質問
2021/02/06 02:41

苦労してやっと入れた会社でパワハラがすごかったら、皆さんならどうしますか?
無理難題を突きつけられ、当然時間内に終わらせられないから、自主残業は当たり前で、嫌なら辞めればというような上司の態度です。入ってまだ1ヶ月ですが、続けようか辞めようか真剣に悩んでいます。コロナ時でなければすぐに辞めて次を探していただろうけど、今辞めてもまた再就職に苦労すると思います。やはり今の時期はもう少し状況がよくなるまで留まるべきでしょうか?

匿名
回答 2 件
2021/02/06 09:58
はなふさ英
定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業
はなふさ英

定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

全ての対外的現役から退役しています。

最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。

...

昭和の時代(1941生)の人間です、質問者へ適切な回答ではないかもしれません。回答を3つに絞って申します。

1.入社1か月目で、新入社員ですよね。上司の無理難題は、ある意味、研修期間の課題としての要求ではないでしょうか。質問者の資質、能力及び力量を図る意味が課題にあるのです。

私の場合は転職3回しました。1回目は大阪に丁稚奉公し、朝は7時朝食、5時終わり、定時制高校通い寝るのは10時の繰り返しを4年間頑張りました。生活向上を狙い、卒業と同時に上場企業に2回目の転職しました。同時に豊かな生活を得る目的に夜間大学行きました。3回目は、経済の不況煽りを受け、上場企業が大企業に吸収合併され私は3回目転職を図りました。
3回目は上場企業ではありませんでしたが私が望まれましたのでその会社に転職しました。そのまま46年間勤め上げ定年退職し現在があります。

そんな事、質問者に無関係で何の参考にもならないかもしれません。私が言いたいの世の中に求められる人間になって頂きたいのです。

今、質問者は、上司の難題と受け止められいます。そうではなく、会社があなたに求め、期待しているための課題と受け止められませんか。

正式に雇用された質問者は、会社が質問者に年収の保証や場合によっては、定年までの投資を決めて質問者は採用さらたのです。ですから、質問者へ投資する値は、会社は、質問者へ投資を回収しないと会社は成立し生きられません。ビジネスは「タイム イズ マネー」これは全世界共通で競争の鉄則です。

2.もし、質問者が「自分の資質、能力及び力量を会社が図っているな」と上司からの課題について受け止められるならば「よし、この難題を克服してやるぞ」と気概というか、勇気を持ってませんか。せっかく入った会社です。多少時間かかったもやり遂げて欲しいものです。
質問者の難題は図り知れませんが、今のコンピューター時代、大概の質問、疑問、困りごとのアドバイスはPCで知り得るのではないでしょうか、また、図書館もあります。

もっと大きな会社の命題であれば「事業計画書」立案します。「5現主義」などその他、多くの教科書があります。大概無料で習得可能です。質問者に挑戦する勇気と気概を持つ覚悟が出来るか、「嫌や」であれば退職ですね。現実逃避ではないでしょうか。

3.現実逃避ではなく、別の世界に挑戦んし、自分の居場所を求めて退職する考えもあります。今の難題の何倍もの努力と言うか、エネルギーが必要です。質問者にそれに打ち勝つ資質があるか人生を掛けるの一つの選択です。今、コロナの時代、世の中をどうのように「選択」するかが企業も個人も大きな課題です。例えば、2050年頃にはガソリン車は淘汰されると言う課題が全世界にあります。

何を大げさな的外れを言っているのよ、と思われましょうが、人生100年時代と言われいます。若い方には個々の発想の転回が求められいるといるのです。

ありきたりですが、退職は2の次に後の事として、今の目の前の難題を分析し「5W1H」展開し、時間を惜しまず、3ヶ月とか3年とか短期、中期に別けて挑戦される事を望みます。なぜなら、会社はきっちっと年収は保証しているのです。


自分のような若造に現実的なアドバイスをいただきありがとうございます。
上司もはなふささんと同じ考えで当たり前のように厳しく、自分を育てようとしているのかもしれないと考えさせられました。
今の仕事を続けようが辞めようが、どのみち「世の中に求められる人間になる」ことは重要なことですね。
いろいろ勉強になりました。本当にありがとうございました。

匿名
2021/02/07 20:35
2021/03/25 10:02
小林 純子 キャリアアドバイザー
キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児を...

はじめまして。厳しい上司に、自主残業が当たり前、、、コロナ禍で転職先が見つかるかわからない中で、悩みはつきないですよね。

会社を辞める辞めないの判断は、職場環境がどうかというより、ご相談者さまが「辞めても良い状況」かによるのではないでしょうか。

例えば、知人は夜勤がある介助員の仕事をしています。体力的にもキツイ仕事に加え、コロナの影響で精神的な負担も多くなったそうです。責任感がない同僚や、全てを下に任せる上司など、、、傍から見ると最悪の環境に見えるのですがずっと働き続けています。

知人がその仕事を続けている理由は、シングルマザーで通常の仕事に比べて給料が良いのが魅力的だからです。彼女の中に「辛いから辞める」という選択肢はそもそもありません。どんなにキツイ仕事でも「どう折り合いをつけるか」を考え、オンオフの切り替えをしてストレスなく続ける工夫をしています。

さてご相談者さまの場合、コロナだろうがすぐに転職先が見つかる自信がある、またはすぐに働く必要がない方なら、仕事を辞めても問題ないと思います。いやいや仕事を辞めたら困る、もしくは今後のためにここで諦めずにもう少しやってみると思うなら、腹をくくって仕事に向き合うしかありません。

入社1ヶ月で辛いのは想定の範囲内です。3ヶ月でペースがつかめるようになり、半年〜1年くらいで仕事の流れがわかってくると楽しさが出てきます。もちろん過酷な職場もあるので、その時は転職という選択肢もあると思います。しかし転職にそなえて、現在の職場で出来る限り経験を積み、スキルを向上させることが次の転職にもつながります。半年、1年と期限を決め、それまではともかく頑張ってみると割り切るのもありと思いますよ。


この質問の回答者
小林 純子 キャリアアドバイザー
キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル

就職・転職支援を申し込む
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
上司
パワハラ
残業
就職
コロナ

キャリアサービス販売

就職・転職支援

経験豊富なキャリアアドバイザーから、
キャリア相談、非公開求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら