質問
2019/11/25 12:49 作成

公務員は、福利厚生が手厚く有給休暇や特別休暇がしっかり設けられているそうですが、実際のところ取得率はどのくらいなのでしょうか?

回答の受付を終了する
退会したユーザー
回答 1 件
2019/11/28 02:36 作成
安彦和美 国家資格キャリアコンサルタント
安彦和美

国家資格キャリアコンサルタント

はじめまして、安彦和美(あびこかずみ)です。会社員5年→公務員16年→自営業1年目と進み、現在相談歴22年になりま...

2019年3月、総務省が発表した統計「平成29年度地方公共団体の勤務条件等に関する調査結果」によりますと、年次有給休暇の使用状況の平均は、地方公務員が年間11.5日、国家公務員が14.4日、民間企業が9.3日とあります。

▼結論
ご指摘の通り、会社員よりも、公務員の方が有給休暇の使用日数は多いという結果です。

===
もし、ご質問者さまが、公務員試験受験を考えられているのでしたら、参考に2つの側面を挙げますね。

▼公務員が、会社員と異なる点
公務員は「公共の福祉のために働く」いう義務があります。例えば、災害発生した際には、自分自身が被災していても、出勤しなければなりません。また、地方自治体勤務の場合、選挙が行われる際には、職員総出で対応にあたります。

また、水道、交通、警察、自衛隊、消防、公立病院などライフラインや人命をあずかる仕事などは、クリスマスや正月も交代制の勤務です。 「休みたいときに休めない」こともあります。

▼会社員と公務員に共通する点
私自身、会社員も公務員も経験しましたが、どちらも配属部署によって、休暇の取りやすさが違います。

配属された部署の業務内容によって、繁忙期は休暇を取れないほど忙しいときもあります。

担当業務の進め方にもよります。1人で業務をこなす場合、準備を整えたら自由に休める面もあれば、代わりがいないので、どうしても休めない時もあるでしょう。反対に、チームで進める仕事であれば、チームメンバーに相談しなければ休暇が取りにくいこともあるでしょうが、代わりがいる安心感もあるでしょう。

公務員志望者向けの説明会などで、質問してみるのも良い方法ですね。

【引用元】
「平成29年度地方公共団体の勤務条件等に関する調査結果」
p7 年次有給休暇の使用状況の推移
http://www.soumu.go.jp/main_content/000608666.pdf


この質問の回答者
安彦和美
回答数 1
国家資格キャリアコンサルタント

 https://mind-and-map.com/profile/  https://00m.in/g133h

はじめまして、安彦和美(あびこかずみ)です。会社員5年→公務員16年→自営業1年目と進み、現在相談歴22年になりました。 専門は、公務員の働き方・転職・副業、会社員と公務員のキャリア転換、元保護観察官として犯罪加害者や家族の就職相談です。 宣しければ、リンク先の公式サイトやYouTubeをご覧ください。 【資格】 国家資格 キャリアコンサルタント キャリアコンサルティング2級技能士 コーチング・プレイス認定コーチ メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援について

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
ジョブクエリでは直接キャリアアドバイザーとマッチングすることで、
相性が合わない・業種領域が合わないなどのミスマッチを抑え、質の良いキャリア支援を受けることができます。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。
キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。

さあ、始めよう!

心強い伴走者と共に就職・転職活動をし、成功率を上げよう。

キャリアアドバイザーを探す
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら