質問
2021/05/10 17:19

適性検査についてです。
現在就活中で、最終面接まで進んだ企業があるのですが、そこでは最終面接に適性検査があります。
内容は職業適性検査、性格検査とのことですが、やはり適性検査の結果も合否に関わってくるでしょうか?
また対策などはできるのでしょうか?
ご教示お願い致します。

匿名
回答 1 件
2021/05/12 10:40
小林 純子
キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児を...

はじめまして。最終面接まで進んだ段階での適性検査ですので、結果が合否にどのくらい関係するか気になりますよね。

企業が利用している適性検査として有名なのが「SPI総合検査」で、国語をベースにした言語能力と数学をベースにした非言語能力からなる「能力検査」と「性格適性検査」を総合的に測定します。

ご質問の「適性検査の結果が合否に関わるか」ですが、重視している企業が多いです。

企業側としてはせっかく採用しても、入社後に期待していたパフォーマンスが得られなかったり、早期離職となるのは避けたい思いがあるからです。適性検査は数値化され相対評価が可能となるため、採用担当者によるばらつきを抑え客観的に判断できるメリットもあります。

適性検査対策ですが、能力検査は問題集など多数あるので目を通すことで慣れることは可能と思います。しかしながら、知的能力や論理的思考力は短期で養えるものではなく、高い水準が求められる職場に運良く入社したとしても、その後ストレスを抱えてしまうことになりかねません。

性格適性検査も同じです。自分の素のまま正直に検査に望むことが大切です。

企業側が適性検査を重視していると書きましたが、採用される側も「自分の能力や性格」と「企業が求めている人物像」にギャップはないかを知り、入社後のミスマッチを避けるチャンスと捉えていただければと思います!


この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
適性検査
最終面接
面接

キャリアサービス一覧