質問
2021/06/18 11:23

退職することが決まり、残りの勤務日の中で通常の業務にプラスして業務の引き継ぎをしなければいけません。
かなりハードな上に、できれば残りの有給消化もしたいと思っています。
もし引き継ぎが不十分だったり不備があったりした場合ですが、退職者が退職後に会社から損害賠償など責任を追及されることはありますか?

匿名
回答 1 件
2021/06/18 19:41
小林 純子
キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児を...

はじめまして。通常業務にプラスした引き継ぎはとても負担がかかりますよね。

ご質問の引き継ぎが不十分で、会社の事業運営に支障があるような損害が発生したとしても、損害との因果関係や予防措置が十分だったことなどを会社が立証する必要があり、普通は損害賠償請求には至りません。

そこで会社としては、退職前に十分な引き継ぎをするよう指示を出すなどの対策を講じることになります。

立つ鳥跡を濁さずということわざがありますが、業務に支障はないよう引き継ぎをしておくことは最低限のマナーと思います。引き継ぎのやり方や内容を工夫して、ご自身ができる範囲にコントロールすれば良いのではないでしょうか。新しい人生に向け、気持ちのよい去り方をしてくださいね!


この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
損害賠償
退職
有給

キャリアサービス一覧