質問
2021/04/25 19:11

中小企業の事務職についてです。

現在勤めているところでは総務事務の人員が女性3名で、一人が辞める度に後任がやってきてくれるまでの間、残りの2人で業務をこなすことになり、残業が増え、休みも取れずかなり負担です。私は今のところに勤めて5年目ですが、なんどもこのような状況を経験し、それがあっても評価が上がるわけでもないので、頑張る気持ちが薄れてきます。
このような問題は中小企業ならではでしょうか?もし大手企業だとしたら、どうゆうふうに退職者があった時に周りが対応しますか?
参考にさせていただきたいです。よろしくお願いします。

匿名
回答 1 件
2021/04/25 20:32
キャリアアドバイザー 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
キャリアアドバイザー 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させていただきます。私はこれまで外資系企業や日系企業で人事関連業務を長年担当しております。
相談者様のご質問「このような問題は中小企業ならではでしょうか?もし大手企業だとしたら、どうゆうふうに退職者があった時に周りが対応しますか?」ですが私がこれまで経験した5万人企業~150人企業数社の経験を踏まえて下記させて頂きますので参考にして下さい。
1. 大企業での一般的傾向
貴殿もご存じの通り、大企業では沢山の従業員が在籍しており定期的に異動(ローテーション)が組まれており、従業員の希望と企業の育成方針に基づいて社員は様々な経験を致します。但し、予算(費用・人員)の問題が有りますので期中での異動や増員等は大変厳しく、欠員が出た場合は最悪1年近く待たされるケースも日常茶飯事の状況です。従って結構綱渡り状態の職場も良く見かけます。
2. 中小企業の場合
基本的には大企業と同じ様な対応・状況と思いますが「中小企業の方が小回りが効く」可能性が有ります。大企業より比較的意思命令スピードは速いと思います。但し逆にワンマン経営者の場合は逆も真なりの場合も有ります。

*アドバイス
是非、計画年休・フレックス&コアタイム制度検討・負荷業務の見える化!・労働組合(従業員代表)に実態の相談と負荷業務の賞与でのプラスアルファ等相談されては如何でしょうか?

以上が少しでも参考に成れば幸いです。応援しております。
佐藤 豪


この質問の回答者
キャリアアドバイザー 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

退職
残業
大手
辞める
事務

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら