質問
2019/10/25 13:30 作成

電気設備の技術を学んでいます。電気の勉強は好きで、数か月後に就職するのですが、電気工事士の仕事内容がよくわかっていません。
具体的にどんな仕事をするか誰か教えて下さい

ひろし
閲覧数:77
回答 2 件
2019/10/27 19:50 作成
長束 実
長束 実

【資格】
第二種電気工事士
低圧電気取扱業務
ガス可とう管接続接続工事監督者
ガス消費機器設置監督者

...

電気工事士と言っても、電気工事会社も工事作業者も多種多様です。
あまり目立たない建屋内の工事会社。
よく目にされる高所作業車で屋外を専門にしている会社。
ハウスメーカーの外注のみを請け負っている会社。
ただ一言、言えることは会社が違うと、工事内容が違い、配線を工事だけでも、全然違います。
一般的には、家の屋根裏に照明配線、コンセント配線工事なんかは身近ですよね。
私がいた工事会社はNTTの基地局で、電力設備の機器を入替工事を専属にやっていた会社です。
特化性が増せば増すほど、作業工程が違ったりします。

早い内に、第二種電気工事士の資格は取得しておく事をお勧めします。
経験を積んだら、上位の一種や施工管理等を取得すれば、
また、別の会社に転職されても、無資格者より、断然優遇されると思います。

経験年数はその会社でしか、通用しないものですが、
国家資格は取得するだけの能力を保持している証拠になります。


ありがとうございます。やっぱり作業がいろいろあるんですよね。

働いてからすることがイメージできなくて、仕事選びも不安で…

でも資格はやっぱり必要なんだと思いました。ありがとうございます!

2019/10/27 21:25 作成
2019/10/28 16:40 作成

電気工事の仕事内容は幅が広いです。
低圧ならコンセント交換、高圧なら電柱に登って引込工事
などです。
会社によって様々で、高圧受電設備に特化してるところや、エアコン工事に特化してるところなど色々あります。
ただ、共通して言えることは、どこの会社も最低でも第2種電気工事士は持っといて欲しいと言われます。
会社によっては資格取得支援制度があって、働きながら
資格取得をフォローしてもらえるところもあります。
ただ、働きながら資格の勉強は中々しんどいところもあります。
出来るなら今のうちに第2種電気工事士を取得しておいた方がいいと思います。
もし、高圧設備を取り扱う会社なら第1種電気工事士も
取得しておいた方がいいです。
ただ、第1種電気工事士は試験に合格しても実務経験が必要になってきます。
なので、しっかりと実務経験認定が受けられる会社で実務経験を積みましょう。


やっぱり、資格ですね。分かりました。ありがとうございます。
そして1種は実務経験が必要なんですね。実務経験認定を気を付けて会社を探したいとも思いました。
ありがとうございます!

2019/10/28 22:13 作成

この質問の回答者
長束 実
回答数 1
長束 実

【資格】
第二種電気工事士
低圧電気取扱業務
ガス可とう管接続接続工事監督者
ガス消費機器設置監督者

機器のメンテナンスを主に就業していました。
電気工事もやってい...

千葉県  

【資格】 第二種電気工事士 低圧電気取扱業務 ガス可とう管接続接続工事監督者 ガス消費機器設置監督者 機器のメンテナンスを主に就業していました。 電気工事もやっていました。 今現在は危機の殆どは商用電力を動力源にして起動しています。 【メンテナンス歴】 精米機の穀類加工機(メーカー勤務) 食肉加工機(販売店勤務)(某コンビニ製造工場) ガス器具(某ガス器具メーカーの外注) 【電気工事歴】 NTTの基地局の電力工事 ゼネコンの委託業務会社でアルバイト 【現在の業務内容】 機器の電気配線

関連する質問
関連する質問
新着求人