質問
2021/05/27 20:00

就活の最終面接についてです。
面接時間が1人30分と決まっていたのですが、人によって30分だったり、40分だったりとまちまちでした。しかし自分の時は20分と他になく短い時間で終わってしまいました。面接中もあまり、突っ込んだ質問をされることなくあっさりと終わってしまいました。あっさりすぎて合否の結果がとても不安です。これは脈なしと考えるべきなのでしょうか?

匿名
回答 1 件
2021/05/28 15:34
山本ゆき
国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
山本ゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

面接の所要時間が少ないと不安になりますよね。
深く突っ込まれなかったのは、聞かなくても合格と決まっているか、聞くことがなく不合格と判断されるか、どちらかを現時点で判断することはできません。
最終面接ということで、顔合わせの意味もあるかもしれません。
会社によっては厳正な選考は1次面接や2次面接で行い、最終面接は決定権を持つ社長や役員に決議をもらうために形式的に行う場合もあります。
形式的なものであるため、話題があれば会話をし、特段無理に話をする必要がなければ時間が短いということもあると思います。
単純に時間が予定よりも押していて、時間がなかったということもあるかもしれません。
結論が出るまでは考えても仕方がないことかと思います。
正直にお伝えすると、採用は運がほとんどです。
企業が何人採用できる状況であるか、選考官がどれだけ多忙か、そういったご自身に関係のない些細なことで合否が左右されることもあります。
そのチャンスを最大限に得るために努力をすることになるのですが、自分でコントロールできない部分も多分にあります。
合格であれば運が良かった、不合格だからと言ってあなたが否定されたことにはならない、ということを少し心に留めていただければと思います!


無事に合格通知がきました!時間は関係なかったのですね。
親切にしていただいてありがとうございまいした

匿名
2021/06/01 10:51

この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
最終面接
面接

キャリアサービス一覧