質問
2021/05/31 10:21

ハローワークの求人票と実際面接で聞いた労働条件に違いがあったんですが、そうゆうことはよくあることでしょうか。実際に面接で聞いた条件が正しいと思いますが、あまり気にしなくてよいことでしょうか。

匿名
回答 1 件
2021/05/31 21:41
佐藤 豪 キャリアアドバイザー
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させていただきます。私はこれまで外資系企業や日系企業で人事総務責任者を行っております。早速ご相談者様の質問ですが「ハローワークの求人票と実際面接で聞いた労働条件に違い」ですが、余り大きな声でお答え出来ませんが可能性は十分あり得ます。世間一般的な常識では会社がハローワークに求人依頼を提出し記載して頂く間には1~2週間のタイムラグが生じます。従って、会社で経営環境が急変し「求人内容(タイトル・報酬・開始時期)」が変更になる事は頻繁に起こりえます。
本来で有れば、ハローワークへの求人登録に変更が生じた場合は速やかにハローワークに連絡し「訂正掲示」依頼を行う必要が有りますが、何社かはそのままになっているケースは散見されているようです。
もし貴殿が応募したい企業が「ハローワークの記載と面接時説明された条件以下」の場合は速やかにハローワークに通告・連絡して下さい。万一、ハローワーク掲載企業が意図的に「本来の採用条件より良い内容」を記載してより良い人材を発掘しようとして敢えて「採用段階」で条件を下げて契約しようとする場合は詐欺罪等に抵触致します。
逆に「ハローワーク掲載内容よりより良い条件」で採用される場合は“ハローワーク”に報告の上有難く承諾される事をお薦め致します。
以上が少しでも参考に成れば幸いです。応援しております。
佐藤 豪


なるほどタイムラグなど諸事情があるわけですね。勉強になりました。ありがとうございました

匿名
2021/06/01 19:09

この質問の回答者
佐藤 豪 キャリアアドバイザー
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル

就職・転職支援を申し込む
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
ハローワーク
面接

キャリアサービス販売

就職・転職支援

経験豊富なキャリアアドバイザーから、
キャリア相談、非公開求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら