質問
2019/11/26 14:14 作成

退職したことがある方、もしくは退職を考えたことのある方に2つ質問です。
①あなたはどのような時に仕事を辞めようと思いましたか?
②あなたは職場を変えることに対してストレスを感じますか?
以上、宜しくお願い致します。

Tim
閲覧数:44

回答 5 件

2019/11/26 14:39 作成
山口ノボル 在宅ワーカー
山口ノボル

在宅ワーカー

在宅で主にライティングの仕事をしています。もうひとつハワイアンキルトの製造販売の経営者でもあります。時間をとって仕...

①長年勤めていると理不尽な仕事をしなくてはならないこともあり、まずそこでだんだんと嫌気が差してきます。また、仕事を依頼しておいて、何度も駄目だしした挙句、外注に依頼して出来上がったものが、自分が土台となるアイディアを勝手に持ち出されてしまったものだったこともありました。人のミスは拘わっていません、上司に褒められたら自分の手柄ですの繰り返しでは、仕事に対するモチベーションもなくなりました。それで退職しました。
②もちろん退職する決断は重かったし、次の仕事がなかなか見つからないときはかなりあせってストレスも溜まりました。運よく、縁のある方から仕事を紹介してもらい、人間が出来ている人ばかりの職場だったので、このときは退職して良かったなと思いました。


参考になります。ありがとうございました。

2019/11/26 14:41 作成
2019/11/26 20:20 作成
横地絢夏 デスクワーク、事務
横地絢夏

デスクワーク、事務

こんにちは。好奇心旺盛で常にさまざまなことを知りたいと思っているふつうのOLです。趣味はご飯が好きなのでグルメ巡り...

①仕事を辞めること、そして転職を決断した理由としてはプライベートが自由では無かったということが最も大きな理由でした。シフト制の仕事であったため、休み自体はきちんと取れるもののカレンダー通りの友人や家族とはどうしても予定が合わず疎遠になりかけたこともありました。また私自身が旅行が好きなのですが、行く人を探すことがとても大変であまり行けなかったということもありました。
②職場を変えることに対してはとてもストレスはありました。実際転職しているので経験済みですが、一から人間関係をつくり、信頼なども新たに得るにはそれなりに時間も努力も必要です。時には転職しないで以前のところならいれば良かったのではと思ってしまうこともあったほどです。また職場の中に嫌な人もいるでしょう。そんな方は歴が経って慣れてしまえばいいのですが新人で気を使う立場にいるとより辛いものです。


参考になります。ありがとうございました。

2019/11/26 20:23 作成
2019/11/27 00:25 更新
渡邉 美香 看護師
渡邉 美香

看護師

はじめまして。
京都府在住、20代後半です。仕事は看護師をしています。看護師免許取得後、府内の大学病院に6年勤務...

①結婚を機に他府県に転居することが決まり、通勤時間が1.5時間も要することになりました。しかし、1年間を通して病棟で役割を担っており、その役割が終えるのは1年後でした。その間は頑張って通勤しようと考え、業務に携わっていたある日、心身の体調を崩し、休職しました。役割を途中で放棄することはあまりにも責任感がないのではないか、復帰してもまた体調を崩すのではないかと色々考え家族にも相談しました。しかし、今後の生活を考えると無理に頑張るものではないし、良い機会であることや自分の体調を優先し、退職を選びました。
②ストレスはだいぶ感じました。自分の条件に沿った就職先が決まらず、焦りと不安ばかりが先行している状況にもストレスを感じ、妥協して就職しましたが、うまく行きませんでした。他府県の県民性や前職場との年齢層の違いがあり、人間関係を築くことが大変でした。また、患者層や疾患の違い、初めての転職と家庭との両立が疲労の蓄積に繋がりました。また、配偶者とのコミュニケーションの時間が取れず、お互いストレスを感じ、絶えずイライラしている家庭環境に危機を感じ、話し合いの末2か月で退職を選びました。


参考になります。ありがとうございました。

2019/11/27 08:15 作成
2019/11/27 08:45 作成
Miyazaki Akiko PRO
Miyazaki Akiko PRO

イギリスの大学院でマネジメントを専攻し、多くの国の人たちと机を並べました。寮生活も楽しく、いろんな文化やみんなで作...

1 仕事内容は好きだったし、ゼロから価値を生むクリエィティブなことは希望の仕事でもあったのですが、いかんせん、前例がなくいつもいつも情報を探して日々を過ごさねばならず、寝ている時間以外はずっと仕事のことを考えるような状態でした。友人づきあいも疎遠になるし、いつも締切りに追われる毎日に消耗してしまい、リセットしたいと思い、退職を決意しました。もちろん、人事異動で補充が来るような時期を選び、根回しをしてチームには迷惑が掛からないように考えました。チームの皆のショックや上司の失望など考えると、なんども思いとどまろうとしました。でも、「人生の主人公は自分。自分の人生は自分で選べるはず」と自分に問い続けました。やはりいま辞めなければ後悔する。しでかして後悔するほうが、生涯「しなかった」と後悔するよりもいいだろうと判断し、退職を決めました。

2.築きあげてきた人間関係を無にして、新たにチームを変え、仕事環境も変わるわけだから、ストレスは間違いなく感じます。それでも、仕事における優先順位を決め、その中で大事なものが上位に来ている職場を選んだのは自分の判断なのだから、その変化を「うまくいくように」もっていかねばならないのは自分の責任だと考えます。たとえば自分で言えば、転職して給料はかなり下がりましたが、休みはかなり増えました。起きている間、常に仕事のことを考えている生活がつらくて転職したのだから、ワークライフバランスが保たれている状態は自分にとってベターな選択。給与が高くても使う暇が全くなかった前職よりも、満たされた状態での仕事環境だったので、人間関係でびっくりするような人がいたりしましたが、それはうまくやりすごしました。価値観があう同僚も見つけ、違う環境でも自分なりに、上手に過ごせるように努力して慣れることができました。よって、転職したことをまったく後悔していません。優先順位をつけて、自分にとって重要なことはなにか、見つめてみることから始めることをおすすめします。


参考になります。ありがとうございました。

2019/11/27 10:39 作成
2019/11/28 21:47 作成
戸谷恵理
戸谷恵理

人材派遣業界で7年
人事労務12年
国家資格キャリアコンサルタント資格
メンタルヘルスマネジメント II種
...

ワークライフバランスが保てなくなったり
条件が変わった時


関連する質問

スポンサー広告