質問
2021/06/11 18:19

パワハラが理由で会社を退職しました。しかし離職票の退職理由は、自己都合となっています。

先日ハローワークに行き担当者の方に相談したところ、パワハラであったなら特定受給資格者にあたる可能性がある。その場合は給付期間が延びますとのことでした。しかし事実を会社に文書で作成してもらうか音声で確認できるようにする必要があると言われました。
パワハラは陰湿なものであったし、会社が認めてくれる可能性自体低いです。誰かまわりに人がいて証明してくれるわけでもなく、もう今からはどうすることもできないでしょうか...

匿名
回答 1 件
2021/06/11 21:58
アーク・キャリアコンサルタント 社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級
アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級

外資系や日系企業の人事部門にて18年勤務しております。
主に労務系の仕事を担当しておりますが、キャリアコンサルタ...

パワハラが原因で退職されてからのご相談ですね。
退職前であれば職場環境の改善を要求することが可能な身分にありますが、退職後は労働契約が無い状態となりますので会社からしても、安全配慮義務の対象ではなくなります。
退職後はパワハラの証拠としてメールや音声を録音するなどの証拠集めができない状態ですので、パワハラがあったかの立証が難しくなります。当然に会社は証拠なくしてパワハラを認めることはしないと思います。
在職中に上司への抗議や、会社への相談、交渉を続けてきたなどの記録があるようでしたら認められることはあるかと思いますがそういった行動はされていましたか?
また、現在はパワハラが原因で働けないなどの状況にあるのでしょうか?
ご質問の内容からはご相談者様がどういった状況にあるか分かりかねますので、パワハラがあった過程などを事前にご準備されて、最寄りの総合労働相談コーナー等へご相談されることをお勧めいたします。


この質問の回答者

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

離職票
特定受給資格者
パワハラ
退職
自己都合
資格
ハローワーク

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら