質問
2019/08/12 22:41 作成

出版業界に入るのは他の業界よりも難しいと聞きましたが、それは本当ですか?それが本当ならどうすれば入りやすくなりますか?

Tomw
閲覧数:39
回答 1 件
2019/08/13 21:47 作成
田中春香 株式会社こぐま社編集部
田中春香

株式会社こぐま社編集部

関西の教育系出版社で働いています。勤続三年目です。業務内容は教科書の改訂や児童書の制作など。広告業務も少しかじって...

出版業界の者です。三年前に新卒での就職活動を経験しましたが、大変な高倍率で出版社には一つも受かりませんでした。大手は説明会の段階で抽選がかかるような状態で、志望している学生も東大生や京大生が多かったのを覚えています。大手の選考は進めそうになかったので中小の出版社も検討しましたが、中小はそもそも新卒採用を行っていないところが多かったです。私は新卒で希望する出版社には入れないと悟ったので、新卒では全国チェーンの書店に入社し、そこで出版業界情報を集めました。そこでわかったのは、出版社は案外新卒採用よりも中途採用が多いということです。出版不況により採用数が落ちているのはどの会社も同じなので、どうせ採用するなら即戦力になる人が欲しい、という背景があるようです。私は書店での経験を武器に、出版社への転職活動を始めました。すると、半年ほどで中小の教育系出版社からの内定がもらえました。
長々となりましたが、お伝えしたいのは
・中途採用の方が強い
・専門出版社の方が採用試験の難易度は低い
この二点です。出版不況に負けずにお互い頑張りましょう。


この質問の回答者
田中春香
回答数 1
株式会社こぐま社編集部
田中春香

株式会社こぐま社編集部

関西の教育系出版社で働いています。勤続三年目です。業務内容は教科書の改訂や児童書の制作など。広告業務も少しかじっています。小さな会社なので幅広い仕事をしています。

大阪府  

関西の教育系出版社で働いています。勤続三年目です。業務内容は教科書の改訂や児童書の制作など。広告業務も少しかじっています。小さな会社なので幅広い仕事をしています。

関連する質問
関連する質問
新着求人