質問
2021/02/13 10:27

私は今の職場は3年目ですが、やっていることは1年目からあまり変わらず雑用中心の業務です。うちの会社は年配者が多く年功序列の傾向が非常に強い気がしていて、実際に年配の上司が仕事をサボっていても誰にも怒られないという有様です。ただそれがすごく嫌というわけではありませんが、世の中では年功序列はもう古いという考えがあるようで、このような体質の会社が今後どうなっていくのか、もしもう時代に合わないような体質の会社であれば、早い段階で成果主義の会社へ転職することも得策かなと思っています。
私はまだまだ社会人経験が浅く、考えがおよびませんので、年功序列の会社について何かご意見いただけますとありがたいです。

匿名
回答 1 件
2021/02/13 11:11
キャリアアドバイザー Takashi Miyamoto Labor Labo代表|求職者に寄り添うフリーランスのキャリアカウンセラー
キャリアアドバイザー Takashi Miyamoto

Labor Labo代表|求職者に寄り添うフリーランスのキャリアカウンセラー

転職支援をきっかけに、クライアントのキャリアアップを目的とするサービスを展開しています。
◎今の仕事って向いてる...

こんにちは、時代は変わろうとしていますがまだまだ年功序列の企業が多いのが日本の現状です。

まず結論から申し上げますと、年功序列がかならずしも悪いということはありません。
やはり経験に勝るものはありませんので、しっかりと業務に関する経験を積むこと、そしてその経験を活かせるフィールドがその会社にあればそれはむしろ良いことだと思います。

では、年功序列の悪い部分はどういったところでしょうか。
それは正にあなたがお気づきの通りです。
「年配の上司が仕事をサボっていても誰にも怒られないという有様」という状況を生み出している企業は、これからの時代にはあわないかもしれません。
何故かというと、それが会社の未来を支えるであろう若手層に今の会社がどのように映るか、「ずっと働きたい」と思うか「早く転職して辞めよう」と思うか、これがとても重要だと個人的には思っています。

たとえ今、企業の業績が良かったとしても、そういう会社では(有望な)人材が残らない可能性がありますので、将来的なことを考えると厳しいかもしれません。
(実際に業績が良くても人材不足で倒産する企業もあります。)

もちろん、今があるのはその上司をはじめとする先輩方が頑張ってきたおかげ、というのもありますので、ある程度は尊重したいですが、あまりにその有様がひどい場合は別の世界を見てみても悪くないと思います。
実際問題、これまでの年功序列を撤廃し、若手を積極登用したり、年配層へ早期退職を促すような取り組みを行っている企業があるのも事実です。

高度経済成長とともに業績も給料も右肩上がり、終身雇用で定年後も安泰、という時代はすでに過ぎ去りました。
これからは企業に依存するのではなく、自分が企業に何を与えることができるか、が問われる時代となります。
あなたが今お勤めの企業に「未来がない」と思われたなら、新たな道を模索するのも選択肢の一つだと思います。

ただ、成果主義は成果主義で大変なことも多いです。
もし、転職されるならご自身のこれまでの経歴を振り返り、「何が出来るか」といったキャリアの棚卸しを行ってください。
そして自分が出来ることに一定の自信を持てるようでしたら動いても良いのではないでしょうか。
まだはっきりと自信が持てないならもう少し今の会社でキャリアを磨いても良いと思います。

年功序列はあくまで会社の制度に過ぎません。
自分の経験や技術で生き抜く自信が持てれば、成果主義の中でもご活躍が期待できますし、年功序列の企業だとしても制度に甘んじることなくご自身のキャリアを築いていくことができると思います。


年功序列は悪くないとのご意見ありがとうございます!
また今の会社があるのも、これまで上司が頑張ってくれたおかげであるというところもあらかじめ考慮すべきだと勉強になりました。
そして自分が企業に何を与えられるかというところから、しっかり考えてみたいと思います。

匿名
2021/02/13 16:48

この質問の回答者

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

転職

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら