質問
2021/02/23 01:05

面接のやり方について、応募企業からweb面接か来社しての対面の面接かのどちらか選べますと連絡を頂きましたが、この場合どちらを選んだ方が選考は有利になるでしょうか?
やはり対面の方が、やる気などアピールできるのかなと思ってはいるのですが、どうなんでしょうか?かなり気になっている企業なので、採用されるために何か役立つアドバイスをいただけたら嬉しく思います。宜しくお願いいたします。

匿名
回答 2 件
2021/02/23 02:30
松川昌 キャリアアドバイザー
キャリアコンサルタント(国家資格)。日本キャリア開発協会CDA会員。
松川昌

キャリアコンサルタント(国家資格)。日本キャリア開発協会CDA会員。

企業等への福利厚生・両立支援・健康支援の制度・施策提案に約16年携わってきました。
個人の立場に立った支援を考え...

WEB面接か、対面面接かのどちらを選んだほうが選考上有利かは、面接官個人、応募企業の風土にもよるとでしょう。また、ご自身がどちらの方がアピールしやすいかによっても変わってくるはずです。また、WEBの場合、通信環境や使用するデバイスによっては、回線不良、音声が聞きづらい、映像が乱れるといったことも起こりえます。対面の場合、移動時間などWEBよりも時間がかかりますし、電車等の遅れなども起こりえます。
質問でいただいている情報のみからは、採用企業側では、WEB・対面、いずれも選考上、有利不利は想定していないと考えられます。
ご自身にとって、どちらの方が、採用企業への志望意欲をアピールしやすいか、伝えやすいかで選択されるのが良いのではないかと思います。

2021/02/23 20:41
佐藤 豪 キャリアアドバイザー
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させていただきます。私は現在外資系人事責任者をしております。相談者様は恐らく書類選考を通過され愈々面接ですね。おめでとうございます。ご相談内容ですが「web面接か来社しての対面の面接」の選択ですが、会社サイドは最近殆どの人事面談は「直接かwebかの選択提示」を行うのが社会行動規範上行っております。それでは、本音ベースでお答えすると“会社的ではFace to faceの方が応募者の雰囲気や表情が読み取れて有益である”と考えております。一方、応募者サイドとしても“会社受付・オフィスの雰囲気・社員の態度・清潔度”等が貴殿も肌感覚で会社品格が垣間見えると思います。特に、受付の対応&トイレの清潔度は会社の文化が良く分ります。従って、私見ですがもし、貴殿が今回受ける企業が本命企業で有れば“是非、Face to face面談”をお薦め致します。この場合は先方からも様々な質問が用意されておりますので十分準備されて臨まれる事をお願い致します。
(例)会社貢献plan・成功した事例から今後応用したい事例等・・・・また、質問は3つ準備しておいて下さい。
尚、会社にとって採用したい人材とは“入社したい熱意を持った方・転職者(新卒以外)が前職の会社を悪く言わない方・想像力&実現したい貴殿なりの夢(plan)を持っている方”で有れば面談の際、会社側も是非採用したい人材と考えるのではないかと思います。
以上が少しでも参考に成れば幸いです。応援しております。
佐藤 豪


この質問の回答者
松川昌 キャリアアドバイザー
キャリアコンサルタント(国家資格)。日本キャリア開発協会CDA会員。

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業)

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル

就職・転職支援を申し込む
佐藤 豪 キャリアアドバイザー
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル

就職・転職支援を申し込む
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
web面接
web
面接

キャリアサービス販売

就職・転職支援

経験豊富なキャリアアドバイザーから、
キャリア相談、非公開求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら