質問
2019/12/11 11:35 作成

大手総合商社への就職を考えています。
一般職と総合職があり、総合職は海外勤務も多く、激務だけど給与が良いと聞きます。
一般職でもそこそこの給与がもらえて、休みも多いと聞きます。
もし経験のある方がいらっしゃいましたら職種と業務内容、勤務形態や給与など教えてください。

回答の受付を終了する
退会したユーザー
回答 1 件
2019/12/12 10:29 作成
吉川宏樹 enjoycareer(求職支援サービス事業を運営)
吉川宏樹

enjoycareer(求職支援サービス事業を運営)

【職務内容】
就活対策講座や公務員試験講座といった講座の講師を中心に求職支援サービスを、主に新卒者向けに実施。
...

こんにちは。キャリアコンサルタントの吉川と申します。
直接的な商社の経験はありませんが、就活生への求職支援をしており、良くある質問の一つでもあるのでお答えしますね。

総合職と一般職、それぞれを以下にまとめておきます。
・総合職
企業の基幹的業務を担い、将来的には管理職になることを期待されている職種になります。
そのため、業務内容は多岐に渡ります。
将来はその会社を支える人材になるわけですから、異動や転勤が発生しやすく、概ね3~5年おき(企業に依りけりです。)に異動や転勤があります。
様々な分野でスキルを身に着けてキャリアアップをしたい、ゼネラリスト的な存在になりたいのなら総合職がお勧めです。

・一般職
総合職の仕事をサポートする業務となり、基本的には事務作業となります。
業務範囲はそこまで多岐にわたることはありません。異動や転勤もほとんどないでしょう。あったとしても自宅から通える範囲でのもので、転居を伴うような転勤などはありません。
営業部であれば営業事務や総務部であれば備品管理など庶務作業が主な仕事といえます。
働き方改革により、残業も比較的少なくなった企業が多く、仕事とプライベートの両立がしやすいのも特徴的です。
人をサポートするが好き、縁の下の力持ちになりたい、正確にかつ効率的に、細かい作業が得意という人には一般職が向いています。

【総合職と一般職の違い】
・責任度
一番の違いは仕事の責任度といえます。
総合職は組織の基幹業務を、一般職はそのサポートを、となりますので、責任の重さは総合職の方が重いです。とはいえ、一般職は責任感がないわけではありませんので、誤解しないようお気を付けください。

・給与面
給料も総合職の方が、基本給が高めです。転勤もあるため、転勤手当(地域手当)みたいなものもつきますし、能力やその成果により昇給も見込めます。
一般職はサポート役であり、評価基準の設定があいまいであるため、評価がされにくく大きな昇給は見込めないでしょう。

【余談ですが】
大手企業や全国支社があるような企業の場合、「エリア限定採用」や「エリア総合職」、「地域密着型採用」というものもあります。
これらは、昨今の働き方改革に伴い、転居を伴う転勤をしたくない、地元に残って地域に密着した仕事をしたいなど、多様な働き方に応えるべく生まれた職種で、その地域に精通した人材を集めるための職種になります。
転勤があったとしてもエリア内での転勤がある程度で、自宅から通える範囲でのものになります。

そのため、位置付けとしては、総合職と一般職の中間といったところでしょうか。
全国転勤がある総合職に比べれば、転居を伴う転勤がない分給料は下がりますが、地域内での昇進昇級は見込めます。
転居を伴う転勤がないことから、生活環境を整えやすく、結婚後も働きやすいなど、ワークライフバランスを実現しやすいのも特徴です。


この質問の回答者
吉川宏樹
回答数 5
enjoycareer(求職支援サービス事業を運営)

東京都    https://enjoycareer.jp

【職務内容】 就活対策講座や公務員試験講座といった講座の講師を中心に求職支援サービスを、主に新卒者向けに実施。 他、企業の企業説明会MCや面接業務など採用支援にも従事。 【資格】 国家資格キャリアコンサルタント、JCDA認定CDA 【略歴】 大学卒業後、金融系システムエンジニアとしてシステムインテグレーション会社に入社。仕事を通して働くとは何かを考えるようになり、キャリア支援に興味を持つ。 その後、資格の大原 公務員講座に転職し、公務員志望者への就職支援に8年携わる。この間、大学内公務員講座の運営管理責任者として、計6大学の公務員講座を管理。 ※担当科目:数的処理、経済系科目、教養論文対策、面接対策 2016年: 国家資格キャリアコンサルタントを取得。 2018年: 独立し、屋号enjoycareerを開業。 キャリアカウンセラーとして複数の大学にて、公務員と民間両方の就職支援に携わる。 現在は ・ライフキャリア支援室 ・就活対策ブログ(ブログ名:就職活動成功の法則) を運営。

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援について

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
ジョブクエリでは直接キャリアアドバイザーとマッチングすることで、
相性が合わない・業種領域が合わないなどのミスマッチを抑え、質の良いキャリア支援を受けることができます。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。
キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。

さあ、始めよう!

心強い伴走者と共に就職・転職活動をし、成功率を上げよう。

キャリアアドバイザーを探す
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら