質問
2021/04/15 22:18

ブルーカラー(工場勤務)からホワイトカラーへの転職についてです。

自分は高卒で工場に就職して働いているものです。工場勤務は1年ですが、世間にある工場勤務 = ブルーカラーという考えを意識するようになってから、工場勤務をしているということが恥ずかしく思うようになり、新しく友人ができてもそれを隠すようになりました。そう思うようになると、今まで当たり前だった周りのくだらない人間性が嫌に思えて、こんなところでずっと働き続けるのが耐えられなくなりました。
それと、夜勤が変則的で体力的にキツく、体調を崩してしまったこともあったので、歳をとってからも働けないだろうと思っているのもきっかけの一つです。

自分は何も資格も経験もありませんが、どうしたらホワイトカラーの仕事へ転職できるでしょうか?

どのような職種に転職できる可能性があるか教えてください。

追記

失礼なことも書いてしまったこと、申し訳ありません

匿名
回答 1 件
2021/04/17 08:32
佐藤 豪
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させていただきます。私はこれまで外資系企業や日系企業で人事総務役員を長く勤め現在は採用の関連事業に携わっております。相談者様は現在、「高卒で工場に就職し約工場勤務は1年」で最近「様々な理由で、働き続けるのが耐えられなくなりました」という状態になっておられるのですね。特に「夜勤が変則的で体力的にきつく体調を崩してしまい、歳をとってからも働けないだろうと思っている」のは少し心配ですね。先ず、貴殿のご質問の「ホワイトカラーの仕事へ転職できるでしょうか?どのような職種に転職できる可能性」にお答えする前に現在の日本製造業の大きなトレンドを記載致しますのでご確認下さい。
*一般的には、「製造部門は労働集約型ですので労働賃金の安い国に移管し、設計・ソフト・サービス産業が国内に残る」との原則が2000年全般から日本・世界の主流になって参りましたが、この数年日本も米国も産業界は徐々に考え方を徐々に変化しておりトータルサプライチェーンリスクを意識する様になり(中国リスク・気候変動・ウイルス問題)国内製造の重要性を一層意識する様になって参りました。従って、相談者様の従事されております製造業の現場力・技術力は今後急速に貴重な存在になって参ります。
以上の政治・経済状況を勘案すると「工場勤務の利点を最大限生かす!又は工場&製造経験を武器にする!」事を検討しても良いのでは無いかと思います。
それでは具体的な技術力ですが私がこれまで経験した「通信・製薬・半導体・家電」工場の製造現場で現在&将来期待されているテクノロジーは以下の内容ではないかと思いますのでご確認頂ければ幸いです。
*製造過程の効率化技術     *品質保証の管理能力
*節電&緊急時の工場運営体制  *人災&天災時の避難&復旧プライ考案力
*24時間体制の人事労務効率化 *5S管理
以上が代表的な技術力や工場での重要項目ですのでこれらのノーハウは今後更に重要度を増すと考えられます。もし、相談者様がもう少し今の工場現場で頑張りたいと思われたら
通信教育や夜間大学&専門学校で高度知識習得や資格取得をお薦め致します。但し、体力的な点やプライベートな点で厳しい場合は無理にはお勧め致しません。尚、ホワイカラーへの転職は未だ年齢も若いので十分可能性は有りますが、現在のビジネスキャリアが短いのでご希望される職種全てで貴殿の希望職種に就職される事は簡単ではないと思われませが一度、R社*P社*J社等大手人材会社に相談されてみて頂ければ幸いです。
以上が少しでも参考に成れば幸いです。応援しております。
佐藤 豪


非常に詳しい内容ありがとうございます。
製造業もこれから重要になるということで、同じ業界にキャリアアップ転職する道もいいなと思いました。
すぐに理想的な職に就けないのかもしれないですが、どういうキャリア設計がいいのか、もっと情報収集したり相談したりいたします。応援のメッセージもいただきまして、本当にありがとうございました。

匿名
2021/04/17 23:08

この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
高卒
資格
就職
転職

キャリアサービス一覧