質問
2019/12/07 10:08 作成

林業をしている人は冬に雪が降り、仕事ができなくなると何をしますか?

yuucha_
閲覧数:28

回答 2 件

2019/12/08 14:31 作成
嶋田武志 元林業事業体 伐木手 
嶋田武志

元林業事業体 伐木手 

現在は他業種に在籍しておりますが、4年4か月林業事業体に勤務し、林業作業士(フォレストワーカー)を取得している元伐...

 北海道において植え付けや下刈りを行う造林業務は降雪や地面の凍結のため作業をすることはできませんが、季節雇用で雇われている以外で造材業務を行う従業員は真冬でも間伐作業を行い、素材生産を行います。 
 伐木手はスコップを持ち歩き、雪で埋まった根元を掘り起こして伐倒する地域もあります(私はやっておりました)。重機の入っていける施業箇所においては木の周りの除雪をしてもらい、伐倒作業を行います。
 重機オペレーターは除雪を行いつつ伐倒木の集材、玉切、搬出、巻き立ての各業務を重機で施業しています。
 馬搬を実施していた古来においても冬の造材作業は伐倒時に立木が傷つかず、また木が水分を吸い上げないため良質の丸太を生産できることから作業をしています。

2019/12/09 10:00 作成
KH0629
KH0629

林業系の高校を卒業後、専門学校で林業や環境教育を学びました。
卒業後は、アウトドアツアー会社や建設コンサル会社で...

林業を行っている地域でも積雪しない地域もありますので、
伐採などの作業は可能なところもあります。

枝打ちは、樹木の成長の盛んな季節に行うことが適切ではないので、冬に作業を行う地域もあります。
(枝打ち…節のない木材を生産するのに必要な作業)
また、積雪地域であれば、苗木や幼木を根曲がりしないように雪から守る作業があります。
(根曲がり…風や雪の影響で樹木の根元がJ字になってしまい、木材としての価値が低下する)

あとは、林業の本業からは外れますが、シイタケの栽培に適した樹木がある地域であれば
原木の伐採など、林業副産物の作業を行っているところもあります。
スキー場があるような雪の多い地域であれば、スキー場のスタッフ、重機を持っていれば除雪作業などの
季節労働をに従事している方もいます。

質問の意図と少しずれているかもしれませんが、このようなことをして冬を過ごしています。


関連する質問