質問
2021/08/21 00:08

営業事務に詳しい方に質問です。
私は一般事務を少し経験したことがありますが、営業事務は経験がありません。
どちらかというと営業事務のほうが大変だと聞いた事がありますが、どのように大変なのでしょうか?
会社によるとは思うのですが、教えて頂き参考にさせてもらえたらありがたいです。

匿名
回答 1 件
2021/08/22 14:29
佐藤 豪 キャリアアドバイザー
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させていただきます。私はこれまで外資系企業や日系企業で人事責任者をさせて頂いております。これまでの私の社会人経験30年以上での印象ですが「一般事務VS営業事務」ですが両方とも大変大事で有意義な業務だと考えております。
先ず、企業で考えられております「一般事務と営業事務」の中身を共有化させて頂きます。

*一般事務
事務職・オフィスワークの中で、もっとも基本的な職種であり、オフィス内で、パソコンを使用してデータを入力したり、社内外で必要な書類の作成・処理・整理をしたり、郵便物の仕分け・発送や電話対応・来客対応をしたりと、広範囲に渡って業務を行うポジションを指します。また大変臨機応変に対応される事が要求されます。

*営業事務
社外にいることが多い営業担当者が顧客との交渉などに注力できるように、社内での事務業務をサポートするお仕事です。 そのため、会社によっては「営業サポート」や「営業アシスタント」と呼ぶこともあります。 具体的な仕事内容は、請求書などの書類作成、受発注データの入力、社内会議用資料の準備などが挙げられます。最近ではテレワークが多くなっておりますのでZoom/Teams等のミーティング設定等IT知識等要求される様になって
おります。
相談者様はこれまで一般事務を経験されておられるので営業事務に異動・転職されても余り驚かれないと思います。逆に、一般事務は社内サポート中心でしたが営業事務は社内サポート半分、顧客サービス半分ですので「緊張感と充実感」は大きくなって来るとおもいます。
これも、配属される営業事務内容によってかなり差異が有ると思います。
また今後、相談者様が営業職のキャリアUPを検討されておられるのなら「営業事務」の経験は大変将来役に立つと思います。
尚、日系企業と外資系企業とでは役割はかなり違いが有りますのでもし、外資系営業事務を希望される場合は十分に職務記述書を確認される事をお薦め致します。
以上が少しでも参考に成れば幸いです。応援しております。
佐藤 豪


とても詳しく説明をしていただいたので、一気に理解が深まりました!
営業サポート、営業アシスタントとも呼ばれているということで、イメージしやすくなりました!
おっしゃられるようにキャリアupにはとても良さそうですね。いろいろとありがとうございました!

匿名
2021/08/22 20:05

この質問の回答者
佐藤 豪 キャリアアドバイザー
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル

就職・転職支援を申し込む
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
一般事務
営業事務
事務
営業

キャリアサービス販売

就職・転職支援

経験豊富なキャリアアドバイザーから、
キャリア相談、非公開求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら