質問
2021/08/26 19:36

私はハードワークと上司からのパワハラがあり、その結果、心身に不調をきたし、適応障害と診断書されました。
会社は、休職をすることを提案してくれていて、実際に休職するかどうかは自身で決めて、報告してほしいと言われています。
私としてはこの際しっかりと療養したいのですが、何より休職をし傷病手当をもらうことになると支給額がお給料が2/3程度になると言うことで、生活が厳しくなってしまいます。(恥ずかしい事に一人暮らしがカツカツで貯金もほとんどありません)
もし休職をしたら、その間、軽いアルバイトでもしないといけませんが、やはりダメでしょうか。
忙しくして悪化しては元も子もありませんが、どうすべきでしょうか。

匿名
回答 1 件
2021/08/27 23:40
山本ゆき
国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
山本ゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

休職によって生活が苦しくなるのは避けたいですよね。
まず、今回記載いただいている内容から、適応障害の原因が業務やパワハラにあるということで、場合によっては「休業補償給付金」を貰える可能性があります。
休業補償給付金とは、業務上の理由による病気やケガによって就労困難になった場合に、休業中の所得を補償するための給付です。
いわゆる労働災害(労災)として認定されると給付されるものであり、最大で給付基礎日額(直近3カ月の給与をもとに算出)の80%が支給されます。
個人の状況により支給判断は異なりますが、申告制のため、まずは所轄労基署にご相談されることをお勧めします。
また、精神疾患の医療費を負担してくれる「自立支援医療制度」などもあります。
治療費の上限は所得により異なりますが、その上限を超えた部分については個人負担がなくなる仕組みです。
こちらは各市町村の窓口で申請することが出来ます。
これらの制度が利用できるかどうかは窓口でご相談される必要がありますが、可能であれば休職期間中は治療に専念することをお勧めします。
なぜなら、会社によって休職期間の上限が決められており、休職期間満了までに復職できない場合はそのまま自然退職もしくは解雇となるからです。
また、休職はあくまでも治療に専念するためのものですので、その期間にアルバイトをしていたことが会社に知られた場合は懲戒処分の対象となる可能性もあります。
冒頭にお伝えした給付金等は、いずれも申請が必要なもの(自分で申し出をしなければ支給されないもの)であるため、まずは各種専門の窓口にご相談されてみてください。
ひょっとするとあなたが支給対象となる他の給付金などの紹介をいただけるかもしれません。


無知で様々な制度があるとは知りませんでしたので、とても役に立ちました。自分に当てはまる制度を利用し、治療に専念したいと思います。誠にありがとうございました。

匿名
2021/08/28 00:20

この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
傷病手当
適応障害
上司
パワハラ
アルバイト
バイト
給料

キャリアサービス一覧