質問
2019/10/20 09:28 作成

夜間の警備員の仕事に興味ありますが、長時間立ちっぱなしに耐えられるのかと不安もあります。経験ある方どんな感じなのか教えてもらえますか?。時間は21時 ~ 翌9時(仮眠休憩5時間)です。

Ooya
回答 2 件
2019/10/21 20:39 作成
尾崎 英樹
尾崎 英樹

現在、京都の大学で施設警備に従事しております。
前職は不動産会社で10年間、賃貸、売買の仲介
物件管理をやって...

警備の種類にも色々あって施設警備か、路線の警備かによっってちがいがあります。施設警備は大学やショッピングセンターなどの建物の警備で、常駐する場所があり、詳しくは業務名もあります。
施設警備な立哨といって定期的に立ち当番する時間があります。
工場とか学校で、出入り口に通勤時間、通学時間などで立っておられる方が施設警備です。
この場合、立哨だけが仕事ではないので、一時間、30分と立っている時間は決まっています。
但し、道路で工事関係の警備ですと立哨がメインとなります。
恐らくお問合せから察するに施設警備だと思いますので、クライアントや警備会社の方針によって立哨時間が決められていると思います。
ご自身で、面接のときに確認されるのがベストです。

2019/10/23 02:21 作成

私は、交通誘導警備、施設警備の両方を経験したことがあります。

交通誘導は基本立ちっぱなしです。
食事休憩やトイレ休憩は交代で行いますが、現場は常に動いているため仮眠休憩はありません。
夜間は工事の騒音が響くため、住宅街から離れた国道や県道などで行うことが多いです。

施設警備は、某敷地の防災センターで勤務をしたことがありますが、24時間勤務・12時間勤務(夜間)の交代制で、ただ椅子に座ってばかりで暇でした。

一番の仕事は、火災検知器が作動したときに現場へ行って、何が異常かを確認することです。
ただ、実際に火災が起きていたことは一度もありません。ほとんどは、検知器にホコリが付着していたことによる誤作動でした。
しかし、この現場確認はおそらくどこの施設警備でも非常に重要で、万一火災が起きていた場合には取り返しのつかないことになります。また、消防署から「この施設では、火災検知器が作動した時に、どうしているのか?」という監査も、年に何度かあったりします。

二番目には、施設内の巡回です。決まった時間に、建物内や、外に出て駐車場などをまわり、異常な物が無いか、怪しい人がいないかを確認しながら回ります。
私が経験した施設警備の現場では、あらかじめルートが決められており、それに沿って巡回をしておりました。ただ、敷地が広いため、ルートを覚えたり、どこにどの部屋があるのかを覚えるのに時間がかかりました。

他と比べると比較的ゆるいところでしたが、現場によっては、鍵(及び備品)の貸し借りや、関係者の出入り確認(部外者立ち入り禁止、持ち込み禁止など)、電話応対、施設内工事の日程調整、監視カメラ確認、警備上必要な会議の出席や、施設責任者への警備方法の提案報告など、めまぐるしく忙しいところもあります。
また、立体駐車場があるビルなどは、車両の誘導や、車両のカギの保管、決められたサイズ以外の車両を入れさせないよう案内する、といった仕事もあります。

施設警備では、ずっと立ちっぱなし、というのは現場やポジションによって違いますが、人の出入りが激しい場所だったり、立体駐車場で誘導や案内をする場所だったりすると、立ちっぱなしになると思います。

給料面から考えると、警備責任者でもならない限り「忙しい割には安い」と思うかもしれません。
ただ、一般常識をイチから勉強できるので、「この仕事をやってよかった」と思えることは多いと思います。

たとえば、交通誘導であれば、道路標識やルール、マナーなどは運転免許を取っていれば常識と思われがちですが、3年や5年の免許更新があるとはいえ、忘れていることや覚えていないことは案外多いです。
施設警備ですと、昨今話題になっているAED(停止した心臓を動かす救命機器)や、避難ハシゴ、消火器の扱い方についても学ぶことができます。

ある程度の体力は必要になる仕事ですが、怪我や障害などが無い限りは、立ちっぱなしは一週間程度で慣れてきます。

現場によっては千差万別で、個人的な事情によっても違ってきますので、詳しくは面接のときに確認してみてください。
話がよく見えない、あるいは、自分には合わないと思えば、そこで断っても問題ありません。
面接でいろいろと話しを聞くだけでも、いい勉強になると思います。


この質問の回答者

滋賀県 草津市青路町658-38 

現在、京都の大学で施設警備に従事しております。 前職は不動産会社で10年間、賃貸、売買の仲介 物件管理をやっておりました。 また、大卒から15年程、商業広告印刷会社で大手量販店のチラシ、DMなどの作成業務の営業、工程管理をしていました。現在、警備員をしながら副業、独立を暗中模索中です。

広島県  

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援について

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
ジョブクエリでは直接キャリアアドバイザーとマッチングすることで、
相性が合わない・業種領域が合わないなどのミスマッチを抑え、質の良いキャリア支援を受けることができます。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。
キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
はい。在職中でもご利用いただけます。ご面談のお時間などご都合の良い日時をご指定いただけたらと思います。 ただし、どうしても担当キャリアアドバイザーと日程が合わない場合は、他のキャリアアドバイザーが担当する場合もございますので、ご了承くださいませ。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。

さあ、始めよう!

心強い伴走者と共に就職・転職活動をして、成功率を上げよう。

キャリアアドバイザーを探す
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら