質問
2019/12/04 10:45 作成

会社の部下がうつ病になってしまい休職したいと申し出ています。本人にはまずは有休消化して休養をとってもらうことになるかと思いますが、うつ病の場合、おおよその休職期間はどのくらいなのでしょうか?また、その間の上司としてどのようなケアをするのが良いでしょうか?そして、復職するとなった時、周りの人間はどう付き合っていくべきなのでしょうか?

漠然とした質問ではありますが、アドバイスをいただけたら幸いです。

mori
閲覧数:251
回答 3 件
2019/12/04 13:38 作成
相談可 渡辺二朗
相談可 渡辺二朗

※資格
国家資格 キャリアコンサルタント
キャリアコンサルタント技能士2級
産業カウンセラー

これまで...

初めまして。
キャリアコンサルタント 渡辺と申します。
質問を読ませていただきわかる範囲ですが回答させていただきます。

まずその部下の方がうつ病と診断があったということでしたら、医師からの診断書を取られていると思います。
その部下の方は医師の方と病状等を含め休職する期間も含めてお話されているかと思いますので、その部下の方とお話をしておおまかな期間を確認していただければよろしいかと思います。
その確認の際にうつ病になった原因がどこにあるのかわからないため、会社の中に産業医がいるようでしたら一度そこでお話を聴いてもらった方がよいかと思います。
また産業医がいないようでしたら、総務や人事担当の方からその方の負担がないよう状況の確認をしてもらう方がよいかと思います。
またその際に休職中に「どちらからどのくらいの頻度で連絡を取るようにするのか?」「誰が担当なのか?」等を明確にしておいた方がよろしいかと思います。

休職期間に関しては一概に言えませんが、数か月かかることも多いようです。
数か月かかるようでしたら、疾病手当金なども受給できるようでしたら案内してあげるといいかと思います。
上司としてですが、失礼ながら原因がどこにあるかわからないのと仕事での不安が思い出されたりするとまた考え込んでしまったりすることもあるため直接連絡とることは避けたほうが無難かもしれません。
(本人が連絡をしてほしいような希望がある場合はまた違ってくると思います)
上司としての役割としては、他の社員がその方にプレッシャーやストレスを与えないように社内研修などをしてあげることなどもいいかと思います。
またその方が戻ってきやすい職場になるよう環境を改善していくことが大切かと思います。
復職に関してもいきなりフルタイムでの出勤が難しい場合もありますので、時短での出勤ができるようにするなど社内での調整をすることが必要になると思います。

復職した際の人間関係ですが、あまり干渉され過ぎるのも逆にほっておかれるのもストレスの原因となりますのでこれが正解というものが難しいです。
詳しくお話させていただければ、そのケースにあった回答ができるかと思います。

参考になればと思い回答させていただきました。

2019/12/04 14:28 作成
テラサワケンジ 登録キャリアコンサルタント
テラサワケンジ

登録キャリアコンサルタント

エンジニアからキャリアコンサルタントに転身し、転職やキャリア相談をいくつかのサイトやリアルで行っています。

キャリアコンサルタント寺澤です。
先の回答でほぼカバーされていますが、補足します。
うつ病は疾病ですので、これまでのいきさつと現状を正確に人事担当者と共有してください。そして、今後の対応は、人事担当者が主担当で上司はサブになります。
産業医がいたら、その指示に従えばいいのですが、ご質問があるくらいなので不在だと思います。
休職には診断書が必要ですが、未提出なら提出を促すのも人事担当者の役割になります。
休職に入れば上司の出幕はほとんど無く、本人からの状況報告も上司ではなく人事担当者が受け、人事担当者から上司が共有することになります。
上司の大切な役割は、復職プランを作成することです。原則、同じ職場で同じ業務に戻すことが推奨されますが、これも人事担当者と事前相談してください。
現在では、うつ病は特別な病ではありませんので、腫れ物に触るような接し方ではなく、通常の病気休職明けと同じ対応をしてください。
原因は複合要素がありますので、明確なパワハラ等の事実がなければ、あまり詮索する必要もありません。

2019/12/04 17:51 作成
シライマサアキ HRMコンサルタント
シライマサアキ

HRMコンサルタント

経営学修士(専門職)
専門分野 : キャリア教育・人材開発・組織開発

はじめまして。
組織開発を生業としている者です。

さて、ご相談についてですが、まず就業期間についてはご本人や社労士さんと相談してお決めになられたら良いかと思います。また、復職後についても、待遇や条件面を含めて今からご本人と少し相談されてはいかがでしょうか。全くの推測ですが、経済的な不安が病状を悪化させることもよくあると聞いています。

ところで、余計なことかも知れませんが、ご本人が今回発症されたことが、組織に対するある意味のフィードバックであると考えられる点はありませんでしょうか。つまり、人間関係や指揮命令系統、仕事のプロセス、評価など、万全だったかどうか、ということです。これを機に今一度振り返ってみられてはいかがでしょう。

最後に、ご本人の復帰後のフォローは、ご本人のためだけではありません。
これから産休や育休、介護休暇などを取得しようとする人たちも会社側の対応のしかたを見ています。手厚いフォローがあれば、ご本人のみならず、組織メンバーの方々のコミットメントもより強いものになるのではないでしょうか。


この質問の回答者
相談可 渡辺二朗
回答数 3
相談可 渡辺二朗

※資格
国家資格 キャリアコンサルタント
キャリアコンサルタント技能士2級
産業カウンセラー

これまで心理カウンセラーとして15年以上、キャリアコンサルタントとして公的...

香川県 高松市   https://jams-h.com/  https://jams-h.com/online/

※資格 国家資格 キャリアコンサルタント キャリアコンサルタント技能士2級 産業カウンセラー これまで心理カウンセラーとして15年以上、キャリアコンサルタントとして公的機関にて8年以上色々な角度から相談にのってきました。 悩みは0にはできませんが、今悩み過ぎている心を少しでも軽くできるようにお話をお聴きし、またこちらからもアドバイスをさせていただきます。

メールで相談する
テラサワケンジ
回答数 2
登録キャリアコンサルタント
テラサワケンジ

登録キャリアコンサルタント

エンジニアからキャリアコンサルタントに転身し、転職やキャリア相談をいくつかのサイトやリアルで行っています。

大阪府  

エンジニアからキャリアコンサルタントに転身し、転職やキャリア相談をいくつかのサイトやリアルで行っています。

シライマサアキ
回答数 13
HRMコンサルタント
シライマサアキ

HRMコンサルタント

経営学修士(専門職)
専門分野 : キャリア教育・人材開発・組織開発

兵庫県  

経営学修士(専門職) 専門分野 : キャリア教育・人材開発・組織開発

関連する質問
関連する質問