質問
2021/04/27 12:06

将来ゲームプランナーを目指している高校三年生です。大学の本命選びで迷っています。候補は同志社:文化情報学部、立命館:情報理工学部 情報システムグローバル学科です。(帰国生受験なので、コース変更はできないです)
同志社はネームバリューがあり、文系と情報が混ざった文化情報学部といういいとこどりの学部に魅力を感じます。就職率のデータ的にも、もちろん関関同立の中では一番に有名ゲーム会社の採用率が高いです。
しかし、学部の内容、情報理工学部のシステム的にも、年を重ねるごとに別のコースのクラスが取れたりするということなので、いろいろな事、勉強ができそうで、とても魅力的だと思いました。サークルも様々なものがあり、大学在学中にゲーム制作をしたいと思っていたので興味があります。特にRIG++というサークルが面白そうなのですが、立命館の大学生しか参加できなさそうなので迷っています。同志社にはゲームクリエイトサークルみたいなのが見つかりませんでした。
最終的にまとめると、"ネームバリューがあり、就職率の高い同志社"か、"就職率はあまり高そうではないけれど、いろいろなことができて在学中に経験を積めそうな立命館" どちらが良いのでしょうか?

匿名
回答 1 件
2021/04/28 02:19
やまもとゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
やまもとゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

将来のことをしっかりと考え、情報収集もされているのは素晴らしいですね。
まず、結論からお伝えすると、就職までの在学期間にどのような経験をするか、が一番大事です。
確かに、就職率は参考値として大事ですし、膨大な応募がある新卒採用においては学歴(出身校)も重要な要素となります。
一方で、一言でゲームプランナーといっても、会社によって求める人材が異なります。
さらに、企業はその時の経営状況や経営方針によって、年度ごとに求める人材を変える場合があります。
これから大学に入るということを考えると、就職活動をするタイミングで採用市場がどのようになっているかも不明です。
よって、大学は「楽しそう」と思えるところ、自分がどんどん学ぶモチベーションを保てるところに行くことをお勧めします。
就職率も気になるところかと思いますが、あくまでも「学校全体の就職率」なので、その分自分が頑張れば問題ありません。
ゲームプランナーにつながるたくさんの勉強や経験を積む環境・モチベーションの維持が「あなた自身の就職率」を上げてくれると思います。
特に、ゲームプランナーに関しては、お考えのとおり実際にゲーム制作に携わることは貴重です。
就職活動の際にいくらゲームが好き、ゲームプランナーを希望したいと言っても、「そんなに好きならどうして今まで作らなかったの?」という疑問を投げかけられることが想定されます。
投げかけられなくても、自分から「こんなに好きなのでこんな経験をしました」とアピールすることはとても強力です。
また、ご存じのとおり昨今のゲームプランナーは、ゲームに関する経験以外にも、たくさんの幅広い知識や経験が重宝されます。
それらを踏まえて、ご自身がたくさんの経験や知識を得られると感じる大学に進学されるのが良いと思います。
しかし、冒頭お伝えしたように、新卒採用は膨大な応募から選別されるため、一人ひとりを細かく見ることができないこともあり、学歴による選別が無いとは言えません。
できる限り学歴の良い学校に行くことは決して悪いことではありませんので、頭の片隅においていただきつつ、ゲームプランナーとして役立つ経験をご自身が能動的に続けられる環境を選んでみてください!


丁寧かつ早急な回答ありがとうございます。立命館を第一志望にしようかと思います。的確なアドバイスありがとうございました!

匿名
2021/04/29 07:35

この質問の回答者

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

ゲームプランナー
ゲーム
大学
就職

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら