の経歴:弁護士秘書、社内通訳、社長秘書

はじめまして!
弁護士秘書、社長秘書、社内通訳の経歴があります。
英検準1級、TOIEC880点、観光英検1級...

以前勤めていた会社で、プレゼンをしなければいけない機会が多かったので、人前で話す前は「あーまたか、嫌だな」ってすごくブルーな気持ちになっていました。
また、アメリカ人社長の専属通訳をしていた時には数百人の前でプレゼンの通訳をしなければならず、とても緊張していた経験があるのでよくお気持ちがわかります。
私はすぐ胃が痛くなってしまって、よく胃薬を飲んだりしていました。

そんな私が人前で緊張せずに話せるようになったのは、社長にこんなアドバイスを受けたからです。
「大勢にプレゼンをすると思うから緊張する。原稿を読むだけなら誰でもできる。いいプレゼンとは、一人ひとりに向けて喋ることで、その人の心をぐっとつかむことだよ。グループとして見るんじゃない、一人ひとりときちんとアイコンタクトを取って、自分の言いたいことを目で訴えてごらん。」

その言葉はとても私の胸に響き、社長に言われた通り、一人ひとりの目を見つめて「このことを伝えたい!」という思いをこめて喋ったところ、周りの人に「今日どうしたの?いつもよりすごくよかったよ!」と声をかけてもらうことができて、すごく嬉しかったです。

ゴローさんも、大勢に対してだと緊張してしまうけど、誰か一人に向けて話してると思ったら少しは緊張が和らぐのではないでしょうか?
よかったらお試しください!


この質問の回答者
Miyazaki Akiko
回答数 13
Miyazaki Akiko

イギリスの大学院でマネジメントを専攻し、多くの国の人たちと机を並べました。寮生活も楽しく、いろんな文化やみんなで作る家庭料理に目覚めました。さらにマーケティングを学ぶためアメリカに...

広島県  

イギリスの大学院でマネジメントを専攻し、多くの国の人たちと机を並べました。寮生活も楽しく、いろんな文化やみんなで作る家庭料理に目覚めました。さらにマーケティングを学ぶためアメリカに留学後、そのままアメリカの企業3社で働きました。アメリカでも西海岸と中西部とで勤務をし、一口にアメリカ人と言っても全然違う性質を持つことを知りました。このように、多くの国の人たちと交流して視野が広がりました。 労働ビザ取得のためのステップも大変でしたが、幸い仕事を得て、日本に帰国することになりました。いまはゆったりと仕事をしています。

藤田あかり
回答数 13
現在:フリーライター 過去の経歴:弁護士秘書、社内通訳、社長秘書
藤田あかり

現在:フリーライター 過去の経歴:弁護士秘書、社内通訳、社長秘書

はじめまして!
弁護士秘書、社長秘書、社内通訳の経歴があります。
英検準1級、TOIEC880点、観光英検1級、通訳検定3級、秘書検定準1級を持っています。
現在はフリーライ...

東京都  

はじめまして! 弁護士秘書、社長秘書、社内通訳の経歴があります。 英検準1級、TOIEC880点、観光英検1級、通訳検定3級、秘書検定準1級を持っています。 現在はフリーライターとしてお仕事をさせていただいております。 どうぞよろしくお願いいたします。

関連する質問
関連する質問
新着求人