質問
2019/08/26 16:47 作成

具体的には書けませんが、同じプロジェクトにモチベーションが低く必要以上に仕事をやりたがらない人がいて困っています。
実際に頑張ったからといって給料や出世に関係するわけではありませんので、その人気持ちがわからないでもないです。ただ私は仕事の質をあげて良いプロジェクトにしたいのです。何か相手の仕事のモチベーションを上げる良い方法はありませんでしょうか?
ご教授お願い致します。

koumei
閲覧数:47
回答 2 件
2019/08/27 06:53 作成
関晃人 飲食業店長
関晃人

飲食業店長

学生時代は居酒屋や飲食店でバイトをしていました。社会人になってからは、都内の有名ラーメン店で修行し3年前に自分の店...

難しいですね。

質問者様の言う「必要以上に仕事をやりたがらない」と言う文言ですが、逆に言えば「必要最低限の仕事はしてる。」と解釈してみますね。

そうすると、質問者様の仕事の質を上げたいという要求は、「必要最低限の仕事をしている人」からしたら、まるで質問者様のエゴを押し付けているような印象を与えてしまうかもしれません。

私は、質問者様の意図の是非は問うつもりはありませんが、相手にとってそれがどのような要求になっているのかを考えるのは大切です。

モチベーションには、2つの種類があります。質問者様が言うような出世や報酬に関わるものを外的な動機づけと言います。

逆に、仕事の質を上げたいというのは内的な動機づけと言います。

質問者様が相手に求めるのは、内的な動機づけであり、内的動機づけを上げるのは一朝一夕では難しいです。

ましてや、個人のホスピタリティの意識に介入するとなると、難しい問題だと思います。

そこで、これからのアドバイスは個人のホスピタリティ向上に関しては完全に無視した集団心理学からのアドバイスをしますね。

集団心理学では、集団にとって働かない人が出現することは、集団を機能させる上で実は効率的で機能的であるとの考え方があります。

アリの世界でも、集団を機能させるため働かないアリが出るように、統計学上集団の中で全体の生産性から見て低い生産性の成員が出ることはごく自然であり、不健全な集団ではないということを前提として覚えておいてください。

その上で、より能率的な集団機能を発揮させるとしたら集団の最適人数というものがあります。

集団の最適人数は6人だとされています。理由は責任の分散性が弱まるからとのことです。

もし、質問者様のグループが大グループであるなら、グループごとに役割を振って、6名以下の小グループに編成するのも良いかもしれません。

そして、個人の内的動機を高めるグループワーク方法にもしかしたら、教育場面で用いられるジグソー学習が有効かもしれません。

ジグソー学習では、グループのメンバーをそれぞれ一つの領域のスペシャリストとして見立てます。

例えば、a〜fの6グループ×4名の合計24名の集団があったとします。

aグループのメンバーは、デザインスペシャリスト、マーケティングスペシャリスト、○○スペシャリスト、○○スペシャリストのように役割を振ります。

その中で、デザインスペシャリストであれば、a〜fから集まる6名のスペシャリストでデザインについての話し合いをします。

他のスペシャリストも同様に話し合います。

各々スペシャリストが話し合った結果は、a〜fの各グループに持ち帰り、フィードバックします。

aグループで話し合った時、各々がスペシャリストとして意見しますから個人の責任性も保たれますし、スペシャリストとしての内的動機づけを得られやすいです。

ジグソー学習は最終的に各グループの総意をa〜fのグループリーダーが持ち寄り、最終的な24名の総意とするします。

もしかしたら、個人に専門性と責任性を与えたら、多少は内的動機に変化があるかもしれないので、参考にしてみてください。

2019/09/20 02:22 作成

上の方が素晴らしい回答をされていますが、自分の実体験からお話したいと思います。
最低限の仕事しかしない、というのがどれほどかにもよります(仕事ができない人であり、最低限の仕事をやるので手一杯なのか、本当はもっとできる人間であるか最低限しかしないのか)が、役割と専門性を与えるのは必須です。そして責任の所在を明確にすることですね。少人数のチームを編成し、各々に明確な業務と専門性を与える。仮にその業務が二人や三人で進めていくようなものであっても責任者は一人にするのが大切です。その責任者には質問者さんが仰っている最低限の仕事しかしない人を割り当てましょう。
後は業務の進行に応じて少しずつ要求を引き上げていくと良いと思います。その際にはさりげなく褒めるだけでなく第三者を通じてその人に伝わるように褒めると良いです。「○○さんがあなたのことを褒めてたよ」と言われて悪い気がする人はいないはずです。
自分は実際にこの手法(というのも烏滸がましいですが)を用いてモチベーションと成績の向上に成功した経験があります。


この質問の回答者
関晃人
回答数 6
飲食業店長
関晃人

飲食業店長

学生時代は居酒屋や飲食店でバイトをしていました。社会人になってからは、都内の有名ラーメン店で修行し3年前に自分の店を構えることができました。まだまだ、半人前ですが今後は都内に自分の...

東京都  

学生時代は居酒屋や飲食店でバイトをしていました。社会人になってからは、都内の有名ラーメン店で修行し3年前に自分の店を構えることができました。まだまだ、半人前ですが今後は都内に自分の店を2〜3店舗ほど出店したいと考えています。

関連する質問
関連する質問