質問
2021/08/24 22:17

紹介予定派遣は必ずしも正社員になれるとは限らないと聞きます。私はいずれ正社員になりたいと考えているのですが、私にとって紹介予定派遣は一般の派遣社員と比べて、どんなメリットがありますか?

匿名
回答 2 件
2021/08/25 16:41
石井伴宜
キャリアコンサルタント、ビジネス法務エキスパート®
石井伴宜

キャリアコンサルタント、ビジネス法務エキスパート®

13年程人材業界に従事しております。派遣・職業紹介・請負の事業部責任者として、スタッフ/企業両面の対応経験がござい...

はじめまして。
人材派遣/人材紹介共に経験がございますので回答させていただきます。

質問者様は、いずれ正社員になりたいということですので、正社員になった際は長期で働きたいお気持ちが強いと思います。

紹介予定派遣のメリットとしては、まずは数ヶ月一般派遣で就業するなかで、その会社の社風や一緒に働く方がどのような人かがわかると思います。
仮に、社風や人間関係がしっくりこない場合、紹介予定派遣であれば、正式に正社員になるかどうかの選択権がありますので、正社員にならずに契約を終了するという事も可能です。

企業の内情を理解した上で社員になるか否かを判断できる点が紹介予定派遣のメリットだと思います。

良い企業と巡り合えることを願っていますので頑張ってください!

2021/08/25 20:41
アーク・キャリアコンサルタント
社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級
アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級

外資系や日系企業の人事部門にて18年勤務しております。
主に労務系の仕事を担当しておりますが、キャリアコンサルタ...

紹介予定派遣に関するご相談ですね。
まず、紹介予定派遣と一般派遣の違いは直接雇用を前提とするか否かで大きく異なります。
紹介予定派遣の場合、最大6ヶ月の派遣期間を経て企業と労働者双方の合意の上、直接雇用として働けることができます。
直接雇用ですので、必ずしも正社員ではなく、契約社員の可能性もあるので注意が必要です。

メリットとしては、入社後にしか判断できないような物事を派遣期間に知り得ることができるので、その上で入社判断ができること、一方でデメリットとしては、企業側から採用基準に合わない等の判断をされることがあることです。
また、仮に派遣から正社員になれたとしても派遣期間は勤務実績として見なされないので、有給等の付与において、登用後からさらに半年後となる場合があります。
紹介予定派遣の求人は一般派遣よりも少ないので倍率も高くなりやすいです。
応募する際には条件面などよくご確認頂き、企業での紹介予派遣から正社員になった実績などを確認されることをおすすめいたします。


この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
正社員
紹介予定派遣
派遣社員
派遣

キャリアサービス一覧