質問
2019/10/28 00:33 作成

仕事に行きたいくないです。この世で一番仕事が嫌いです。こんな私に仕事が行きたくなるようなお説教お願いします。

kon
閲覧数:101

回答 3 件

2019/10/28 11:07 作成
山口ノボル 在宅ワーカー
山口ノボル

在宅ワーカー

在宅で主にライティングの仕事をしています。もうひとつハワイアンキルトの製造販売の経営者でもあります。時間をとって仕...

たとえば、月曜日の朝に雨が降っていたら会社に行きたくないと思ったりします。でも会社に行かないと給料がもらえない。給料がないとスマホ代も払えない。とりあえずスマホを使うために会社に行ってるんだと思ったらどうでしょうか。ほとんどの人は自分の好きな仕事に就きたいけど、なかなか就けないと思って仕事をしているものです。仕事は仕事で今は割り切って、やりがいのある何かが見つかるまでとりあえず仕事をしてみましょう。仕事イコールお金ですと思えば、そのお金で自分の欲求が叶うのだと思えば、どんなに辛くても雨が降っていても、会社に行って仕事をしなければならない、本当はそんな人たちばかりです。自分のやる気スイッチは他人にはわかりません。とりあえずそんな考えでいかがでしょうか。

2019/10/28 11:11 作成
ヤブタ タダシ SKサークル
ヤブタ タダシ

SKサークル

サービス関連の業種を18年経験あり。

まず、仕事に行きたくない原因は何があるのだろうか。
人間関係?仕事が合わない?職場がきらいなのか。
仕事に行きたくなるお説教との事だが、原因が一つもわからないのに、頭ごなしにお説教は出来ないという人が多いのでは。
逆にそこまでして現在の仕事に行きたい理由は何かあるのだろうか。
どうしてもお説教で、との事なら仕方ありません。
まず、行きたくないなら辞めればいい。
やる気のない人間とあなたは仕事がしたいですか。
そんな人は誰もいないでしょうね。
いるだけで迷惑な存在になっていませんか。
そもそも誰も仕事なんかしたくないよ。
自分のやりたい事だけで生きていければいいとさえ思うだろう。
理不尽に怒られる事もあるし、人間関係が面倒な所も多い。
社会とは理不尽な事が起こる場所だと個人的には思う。
そもそも仕事に行きたくなる都合のいい「魔法の言葉なんてありません」
自分が努力するしかありません。
ただし、理不尽な問題があるのであれば、他に考えてください。

2019/10/28 12:03 作成
Miyazaki Akiko
Miyazaki Akiko

イギリスの大学院でマネジメントを専攻し、多くの国の人たちと机を並べました。寮生活も楽しく、いろんな文化やみんなで作...

 「この世で仕事が一番嫌いです」とのこと。つまり、労働することそのものが嫌い、という意味だと解釈します。だとしたら、わたしなら「仕事しなくてすむようにするにはどうするか」と考えます。人はなぜ労働するのか、それは生きていくために、貨幣経済では「お金」が必要だからでしょう。その「お金」を手に入れるために、ほとんどのひとは労働を提供するのです。となると、「生きていくための支出」を減らせばいい、とわたしなら考えます。そうすれば、労働の負担を減らすことが出来るのです。
 たとえば、生きていくための支出として、大きいものに衣食住がありますね。ここを減らすならば、物価の安い土地に移住する、というのがあります。日本の田舎なら、家賃が月5千円で済んでしまうところもあります。都会と違い、服も最新のファッションで身を固めるプレッシャーもないでしょう。月数万円で生活できる環境ならば、そのくらいの収入の仕事は、どんな場所でも見つかるでしょうし、ネットで在宅の仕事を見つけて働くこともできるのではないでしょうか。田舎で人間関係を一から築くのが面倒、というのなら、貯金を貯めて、東南アジアなどの物価の安い国に移住し、しばらく休養をすることだってできます。お金が尽きるか、仕事をする気になるまで様子を見てみるのです。意外とすることのない毎日に退屈して、働きたいと思うようになるかもしれませんよ。
 物価の安い場所に移住するにしても、新しい生活を始めるためには、最初にある程度まとまったお金が必要になります。「まとまった資金があれば、環境を変える機会はいつだってつくれるんだ」ということを念頭に置き、割り切ってしばらく仕事を続けてみてはどうでしょうか。ずっとこの仕事をしなければならない、と思うから苦痛なのであって、いつでも辞めてもいいんだ。期限付きで先の人生のためにお金を稼ごう、と思えば、案外乗り切れるものです。そうやって発想を変えてみて、それでも嫌でたまらない場合は、移住するための情報を集め始めてみてはどうでしょうか。生活は質素になっても、今の労働よりも楽しい人生が送れそうだと心がときめくようなら、自分で決断すればよいのではないでしょうか。自分の人生の主役は自分しかいないのです。人生の転機の決断を、正しいものにするかどうかは、自分の責任なのですから、苦痛をとりのぞくための行動を熟慮してみてくださいね。


関連する質問