質問
2021/01/29 17:44

スポーツジムでインストラクターをしているのですが、コロナの影響もあって仕事が減っていて転職を考えています。
しかしながら体育系の大学を卒業し、その後もスポーツ系の仕事しかしたことがなく、他にどんな仕事があうのかわかりません。
これまでの経験を活かして就ける別の仕事や、今からでも新たな職を得られる道があればご教示願います。

匿名
回答 2 件
2021/01/30 00:26
Takashi Miyamoto
Labor Labo代表|求職者に寄り添うフリーランスのキャリアカウンセラー
Takashi Miyamoto

Labor Labo代表|求職者に寄り添うフリーランスのキャリアカウンセラー

転職支援をきっかけに、クライアントのキャリアアップを目的とするサービスを展開しています。
◎今の仕事って向いてる...

こんばんは。
昨年から続くコロナ禍の影響で多くの方が現在のお仕事に不安を抱えていらっしゃる状況かと存じます。
我々としましても一刻も早く事態が収束し、コロナ前に戻らずとも安心して過ごせる日が来ることを願うばかりです。

さて、ご質問の件ですがお答えさせていただきます。
新しいお仕事を検討される場合、まずはご自身の経歴をしっかりと振り返ってみてください。
スポーツ系の仕事、とのことですが具体的にはどんな業務に就いて、どんな経験を積んでこられたのでしょうか。

スポーツジムのインストラクターであれば、ジムへ来場されるお客様とどういう接点があったのでしょうか。
私の主観となってしまいますが、インストラクターの仕事で思い浮かぶ内容は以下のような感じです。

・お客様個別にお悩みやご希望をお伺いして、どういったトレーニングを行えばよりよい効果が出るかプランを考えた。
・パーソナルトレーナー的な立ち位置として、お客様が目的を達成できるよう長期にわたり並走し、関係性を築いてきた。

こういった関わりがあるとすてば、それはインストラクターに限らず他の職種にも活かせる部分が大いにあるのではないでしょうか。

転職はキャリアチェンジとして未経験のことに挑戦されるのもOKですが、できればこれまでの経験を活かせたほうが、ご自身も採用する企業もメリットが大きいです。
もし、ご自身で「自分の強み」がお分かりになりにくい場合は我々のようなキャリアアドバイザーや転職エージェントへ相談してみるのも一つです。
より客観的な視点を持つことができますので、もしかすると自分自身が考えつかなかった適職を見つけることができる可能性もあります。

そして、最後に「転職の軸」をしっかり持つようにしてください。
いわゆるご自身の「絶対に譲れない条件」というものです。
これは、待遇などハード面ではなく仕事内容や考え方などのソフトな面で自分の軸足をしっかり持つようにしてください。
これがしっかり固まっているといないとでは転職活動もさることながら、入社後のご活躍も大きな差が出ると私は思っています。

・自分の経歴の棚卸し(過去を見つめ直す)
・自分の譲れない条件(未来への希望)

この2つがしっかり定まれば自ずとできる仕事、やりたい仕事が見えてくるのではないでしょうか。
少し概念的なお話になってしまいましたがご参考いただけますと幸いです。


転職の軸というポイント、とてもしっくりきました!
しっかりと考えるきっかけとなりました!
誠にありがとうございます。

匿名
2021/01/30 17:18
2021/01/30 10:54
泉 克明/YouTube「泉克明のキャリア転職サロン」

未来共創機構CEO

★☆
こんにちは!
YouTube「キャリア転職サロン」を運営する
泉 克明 @未来共創機構CEO と申しま...

はじめまして!
キャリア転職サロンの泉と申します。

仕事選びというものは
自身ができること、やりたいこと、
世の中のニーズ、
働くうえでの制約条件など、
考えるべき要素が多すぎて
誰だって混乱しますよね。

そして "正解" が
あるわけでもありません。

だからこそ
我々のような専門家がいるわけですが、
今回のご相談内容を拝見するかぎり
一言でお答えできる内容ではないので、
専門家とじっくり
キャリア相談してみることを
オススメします。

(私でなくても構いませんので。)

とはいえ、
さわりだけでもお伝えすると、
インストラクターのご経験を
軸に考えた場合には
例えば以下のように整理できます。

①経験を活かして転職
 スポーツジム、体育教師、
 マッサージ・整体 etc.

②経験を活かして副業・開業
 パーソナルジム、トレーナー、
 オンラインフィットネス、YouTuber、
 ブロガー、ライター・コラムニスト
 講演家 etc.

③経験と直接関係しないお仕事
 接客販売・営業系、警備職、建設系、
 コールセンター系、事務系、
 ギグワーク etc.

ご覧のようにたくさんの選択肢があり、
年齢やスキル、経歴、ご志向等に応じて
適した仕事、受かりやすい仕事は
異なるので難しいところですね。

また、コロナ情勢下でもあり、
短期的、中長期的な市場や求人動向も
考慮しておくに越したことはありません。
これらの要素を
お一人で考えぬくことは
なかなか難しいことでもありますので、
繰り返しになりますが迷われた際には
専門家にキャリア相談されることを
オススメします。

ご参考になりましたら幸いです。


この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
インストラクター
大学
転職
コロナ

キャリアサービス一覧