質問
2021/04/18 09:45

試用期間中の解雇について。

仕事でいま試用期間中です。まだ本採用ではありませんが、雇用契約を結び、保険加入手続き済みです。
私には持病があって、面接時にそのことは伝えた上で採用をしていただきました。
そしてこの試用期間中に、過労が原因で貧血を起こし、何度か早退をさせていただくことがあって、その度に上司からこの仕事は向いていないんじゃないの?や、若いんだから他を探したら?という、今後の採用を検討する等のニュアンスで言われたことがありました。
休み明けに上司と面談をすることになっているのですが、もし本採用は難しいと言われたら、解雇扱いになるんでしょうか?
その後の保険の手続きなど、初めてのことばかりで不安です。この場合どういうことに注意したらいいのか、助言をいただけるとうれしいです。

匿名
回答 1 件
2021/04/19 21:35
アーク・キャリアコンサルタント 社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級
アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級

外資系や日系企業の人事部門にて18年勤務しております。
主に労務系の仕事を担当しておりますが、キャリアコンサルタ...

試用期間中に関するご質問ですね。
採用時に持病についてはすでにお伝え済みとのことですが、業務に支障がどの程度でるかは採用時には判断が難しい状況にあったのかと思います。
試用期間中の解雇については、試用期間開始後14日間は即時解雇できますが、14日以降は30日前に解雇予告通知書を作成、もしくは解雇手当の支払いをおこなう必要があります。
また、試用期間だからといってやみくもに解雇をしていいわけではなく、労働者の解雇が有効とされるには、客観的かつ合理的な理由および社会的相当性が必要です。
しかしながら、試用期間中の解約権の行使は、通常の解雇の場合よりも広い範囲で認められると考えられています。
今現在、入社してからどのくらい経っているのかはご相談の内容からは分かりかねますが、試用期間中の勤務成績・態度の不良、業務遂行能力の不足、協調性の欠落などの理由による解雇であれば、有効とされる可能性があります。
週明けの面談でどのようなお話をされるのか分からないのですが、解雇ではなく試用期間の延長やもしくは他部署への異動なども考えられるのではないでしょうか?
現状どの程度の出勤率か、また今後引き続き働ける状態にあるのか分からないのですが、療養が必要な場合は、傷病手当などの健康保険制度などを利用してお休みされることも検討できるかと思います。傷病手当は退職後であっても資格喪失後の継続給付ができる制度となっています。
また、仮に解雇となった場合は、雇用保険や健康保険、厚生年金については資格喪失となります。
雇用保険は被保険者期間が1年以上(特定受給資格者の場合は6カ月)などの要件が失業手当受給に関して必要になります。健康保険についてはご自身で加入する国民健康保険(市区町村手続き)かもしくはどなたかの扶養に入ることも検討できるかと思います。年金については国民年金(市区町村手続き)に加入することになります。会社都合での退職の場合、保険料の減免措置などの対象となることがあるので窓口でご相談されることをお勧めいたします。


この質問の回答者

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
解雇
上司
試用期間
雇用
面接

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら