質問
2021/05/02 06:43

契約社員の有給休暇についてです。現在は契約社員として勤めていますが正社員登用制度があるので、いずれはその会社で正社員になりたいと願っています。そこで頑張りを見せるためにもよほどの理由がない限り有給の申請をしない方がいいか迷っています。本心をゆうと他の正社員が取っているように気軽に有給を取りたいです。ですがこのような立場ですと申請するのをためらってしまいます。今はまだ我慢すべきでしょうか。ちなみに普段の仕事では手を抜かないよういつも気をつけています。

匿名
回答 1 件
2021/05/03 06:51
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
キャリアアドバイザー 小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児を...

はじめまして。有給休暇は労働者が自由に取得できる権利であり、それは正社員だろうが契約社員だろうが変わりません。

ご相談者さまがどのようなお仕事に就かれているかわかりませんが、営業のように成果で判断される職種の場合は、正社員登用にあたり成果を出していることが評価対象となるので有給はさほど関係ないとも言えます。

しかしながら、一般的な事務職でいずれはその会社で正社員になりたいと願っている場合、有給申請をためらうお気持ちも良くわかります。職場によっては正社員でも有給を取りにくい雰囲気があるのも事実です。

ここで契約社員に限らず、正社員でも有給はいつでも取得できるのはないことを覚えておく必要があります。使用者は「時季変更権」という事業の正常な運営を妨げる場合に、取得日を変更させることができます。

難しいことではなく、有給を取得する際にちゃんと上司に相談してして、有給を取得しても業務に支障がないことを確認できるかです。上司や職場の方と、良好なコミュニケーションをとることは、正社員登用や、実際に正社員となってからも大切なスキルです。

ご相談者さまは普段の仕事はしっかりされているということなので、上司や同僚の方とコミュニケーションをとれば有給を取得しても問題ないと思いますよ。自分が休みたい時は休めるという安心感も大切ですよね。


ありがとうございます!
確かにまずはもっとコミュニケーションを取っていくことで、相談しやすくなって有給も取りやすくなりそうです!
そういうアプローチからやっていきたいと思います。とても参考になりました!

匿名
2021/05/04 18:35

この質問の回答者
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児をしながらキャリアコンサルタントの資格を取得しました。 航空会社時代は国内外のお客様とお会いし、コンサルタント時代には多くのクライアント案件を担当しました。現在はフリーランスライターとして、さまざまな方のお話を伺うインタビュー記事を得意としています。 航空会社では働く女性のパイオニアである先輩とご一緒し、一生を通じた女性働き方を学びました。私自身、出産、育児を通じ、女性が働き続けることの難しさを経験しています。それらの経験が、今悩んでいる女性のためになればと思います。また男性の、本当に自分のやりたい仕事を見つけるお手伝いが出来ればとも思っています。 お話を伺い、志望動機の明確化やエントリーシートなどの添削もお受けしています。なんでもお気軽にご相談ください!


対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

有給
休暇
正社員
契約社員

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら