質問
2019/10/17 10:08 作成

歯科衛生士と歯科助手のお仕事は、どちらがオススメですか?いろいろ調べて違いはわかってきましたが、実際の業務の内容や負担など、精神面でのしんどさではどちらが大変か、業界に詳しい方教えてもらえたら嬉しいです!

taaa
閲覧数:19

回答 1 件

2019/10/18 10:31 作成
鈴木 幸枝 介護職
鈴木 幸枝

介護職

東京都在住、43歳の主婦です。現在は介護の仕事をしています。夫と2人の子どもの4人家族です。現在は小学生の子どもが...

ご存知だと思いますが、歯科衛生士は国家資格で歯科助手は公的な資格はありません。歯科衛生士は専門学校で学び受験資格を得て試験に合格してはじめて就業できます。一方歯科助手は現在はスクールもありますが、特に何も経験・知識がなくても歯科で働くことができます。
業務の違いは歯科衛生士は歯科診療の補助のほか、歯および口腔疾患の予防や改善のための医療行為、つまり患者さんの口腔内に触れる医療行為を行うことができます。そのため歯科で機具を使ってクリーニングを行ってくれるのは必ず歯科衛生士です。
歯科助手の仕事内容は主にアシスタント業務で、受付事務や診療の中で患者の口腔内を触らずにおこなう診療補助、片付けなどの雑務となります。
大まかに言うと患者の口腔内に直接触れるような医療行為や予防処置を行うのが歯科衛生士、行えないのが歯科助手ということになります。
そのため業務内容やの担など、また責任を負うという意味での精神面でのしんどさは断然歯科衛生士が多いです。ただその分プロとして責任感をもって業務に携わり、仕事にやりがいを感じることができるのも歯科衛生士だと思います。
歯科助手はどちらかというとアルバイト感覚でもできるので、これから将来何になるか考えているところだとしたら少し将来性に乏しいと感じます。
そのため将来の仕事ととして考えるならば、資格取得のための勉強も必要になりますが、歯科衛生士をおすすめします。


関連する質問