質問
2019/06/11 10:16 作成

ゼネコンへの就職を目指すには土木工学科か建築学科のどちらがよいでしょうか?

tomo
閲覧数:81
回答 2 件
2019/06/11 19:17 作成
相談可 のむらかずひろ 土木・建築技術者、日立造船株式会社(鉄鋼設備建設計画)
相談可 のむらかずひろ

土木・建築技術者、日立造船株式会社(鉄鋼設備建設計画)

熊本大学大学院修士課程材料開発専攻(大学は土木科)修了後、竹中工務店グループに入社。
竹中土木では大阪市咲洲トン...

ゼネコンは総合建設工事会社の略称です。
多くのゼネコンは土木部、建築部に別れており、対象となる構造物が違います。
主に土木は公共工事が主でトンネル、ダム、橋梁などの工事が対象となります。また建築は民間工事が主でゼネコンの対象案件としてはビルや商業施設、工場など建屋の工事が主となります。
やりたい事がどちらかによることにはなりますが、市場規模としては建築が大きいので必要な技手者数は建築の方が多いです。しかし、希望者数も多いため就職の際は土木の方が若干有利かもしれません。
参考にして下さい。

2019/06/13 16:54 作成

私は、建築学科卒業で22年間建築の現場管理をしています。私は建築業界を選んだのは、物が見える、存在することにやりがいを持っています。私の手掛けた建物が存在するので、その建物の話が出たりしたときは、うれしいです。
でも、私は、土木、建築と選ぶのであれば、土木です。土木は、地面に埋まってしまう構築物が多いです。例えば、道路工事の舗装等は、舗装が終わって引き渡してしまえば工事金が貰えます。陥没等大きな不具合がなければ、その工事に依存することはありません。でも、建築の場合は、表面、仕上げ材等が見えます。地震、周りの環境で仕上げが変化することが多々あります。建物に対して、殆どが10年間は、点検等で時間を費やします。
ゆくゆく事業者なる方は、土木が良いです。工事の回転が良く、利回りが良いです。
特殊技術者になりたい方は、建築です。建築は工事の回転が悪いです。建物が出来て当たり前です。不具合があれば、直すのは当たり前ですが、信用も失います。高い技術力が求められます。でも、出来た時の達成感は、表現しがたい感動があります。
どちらも、技術職なのでやりがいがあり達成感があります。


この質問の回答者
相談可 のむらかずひろ
回答数 2
土木・建築技術者、日立造船株式会社(鉄鋼設備建設計画)
相談可 のむらかずひろ

土木・建築技術者、日立造船株式会社(鉄鋼設備建設計画)

熊本大学大学院修士課程材料開発専攻(大学は土木科)修了後、竹中工務店グループに入社。
竹中土木では大阪市咲洲トンネン(大規模地下構造物工事)、関西空港2期島、神戸空港、大阪市新島...

大阪府  

熊本大学大学院修士課程材料開発専攻(大学は土木科)修了後、竹中工務店グループに入社。 竹中土木では大阪市咲洲トンネン(大規模地下構造物工事)、関西空港2期島、神戸空港、大阪市新島護岸工事に従事。 竹中工務店では、東京環状線三郷ジャンクション実大杭の載荷試験工事、東京ディズニーシー基礎設計、大阪なんばマルイ新館・ミント神戸ビル地下工事計画、ダイヤモンドシティ北花田建築工事、松下尼崎工場・姫路工場建設工事施工管理に従事 上記に約14年勤務後、家庭の都合により大阪市和泉市役所道路河川課にて約3年公務員として、道路、河川構造物の計画、設計、積算業務に従事。 現在は日立造船株式会社建設工事部工務課に所属し、橋梁、水門、海洋構造物、煙突等の鋼構造物の施行計画を担当。 地下構造物、海上工事、大規模鉄筋コンクリート工事を主に得意とします。 技術士(建設部門)「施行計画」 コンクリート主任技士 測量士 等の資格を保有

メールで相談する

関連する質問
関連する質問