質問
2021/04/22 20:24

一つの職場でなかなか長く続けられないことが悩みです。今40歳で、在宅医療サービスの会社でフルタイム勤務し4年目です。去年の秋から週1~2回個人事業者として副業をしています。副業が順調なので、今年の2月に会社を週4フルタイムに切り替え、副業の仕事や、その関連の勉強や講習のために時間を使っています。先日、税務署に開業届を提出しました。
副業は完全テレワークで感染の不安がなくマスクをせず仕事ができ、会社の指図を受けずに済み、無駄な雑務が全くないため快適です(ただ、当然ですが貰える仕事量は不安定です)。いずれ業務委託やパート勤務のみで働いていきたいと思っているのですが、無謀でしょうか? 会社勤めを15年ほど続けましたが、心底自分に向かないな、と悩みこんな考えを持ってしまっています。(正直今の掛け持ち生活は時間的にも忙しく、けっこうきついです)
厚生年金には10年以上は一応加入しています。妻は派遣で週4~5回働き、自分で厚生年金に加入しています。二人で月に40~50万ぐらい稼げればとりあえずはつつましくも生きていけるかな?と考えているのですが、やはり仕事量が安定しないこと、年金や健康保険など保証がなくなるのは不安です。妻子がいるのであまり生活レベルを下げたくもありません。(今は二人で年収700~750万ぐらいかな?と思います。)
どちらかといえば、似たような経験をされた方のお話が聞いてみたいです(失敗談でも構いません)。どうかアドバイスをお願いします。

匿名
回答 3 件
2021/04/24 09:53
キャリアアドバイザー 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
キャリアアドバイザー 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させていただきます。私はこれまで外資系企業や日系企業で人事を長らく担当しております。
相談者様の最初のご質問ですが「いずれ業務委託やパート勤務のみで働いていきたいと思っているのですが、無謀でしょうか?」貴殿もご存じの通り今後は人生100年時代従って可能ならば一生現役で働く時代が直ぐそこまで来ておりますし、働き方改革・コロナ時代を考えれば人それぞれのスタイルがこれからもっと進化して行くと確信しております。従ってご家族の設計で何がご家族・ご自身にとって最も重要なのかをざっくばらんに語り合ってみて下さい。私の個人的経験ですが最近になって私も“顧問”や“相談者“としてささやかな副業を行っていますが、私の場合は本業をしっかり行い隙間時間「夜間・週末」を利用して行っております。
正社員の待遇は一旦退職してみると分かるのですが大変手厚い事が実感されると思います。それは実際我々が受け取る給与が有りますが、仮に税込み月収50万円としても会社はその他に20%以上のコストを別途支出して雇用しています。様々な税務・社会保険・その他福利厚生費は作業もばかになりません。
私の友人も会社を途中退職して個人事業主や企業して独立されている方々は多くおりますが貴殿が言われる様に「会社の指図を受けずに済み、無駄な雑務が全くないため快適」とは言われていますが、セーフティーネットが少なく今回の様な新型コロナウイルス問題下大変苦労されているのが実情です。
私のあくまでも個人的アドバイスですが以下の点を勘案して慎重にご検討して頂ければと思います。
1. 家族構成としての生涯賃金カーブと支出カーブの損益分岐点
2. 現職の貴殿のキャリアアップ構想と会社業績との兼ね合い
3. 生き方・何を最大幸福と考えるのか
4. サラリーマンと副業の効率的管理運営方法の考察
*将来引退した際の老後資金も特にしっかりと計画して下さい。特にご親族でサポートする必要が無いか検討して下さい。
以上を冷静にご検討頂き「このまま二足の草鞋を履く・副業中心に切り替える・更に効率的兼業を模索」するのか再度ご確認下さい。
以上が少しでも参考に成れば幸いです。応援しております。
佐藤 豪

2021/04/24 11:50
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
キャリアアドバイザー 小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児を...

はじめまして。ご質問を読み、今の時代を反映した内容と思いました。他の方の回答にもありますが「人生100年時代」を迎え、定年まで働くスタイルから、一生働き続ける時代に変化しているからです。こうしたら良いというモデルがないため、今後の人生を思い悩み不安に思われる方が増えているように感じます。

ご質問の冒頭に「一つの職場でなかなか長く続けられないことが悩み」とあります。しかしながら、15年会社にお勤めされていますし、在宅医療サービスの会社に4年間フルタイム勤務しているではないですか。十分と思います。さらに、副業の勉強をして、バランスをとりながらご自身の快適な働き方を見いだされているなど、とても創造力があり素晴らしいです!

確かに、少し前まで「一つの職場で長く働くこと」が良しとされていました。しかし状況は変化し、現代において同じ会社で勤務を続けることだけでは評価されない場合もあります。私たちは過去の成功体験や思い込みに縛られるものなので、ご相談者さまが悩まれるのももっともです。ご相談者さまはそのような不安を持ちながらも、自身の感性を信じ実行されている。その行動力に拍手をおくります。

私自身、大手企業の勤務経験もありますが、現在はフリーランスとして活動しています。年金や健康保険など「そこに属していれば手に入る安定」がない不安は常にあり、仕事量が少なくなるとため息が出て悲観的になることもあり...老後を心配するお気持ち良〜くわかります。

不安要素をあげ出せばきりがありません。なぜならば、これをしていれば絶対に安心という働き方がないからです。そのような時に大切にすべきは「自分らしい生き方」「快適なことを増やす」に尽きると思います。

自分らしい生き方を貫く場合、ご家族と折り合いをつけることは必要です。ご相談者さまの奥さまは働かれていますし、生活に必要なお金の目処もお持ちとお見受けします。生活費はあるに越したことはないですが、ないなりに工夫をしながら楽しく暮らすことは悪くはありません。

極端かもしれませんが私の意見は、状況が許すなら「無駄な雑務が全くないため快適」な副業に注力すべしです。貰える仕事量が不安定だからと躊躇するより、どうしたら受注量を増やせるかにエネルギーを注ぐ方が夢があります。やはり副業が上手くいかない、もう少し生活費が必要となったら、別の仕事を増やす選択肢はあります。

様々な不安や迷いがあって当然と思いますが「ストレスは少なく、人生を楽しめる道」を知恵を使いながら歩んでいただきたいと思います。回答では十分にお伝えできないかもしれませんが、私の経験やいろいろな生き方について、いつでもお話可能です。ご連絡お待ちしています。

2021/04/25 06:02
天良 周史 エンジニア、元ツアーコンダクター
天良 周史

エンジニア、元ツアーコンダクター

本サービスJobQueryの開発者。デザインを専攻しその道に進むが、海外旅行に魅せられ海外添乗員へと転身する。様々...

すでに素晴らしい回答がある中で大変恐縮ですが、僭越ながら回答をさせていただきます。
今回のご質問、とても共感いたしました。私も妻子持ちの身で本当にやっていけるのか不安の中、立ち上げたのがこの「ジョブクエリ」というサービスです。

質問者様の副業内容が分からないので、的確なアドバイスになるかわかりませんが、「忙しさ」を解決するための策として、以下の2点があると思います。
・自動化できる部分はないか?
・組織化できないか?
自動化に関しては、されている業務の1部分でもいいので、技術などを取り入れてシステム化・自動化することで、業務量が増えた場合でも負担を最小限にできるかと思います。マーケティングするというのも自動化になると思います。それでも自動化できない部分もあろうかと思いますので、他の方にお仕事を割り振る形で徐々に組織化し時間を作るという手もあると思います。空いた時間でさらに受注を増すことで事業の成長につながると思います。

また「保証がなくなる不安」も組織化で解決できるかもしれません。昨今ではフリーランスが増えているといってもどうしても組織に比べ、個人は保障などの部分で弱いです。ずっと個人事業のままではなく、組織になることは成長している事業であれば自然なことではないかと思います。そして組織になれば保証をつけることも検討できると思います。

最後に本業でも副業の方でも「なぜやっているか?」という動機がとても大事な気がします。お金を稼ぐためなのか、それとも多くの人に価値を提供するためなのか、自分がどうなりたいのかなど。その動機の大きさによってモチベーションがとても変わると思います。事業って良い時もあれば悪い時もある、まさに荒波の航海です。それを乗り越えていけるのは高いモチベーション・志がある人なんじゃないかなと思っています。

とは言うものの健康や家族が一番大事ですね。お体にお気をつけてお仕事頑張ってください。私も負けないように頑張ります。乱筆失礼いたしました。


この質問の回答者
キャリアアドバイザー 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

健康保険
医療
副業
テレワーク
派遣
パート
業務委託
在宅

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら