質問
2019/07/03 10:25 作成

薬剤師としての勤務先は薬局と病院とでは、働きやすさ、収入の観点などから総合的に見てどちらがオススメでしょうか?

hitwoman
閲覧数:34
回答 1 件
2019/07/03 13:00 作成
RISA
RISA

2012年に都内の薬科大学を卒業して大手調剤薬局に就職。
その後製薬会社のDI業務を経験して2か月の休業期間があ...

最終的には勤める病院や調剤薬局の規模にもよりますが、プライベートと収入面の充実を考えると調剤薬局への就職をおすすめします。

まず病院薬剤師ですが、メリットとしては医療チームの一員として患者さんの治療に積極的に関わることが出来ること。調剤だけではなく病棟業務にも関わることが出来るのでより専門的な知識を身に着けることも出来ます。
職員の充実度にもよりますが、長期の休暇をとって旅行に行っている友人もいます。
デメリットは、調剤薬局に比べて収入が低いこと、一人体制の夜勤がある病院もあるため体力や精神力もより必要となります。私が知っている病院では薬剤師が一人しかいないにも関わらず調剤業務から病棟業務まで一人でこなしていた薬剤師もいました。

調剤薬局のメリットとしては、様々な病院やクリニックの処方箋を応需するためより多くの薬に触れる機会があること、最近では在宅医療やかかりつけ薬剤師など業務も多岐にわたってきているため様々な経験が出来ることがあります。また、収入面も病院に比べたら良いです。こちらも職員の充実度にもよりますが、長期の休暇をとることも比較的容易かと思います。
デメリットとしては、病院に入院するような重症の患者さんと接する機会はあまりないので専門性には劣るかと思います。チーム医療に対しても病院の方が充実するでしょう。

新卒で病院に就職した友人も特に女性の場合はその後調剤薬局に転職している人が多いです。
長い目で見て、プライベートや収入面の充実も図るのならば調剤薬局への就職をおすすめします。


この質問の回答者
RISA
回答数 1
RISA

2012年に都内の薬科大学を卒業して大手調剤薬局に就職。
その後製薬会社のDI業務を経験して2か月の休業期間があります。その際に派遣薬剤師として勤務をしておりました。
その後は...

千葉県  

2012年に都内の薬科大学を卒業して大手調剤薬局に就職。 その後製薬会社のDI業務を経験して2か月の休業期間があります。その際に派遣薬剤師として勤務をしておりました。 その後は再度調剤薬局に就職して現在に至ります。 0歳と2歳の娘がおり、現在は2度目の育休を取得しております。

関連する質問
関連する質問
新着求人