質問
2021/04/09 10:39

求人票を検索していたら、一般企業の事務職で臨時職員の募集がありました。臨時職員と契約社員ってどう違うんでしょうか?契約の更新ありとなっていますが、正社員の登用も期待できるでしょうか?よろしくおねがいします。

匿名
回答 1 件
2021/04/10 01:05
山本ゆき
国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
山本ゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

せっかく仕事をするのであれば正社員の可能性を期待したいですよね。
まず、一般的に言われている契約社員とは雇用期間が定められている有期(雇用)契約社員を指しています。
契約社員は、一定期間ごとに契約期間を含めた条件を定めて働き、契約満了に伴って更新される場合は新たな契約を結びます。
一方、臨時職員と正社員以外の非正規社員であり、一般的には一時的に人が足りない場合の、一時的な補充をする役割を担います。
一時的な雇用のため、期間が定められている前提であり、その意味では臨時職員は契約社員であるといえます。
「契約更新あり」となっているとのことですが、繰り返しています通り、臨時職員はあくまでも「臨時(一時的)」に採用されるポジションなので、正社員登用の可能性は低いと考えられます。
臨時職員は、多くの場合は産休や育児休暇から戻ってくるまでの代替であったり、繁忙期のみ働いてもらうために募集をすることが多いからです。
しかし、あくまでも一般論であり、状況が変わったりすることで正社員登用の可能性があるかもしれません。
いろいろな表現があり、わかりにくい部分もあるかと思いますが、ぜひ希望の職が見つかるようにたくさんの求人票を見てみてください!


この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
正社員
契約社員
事務

キャリアサービス一覧